• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

隙のある女性はモテる!?その特徴と理想的なスキの作り方

Date:2017.02.13

最近は隙のある女性がモテるそうですが、隙があると聞いてあなたはどんな女性を思い浮かべますか?

「なんだかだらしなさそう」
「隙につけ込まれて遊ばれそう」
「遊ばれてるのをモテると勘違いしてるんじゃないの?」

こんな警戒していませんか?

だとするとそれはあなたが考えている隙のある女性と、男性の好む隙のある女性の定義が少し違っている可能性があります。

そしてその結果、愛されるチャンスも逃してしまっているかもしれません。

今回は男性から愛される隙のある女性の特徴を紹介します。女性らしい隙を身に付けて、愛され上手を目指しましょう。


隙のある女性の特徴~内面編~

きちんとした大人の女性にとっては、隙という言葉に少しネガティブさを感じてしまうかもしれません。

しかし男性が女性に対して思う隙とはこのようなものだそうです。

  • 話しかけやすい雰囲気がある
  • なんだか和む、安心する
  • 失敗や天然な部分をみた時
  • 素直で可愛らしい
  • 頼られていると感じた時

しっかりとしつつも周りの人間を受け入れる親しみやすさがあり、たまに見せる弱さや甘えが可愛らしくて守ってあげたくなる女性というイメージです。

ではこのような特徴を持つ女性になる為にはどうすればよいのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

特徴1 ほんのり微笑み上手で自分への好意を感じられる

相手が笑顔だと、「感じが良いな」「もっと話していたいな」…そんな風に思いませんか?

逆に硬い表情や暗い表情をされてしまうと、警戒心を感じて近寄ってはいけない気分になってしまいますよね。それこそが隙がないと思われてしまう原因です。

女性の場合、「今は忙しかったかな」「照れ屋なのかな」といった風に相手の気持ちを深読みして考える事が得意な人が多いので、1つの表情だけで相手の印象を決めるという事があまりないように思います。

一方男性は、表情を見てそれがその人の印象にダイレクトに繋がる場合が多い様です。

特に女性に対してだと、笑顔=自分への好意と感じる事が多いそうなので、笑顔を見せてくれる女性には、自分が受け入れられている気持ちになって安心するのだとか。

特徴2 自分のルール「こうあるべき!」が少なく誘いやすい

  • 男性はこうあるべき
  • 自分磨きを徹底する
  • 突然の誘いは断る

など、理想の男性と出会うために自分のルールを持っている人もいるかもしれません。

すぐ周りに流されるのでなく、このようにして自分の指標を保つ事は大人の女性にとって大切な事。

しかしルールが厳しかったり多かったりすると、隙がないなと引いてしまう男性が増えてしまいます。

そこで、ルールをゆるくしてみましょう。

  • 相手に少しでも魅力を感じたならば、理想とはちょっと違っても
  • 習い事をさぼって
  • 突然のデートの誘いにのってみる

最初の一歩を踏み出しやすくすると親近感がぐっと出て、男性ももっとあなたに声をかけてみたくなるはずです。

特徴3 お礼と謝罪がちゃんとできる素直さを持っている

あなたは「ありがとう」「ごめんなさい」がちゃんと言えますか?

当然、と答える人もいれば、内心ドキッとする人もいるのではないでしょうか。

素直さの象徴とも言えるようなこの二つの言葉。簡単な事のように思えて、大人になればなるほど使うのが難しくなってきたりするものです。

「素直さ<プライド」になると可愛げがなく隙もなくなる?

