• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あなたの肌を明るくする!手作り3つのスキンパックレシピ

Date:2014.06.06

「もう少しだけ、肌色が明るくなったらいいのになぁ」。鏡を見てため息ついている方、いませんか?お店にあふれんばかりの美白コスメの数や種類を見れば、そんな風に願う人があなた一人だけではないということが一目瞭然。

多くの女性が今より明るい肌色を望んで試行錯誤しているのです。そんな風にして買う美白コスメのほとんどは化学薬品がたくさん入っていたりして、肌に必ずしも優しいものばかりではありません。

また、値段も結構したりして・・・。もしお手軽に美白をかなえたいと思うのなら、これからご紹介する手作りパックを試してみてください。今までより1トーン明るく、自然な輝きを放つゴージャスな肌色になれるかもしれません。

1.オレンジピールとヨーグルトのパック

乾燥させたオレンジピールは、お家で作ることも可能。オレンジの皮を剥いて日光の下で乾燥させるだけ!すべての水分が飛んでぱりぱりになったら、さあパックを作りましょう。

方法:

1.オレンジピールを粉にし、大さじ1つ分を、同じく大さじ1つ分のヨーグルト(フレッシュで味のついていないもの)と混ぜ合わせます。

2.洗顔した肌にのせ、15分から20分待って洗い流します。

2.トマト、ヨーグルト、オートミールのパック

ヨーグルトには穏やかな漂白作用があり、肌を明るくしながら潤いもキープしてくれます。オートミールは肌のいらない角質を取り去り、トマトは肌に自然な明るさを取り戻してくれます。

方法:

トマトジュース大さじ1、ヨーグルト大さじ1、オートミール小さじ1を混ぜ合わせます。

2.できたペーストを顔に塗り、15分から20分たったら洗い流します。

3.ミルク、レモン、はちみつのパック

方法:

1.牛乳、レモン果汁、はちみつをそれぞれ大さじ1ずつ混ぜ合わせます。

2.できたペーストを顔に塗り、15分から20分待ちます。

3.ぬるま湯で洗い流しましょう。肌の柔らかさにもおどろくはずです。

※レモン果汁は保存してあるものではなく、新鮮なレモンを絞ったものを使いましょう。肌についたレモンの成分は、日光に当たるとシミの原因になることも。夜のお手入れに使って、日中のお手入れには使わないようにしましょう。

肌を明るくする、3つのスキンパックレシピ。いかがでしたか?個人的に言えば、浅黒い肌の女性も十分にセクシーで魅力的。

ただ単に白い肌、というよりも健康的でお手入れの行き届いた肌こそが美しいということを心にとどめておくのも大切なことかもしれません。このパックで、より透明感のある美しい肌が手に入れられますように。この記事がお役に立てば幸いです。

この記事をシェアする

関連記事