• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

どうして女は「好き避け」してしまう?女性の心理は繊細なのです

Date:2012.11.09

好きなのにその相手が接してくると避けてしまうという女性が最近は増えてきていると言われています。これが「好き避け」というものです。

どうして「好き避け」をしてしまうのでしょうか。そして「好き避け」をされた場合、どう接していけばいいのでしょうか。実際知らず知らずのうちに「好き避け」をしてしまうという女性の体験談も合わせて「好き避け」について紹介していきます。

どうして「好き避け」をしてしまうの?

好きなのにどうして「好き避け」をしてしまうのでしょうか。それには下記のような理由があると言われています。

 1.どうしても緊張してしまう
 2.嫌われたらとネガティブなことを考えてしまう
 3.そもそも男性と接するのが苦手

1.2については好き故に何か自分が話したことで相手に不快な思いをさせたりしていないか、変なことを話して嫌われたりしないかといった思いが強くなり、どうしても「好き避け」をしてしまいます。

こういう人の場合は好きな人以外には普通に接することができるので徐々に「好き避け」はおさまっていくこともあります。

それでは3番の人はどうでしょうか?男性と話をすることが苦手なので、なかなか「好き避け」を回避するのは難しいのですが、女性の友達などに協力を仰ぎ少しでも「好き避け」をしていくことが大切です。

「好き避け」をしてしまう人の実体験を紹介

【実体験1 急に「好き避け」をするようになって気づいた】

普通に食事に行ったりしていた男友達だったのですが、ある時から2人で遊びに行ったりするのを避けるようになってしまいました。

今まで仲良しだった2人だったので周りも喧嘩をしているのではないかと心配をしていたらしく、友達と話している時に「気づいてないのかもしれないけど、きっと好きになったんだろうね」と言われて気づきました。

普通の友達としては何も照れることはなかったけれど、「好き」という異性として意識してしまうとどうしても避けてしまう自分がいました。

【実体験2 避けてるつもりはないけれど】

会社の先輩で仲良くしているつもりだったけど周りから見ていると避けてることがあったらしく、「もしかして好きなんじゃないの?」と指摘されて気づきました。

周りから言われてから余計に意識してしまい話しかけられても避けてしまうことが多くなり、相手にあまり良い印象を与えることができなかったように思います。

私は周りの方々が気を使ってくれて相手に嫌いなのではないことが伝わったのでよかったのですが「好き避け」を知らない人からするとあまり気持ちのいいものではないのかもしれないと反省しました。

相手にも「好き避け」を理解して欲しい

「好き避け」をされた相手は「嫌われているのでは?」と思い、あまり気持ちのいいものではないと思います。「好きだから避けている」という説明をするのも何だか難しい。

だからこそ相手の異性にも「好き避け」というものがあるのを知って理解して欲しいと思ってしまいます。では、「好き避け」と「嫌い避け」の違いは何でしょうか。

「好き避け」の場合、あからさまに避けるといった感じではなく会話も全くなくなるといったことはあまりないので、ほとんどの人が気づくことが多いです。

「好き避け」をしてしまう人は親友などの理解者の相談をすることも大切で、親友を通じて「嫌いで避けているわけではない」ということが伝わることも少なくないです。

今現在、知らないうちに「好き避け」をしているあなたへ。「好き避け」は照れからくるもので悪いことではありませんが相手に気持ちを理解してもらう方がもっと幸せなことです。

どうしても自分でその状況を打破できない場合は周りの信頼できる人に相談をして相手に気持ちを伝えるのも素敵なことです。

この記事をシェアする

関連記事