服装を褒められて、

「下心ある?」
「お世辞?」
「嫌味?」
「セクハラ?」

なんて思ってしまったり。

仕事ぶりを褒められても、つい照れ隠しに「次は何すれば良いですか」なんてクールな表情をしてしまったり。

また、絶対に自分が正しいと信じて謝る事ができなかったり、もしくは自分の非を分かっていながらもプライドが邪魔して謝る事ができなかったり。

多かれ少なかれ、誰しも経験のある事かもしれません。しかし、もし該当するシーンが多く、「ありがとう」「ごめんなさい」をあまり使っていないという場合は要注意です。

素直さが感じられず、可愛げがないなと思われてしまいます。

お礼と謝罪がちゃんとできる人は、懐も深いという事につながる

「ありがとう」に関しては、出し惜しみする必要はありません。

お世辞かな?と思う場合でも笑顔でさらりと感謝を告げれば良いのです。明らかに悪意を感じると思う場合は、ただニコっと笑顔でスルーしてみたり。

次は「ごめんなさい」。悪いと思っていてもプライドが邪魔して謝る事ができない場合は、すぐに改めなくてはいけません。相手も傷つきますし、何も良い事はありません。

問題は、自分はどうしても悪いと思えない時。こんな時に自分の気持ちとは裏腹に謝罪はできないですよね。

しかし、本当に非があるのは相手だけでしょうか。異なった価値観によって、お互いが正しさを主張している場合もあります。

自分の価値観だけが正しいという考えから、「こういう風に思う人もいるんだ」という考えに変えると、相手が何に対して怒っているのかが分かり、少なからず自分にも非があったと気づく場合もあります。

こうすることで客観的に物事を見つめ直す考え方が身に付き、人間力も身について懐の深さも出てきます。

素直な女性のミスは可愛らしく思える!

いつも頑張っている人がちょっとしたミスをすると「守ってあげたい」と思うのは多くの男性の本能。それを素直に謝られたら尚更です。

とにもかくにも「ありがとう」「ごめんなさい」が素直に言えると、単純ながらも人は相手が可愛らしく思えるもの。

特に男性は勝負事の多い世界で生きている事もあり、女性に対しては安心さを感じる癒しの存在であって欲しいと思うようです。

隙の感じられない臨戦態勢に持ち込まれるよりも、素直な対応を期待してしまうのも分かる気がしませんか?

特徴4 感情表現が豊かでリアクションが良い

感情を素直に表現する女性と、何を考えているのか分からない掴みどころのない女性。

それぞれ違った魅力がありますが、前者の方が男性にとっては分かりやすくて安心できる存在となります。

期待している反応をあなたが返してくれる事で、あなたの心を少なからずコントロール出来ている気持ちになり、自分が入る隙を感じる事ができるのです。

また単純に、自分のした事に対してリアクションを取ってくれると男性は嬉しいもの。様々な表情を見たくて、きっとあなたに色々やってあげたくなるはずです。

特徴5 たまに頼って甘えてくれる

男性は女性から頼られると、心を開いてくれていると感じて嬉しく思う事が多いようです。

しかし配慮なしに色々と頼み過ぎてしまってはトラブルのもと。上手な頼り方にはポイントがあります。少し詳しく見ていきましょう。

頼りポイントは相手の得意分野 ここは迷わず頼って!

男性は、女性の前で自分の能力を発揮したいと思うもの。相手の得意分野を知り、その場面は積極的に頼ってみましょう。

自分の頼りになる所を見せる事が出来たうえに、「すごいね」と能力も認めてもらえれば、男性は嬉しい気持ちになるはずです。

「あなただから」という特別感を出す

一般的に女性に頼られると嬉しく感じる男性は多いですが、それを逆手にとって誰に対してもあれこれ頼るような事はしてはいけません。

あなたにそのようなつもりはなくても、「君の便利屋ではない」という気持ちにさせてしまうかもしれません。これでは大人の女性としてマナー違反です。

では、嬉しく感じるシーンと「俺って便利屋?」と思うシーンの違いは何でしょうか?

