• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

スケジュール管理はスマホだけ?かしこい女子はもうしている!スケジュール帳の使い方次第で女子力アップ。

Date:2013.11.28

スマートフォンを持つ前までは、スケジュール帳を毎年買って使っていたという人も少なくないはずです。スマホのアプリはどんどん改善されているため優れた機能で使いやすい、見やすいと好評のようです。

人それぞれですからスケジュールの管理の仕方もさまざまですので、把握しやすいのが一番です。しかし、スケジュール帳…つまりシステム手帳は使い次第でいろいろな分野が改善できるため「賢い女子」はあえてスマホと別に持ち歩いているのをご存じでしたか?

スケジュールの管理は4つの観点で…。

スケジュールの管理はどの程度していますか?人によっては週単位と日単位。日単位は予定を日付の場所に書き込むことと、何かの予定が1週間続けば週単位で予定など書きこむかもしれません。

あるスケジュール帳には一日ずつの枠が大きく取り分けられ4分割されており「予定、希望、目標、達成」と分けられています。この4つのタイトルははじめのぺ―ジのみ例として書かれており、自由にタイトルを変更できます。

自分の予定を管理するという事は、時間を有効に使うという事。よく「賢い時間の用い方は一つのエコ」だと考える方がおられます。確かに、無駄がないということは「エコ」になります。

予定はご自身でこれまでもされてこられたと思いますので、残りの3つ「希望、目標、達成」でどのように自己管理をされておられるかご紹介します。

「希望」はその月や季節、また週や日にしたいと思っていることを書きだします。書きだすことによって、何を望んでいるか?またそのために何ができるかメモをするため、優先順位や意識づけとなります。仕事やプライベートの希望ですから、目的意識も培われます。

「目標」は希望に対して実際のプロセスを考え書き出します。またはその日の達成可能な目標をメモをしておきます。

こうしよう!と思っていても忙しさのあまり目標にしていたことすら忘れてしまうことがあります。ですから何か改善したいと思っているならばメモをしておく習慣は助けになります。

「達成」は希望や目標がどのようになったかを分析するのに役立ちます。もちろん達成できない場合も多いでしょう。出来なかったことの分析を書きますがそれ以上に「できたことを探して」メモしておきましょう。

褒め言葉と反省のバランスをとってスケジュール管理

分析は改善には必要不可欠です。出来ない事ばかりに目を留めないで「頑張ったこと」にも目をとめてください。

褒め言葉と反省のバランスはとても重要です。いかに意欲を持続させるかによって仕事に対する姿勢も異なってきます。ですから褒め言葉と反省のバランスをとってスケジュールを管理したいものです。

この記事をシェアする

関連記事