• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

私って天才!?スキマ時間を使って女子力アップする方法

Date:2013.08.05

① スキマ時間って意外とあるって知ってますか?

主婦の方なら誰でも思うことは同じかもしれませんが、育児・家事に追われて、自分の時間が足りないって感じることが多いですよね。あれもこれもやらないといけない、子供が小さくてまだまだ振り回される、なんて課題や悩みはもはや当たり前のこと。

しょうがないから優先順位をつけてこなしていくけど、その結果、新聞が読めなかったり、お肌のお手入れができない日があったり。

お料理が手抜きになるのは仕方がないけど、育児は手を抜きたくないだとか、日中忙しすぎてお洗濯は夜しかできないけど、晴れた日にはお布団だけは干そうだとか、目の前のやることリストはいつもいっぱいで頭がパンクしちゃいそうですよね。

でも、ずっとこのままの生活でいいのでしょうか。妻として、母として任されている任務はとても大きいし、やりがいもある。代役なんてもちろんいません。けれど本当は、今、自分磨きや女子力アップにチャレンジしてみたいと思っていませんか。

何も実行しないまま自分にはとてもそんな余裕なんてないと毎日をやり過ごして、諦め続けるのはとてももったいないことです。

育児と家事。どっちも盛りだくさんなのは言うまでもありませんが、その「スキマ時間」に少し注目してみましょう。意外とやれることってあるのです。

② 育児・家事の「スキマ時間」

そもそも育児にスキマだなんて、と思ってしまいますよね。スキマ時間があれば、家事を少しでもこなしてるわと思っている女性も多いはずです。けれど考えてみてください。

例えば、子供がお昼寝している時間、お稽古に行っている時間、パパに見てもらっている時間。わずかでもスキマ時間は生まれるものです。その間、ぼんやりとテレビを観るのも息抜きになりますが、意識して自分だけの時間として区切ってみてください。

大切なのは、あなたが心からリラックスできる時間を少しでも持つことです。その時間を毎日確保できるようになれば、次は自分磨きや女子力アップのための時間と割り切って活用していくのです。

新しいお料理のレシピをひとつ覚えてもいいし、気になる雑誌に目を通して流行をチェックしてもいいのです。ダイエットしたい時は、ヨガマットを敷いてストレッチするのもいいかもしれません。

また家事のスキマ時間はお料理タイムにあります。お鍋をぐつぐつと煮ているときこそ自分磨きの時間に最適なのです。かかとの上げ下ろしをしてストレッチをしたり、メイクを落としてパックをしてみたり、英会話のCDを聞いてレッスンするなど。

自由な時間はほんの数分かもしれませんが使い方はあなた次第ということですね。

③ わたしだけの「スキマ時間」

最後は、わたしだけのスキマ時間に注目してみましょう。わたしだけの時間なんてないわ、と否定しないで読んでくださいね。確かに一日の中で一人になる時間なんてほぼないのと同じかもしれません。

たまにひとりで湯船に浸かるだけで、すごく幸せを感じてしまう気持ち、本当によくわかります。結果、わたしだけの時間なんてない、と結論づけてしまうことは簡単ですが、一日をじっくり振り返ってみましょう。

例えば、トイレに居る時間、夜眠りにつくまでの時間はあなただけの時間。とてもわずかな時間だと思います。けれど、これも立派な「スキマ時間」。ここでおすすめしたいことが、トイレに居るときに日記を書く、眠りにつくまでの間にイメージトレーニングをする、です。

日記は一行でも二行でもいいのです。その時間だけは素直な自分の心と向き合うように努力します。イメージトレーニングは、せっかくなのでスポーツ選手のように具体的にしてみましょう。

将来買いたい夢のマイホームでもいいし、希望する職場でバリバリと働く自分の姿でもいいのです。イメージトレーニングは心が豊かになるし、明日からの生きる活力につながります。

時間は使うもの、過ぎ行くものと考えがちですが、作るもの、生み出すものと少しだけ認識を変えてみると、毎日の暮らしの中にいろどりが芽生えてくることでしょう。こんなに忙しいのにわたしってスキマ時間を活用する天才!?なんて日も近いかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事