大きな要因はここ。自分だから頼んでくれた、という実感が持てるかどうかなのです。したがって頼る際にはそれが伝わるようにお願いする事が大切です。

「〇〇さんの説明ってわかりやすくて。ここ教えてもらっていいですか」
「〇〇さんはセンスが良いのでぜひここのレイアウトをお願いしたくて」

相手に少し時間を取らせるようなお願いをする際には、ぜひ心掛けて。

尊敬の気持ちを持って「あなただから」という姿勢を見せられた際には、女性からのお願いが無条件に嬉しいと思う男性はなお一層、そうでない男性も喜んであなたのお願いを受け入れてくれるはずでしょう。

相手を気遣う言葉を忘れずに!

我儘奔放で、相手の都合を考えずにあれこれ男性に頼ってばかりが可愛いと思われる女性も確かにいます。

しかしそれは若さが通り過ぎるとなかなか厳しいもの。

大人の女性らしく、上手く男性に頼るためには相手への配慮を身に付けましょう。

相手にとって迷惑にならないタイミングなのかを見極め、頼む際には一言、

「忙しい所ごめんなさい」
「疲れているのにごめんね」

と気遣う。

このような配慮があると相手も気持ちよくお願いを受け入れてくれます。

たまには素直でストレートなおねだりで甘えてみる

そして肝心なのはここ。頼るだけではなく、たまには甘える事がとても大切です。

尊敬と配慮を持って頼る事で、男性は気持ちよくお願いを受け入れてくれます。しかし頼られているとは感じつつも、それだけだと妙にちゃんとしすぎていて他人行儀のような距離感が残ってしまう事も。

そこでたまには「〇〇したいな!」というストレートなお願いをしてみましょう。一気に距離感が近く感じられ、あなたに隙を感じられるようになるでしょう。

通常敬語を使っている相手に、おねだりの際のみ敬語を使わないというのも時に男心をくすぐるテクニックになるそうですよ。

職場が無理ならオフの際に頼ろう

仕事ができる女性ならではの悩みは、同僚の男性社員から萎縮されてしまったり、はたまた戦友・ライバルといった風に見られてしまいがち。

でも実際に頼る必要がないのだから仕方がないと言えばないような…。

そこで、仕事が終わった後には、意識してオフモードにスイッチを入れ替えるようにしましょう。

会社帰りに一緒に駅へ向かう際に「今日はテレビ何見る?」と仕事と関係のない会話をしてみたり、飲み会の際には「この間あそこ行ったよ」と自分のプライベートを話してみたりすれば、意外な価値観や魅力にお互い気が付く機会になるかもしれません。

また仕事以外の会話が多くなれば、あなたの知らない分野の会話も多くなるかもしれません。その時こそ「それって何?教えて?」と色々聞けるチャンスです。

それまであなたに対してまったく隙がないと思っていた男性社員も、色々教えてあげる事で頼られていると感じる事ができ、近づきやすい雰囲気になります。

隙のある女性の特徴~外見編~

ここまで隙のある女性の特徴をマインド面に焦点をあてて見てきましたが、次はヴィジュアル面について見ていきましょう。

内面における隙にも通じますが、ポイントはここ。きちんとしつつも、ふわっとした緩さを見せたり女性ならではの魅力をアピールすること。

  • 清潔感
  • チャームポイント
  • ギャップ

この3つをキーワードに、程よい隙を感じる外見の作り方をチェックしていきましょう。

基本は清潔感のあるナチュラルファッション

雑誌から抜け出てきたような流行を意識した完璧なファッションやメイク。ハイブランドも取り入れたりなんかして、同性から見れば素敵で憧れますよね。

しかし男性にとっては隙がないように見える事もあり、それよりもベーシックなアイテムを無理なくさらりと着こなすナチュラルファッションの方が好まれるようです。

お洒落が大好きな女性にとってはつまらなく感じるかもしれませんが、ベーシックなアイテム程お気に入りを探すのは難しいもの。

センスを生かして、シルエットやディティールが自分に一番似合うものを見つけるのもきっと楽しいですよ。

清潔感も重要なポイントなので、毛玉やシワには気を付けて。

チャームポイントはほんのり見せる

数ある女性ならではのチャームポイントは、ほんのり相手に意識させる程度に見せるのがドキッとさせる秘訣です。

  • うなじ
  • 鎖骨
  • 手首、足首
  • 二の腕
  • 胸元
  • ウエストのくびれ
  • ヒップライン

あれもこれも見せようと盛り込んでしまうと単にガードが緩いように見え、だらしない印象になってしまうのでバランスがとても大切です。

体のラインを拾いにくい洋服の際には手首やうなじを出す

胸元が開いたトップスの時にはボトムスをスカートよりパンツにする

といったように、きちんとした中に女性ならではの魅力が垣間見える事でそこに隙が生まれ、男性をどきっとさせる事ができるのです。

また、特に気になる男性の前では普段より少し多めにチャームポイントをアピールしてみて。普段は控えめなのに自分の前では特別だと思うと、多くの男性は嬉しくなるそうですよ。

体型に関して少し。細身のモデル体型は同性からは憧れの的ですが、男性的には少し肉付きのある方がほっとして隙を感じるようです。

オンとオフでギャップを出して「おや?」と思わせる

職場が同じ相手なら、オフで会う際には社内では身に付けられないアイテムを取り入れて。

ギャップにドキッとしたり、「いつもと違うね」と話しかけやすい雰囲気も生まれます。

冬はムートンブーツやニット帽、夏は麦わら帽子やロングワンピースなど季節感のあるアイテムがおすすめ。お洒落感を高めてくれます。

隙のある女性とは何が違う?軽いと思われる女性の特徴

隙のある女性は話しかけやすい雰囲気を持っているので、男性がアプローチしやすいと言えます。実際多くの男性が周りに集まるでしょう。

しかし「隙があると男性が寄ってくるもの」。そこだけに焦点を当ててしまうと間違った隙の作り方をして、ただの軽い女性に思われてしまうという失敗をしてしまいます。

そうなると、実際に寄ってくるのは軽い女性が目当ての男性ばかり。到底あなたを尊敬して大切にしてくれる相手とは思えません。

では軽いと思われる女性の特徴は何なのでしょうか?

それは様々な男性を相手に、自ら積極的にアプローチをかけたりする事のようです。

誰とでもデートに出かけたりボディダッチを頻繁にしたり。誰彼構わず異性の気を引きたいと思われる行動は控えましょう。

服装も注意です。露出が増える程に男性の視線も集まりますが、関心はその分あなたの内面から離れていく事がほとんどです。

「きちん」とした中に垣間見える「隙」。これが愛される隙あり女性の条件

ここまで男性に愛される隙のある女性の特徴について紹介してきました。

大人の女性としてきちんとした中にも、ふんわりとした部分を持つ事が大切という事が分かって頂けましたでしょうか。

このふんわりとした部分を具体的に言うと、

  • 安心感
  • 親近感
  • 素直さ
  • たまに失敗する緩さ
  • 人を頼る事のできる甘さ

といったキーワードで表されます。

仕事もファッションも完璧で美人な女性が、なかなか良い出会いに巡り合えないと不思議に思っていたら、実はこのふんわりした部分が足りないからという事はよくあります。

逆に、どこかダメな部分が見え隠れしていて完璧とはほど遠いのに、このふんわりとした部分である隙を上手に持っている女性は大変よくモテます。

完璧な人にとって失敗や甘えを許すのは難しいものです。

しかし、勇気を持って弱さを見せる事ができれば、あなたの意外な一面に気が付いて「自分が守ってあげたい」と思う男性が現れるはず。

また、キーワードに出てくる隙だらけなのに良い出会いがないという場合は、大人の女性としてマナーやモラル、相手への配慮がちゃんと出来ているか顧みて。

あくまでも、きちんとした中に垣間見える隙というものが、愛される隙あり女性の条件なのです。

この機会をきっかけに隙のあり方を見直して、より愛される素敵な女性を目指しましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント