• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

スマホの使いすぎでスマホブスに!劣化しやすい4つのパーツ

Date:2016.02.01

下向き姿勢でスマホを見る女性スマホを持ってから生活が大きく変わったと思いませんか?それはスマホには便利で楽しいl機能がたくさん詰まっているからです。

LINEやFacebookを始めとするSNS、ネット検索やネットショッピング、ゲームや様々なアプリ…。

自宅やオフィス、移動中の空き時間があればスマホの画面を見ている女性も多いでしょう。ところが、このスマホの使いすぎが美容に悪影響だということをご存知でしょうか?

「スマホブス」という言葉さえあるくらいスマホの使いすぎで顔が劣化してくることがわかっています。今のままではあなたの顔も将来スマホブスになる可能性大です!

スマホの使いすぎで劣化しやすいパーツ、その対策方法をしっかりと理解しておくことでスマホブスになるのを防げますよ!

劣化しやすいパーツ1.ブルドッグみたい!頬のたるみが加速する

スマホの使いすぎで劣化しやすいパーツのひとつが頬です。スマホの画面を見すぎていると、あなたの頬がブルドックのようにたるんできてしまうかもしれませんよ!

スマホで頬がたるんでくる理由とは

スマホの画面を見ているときは、スマホの画面を自分の目線よりも下に置いた状態でスマホ画面をチェックしてしまうので、うつむいた姿勢をずっと保っていることになります。

地球には重力が働いていますよね。うつむいた姿勢をずっと続けていると重力で頬や顎の部分の肉も段々垂れ下がってきてしまうのです。さらにはスマホを見ているときは表情を作りませんので、表情筋も衰えてきます。

うつむいた姿勢を長く続けているとやがて頬のたるみが起こります。頬たるみといえば、肌の老化現象で起こる悩みの一つですね。それがスマホの使いすぎでも同じことが起こってしまうのです。

若くても大丈夫と侮っていると大変。若くてもスマホの影響で顔がたるんでいる女性が少なくありません!

スマホの使用時間が長い方は、一度自分の顔を鏡でチェックしてみたほうがいいですね。

あなたの顔は大丈夫?頬のたるみをチェックする方法

自分の頬がたるんでいるかを判断するのは難しいですよね。鏡で見てもよくわからなかったりします。そんなときは自分の顔を写真で撮影してみるといいでしょう。

わかりやすいのが一日のうちに時間を変えて顔を撮影してみることです。

  1. 朝一番で自分の顔写真を撮影
  2. スマホを普段通りに使う
  3. 夕方自分の顔をもう一度撮影

朝と夜とでの頬のたるみ具合を比べてみるのです。鏡で見ただけでは変化に気が付きにくいかもしれませんが、写真だと変化がわかりやすいはずです。

頬のたるみが起こっていると判断できるポイントは、ほうれい線です。両鼻の小鼻のワキから口角にかけてラインができていたら、顔がたるんできている証拠です。

どうすればいい?頬のたるみを改善するコツ

もしかして私の顔たるんでいるかもしれない!そう感じたらどうすればよいのでしょうか。スマホの利用をセーブしたらいいとはわかっていても、急に使用時間を短くするのは難しいですよね。

おすすめの方法は2つあります。

  • 頬のエクササイズを実践すること
  • スマホを見ているときの顔の動きを注意すること

頬の引き締めエクササイズはいくつもありますが、スマホを見ながらでもできる簡単エクササイズを一つ紹介していきます。

やり方はとても簡単で「あ」行から「ん」までを口を思いっきりあけながら動かすことです。

またスマホを見ているときは顔の表情にも注意しましょう。スマホを見ているときの自分の顔を鏡で見てみましょう。

その時のあなたの口角は下がってきていませんか?この顔の表情が顔のたるみを作ります。

スマホの画面を見ているときも意識して口角をキュッとあげておきましょう。それが頬のたるみを防いでくれます。

劣化しやすいパーツ2.気が付けばおでこにしわがクッキリ!

おでこもスマホの見すぎで劣化がすすみやすいパーツです。

見ているだけなのになぜ?スマホの見すぎでおでこの劣化が起こる理由

スマホを見ているときは、うつむいた姿勢で画面を見ています。この姿勢が目を開ける筋肉である眼輪筋を弱めてしまうのです。

その上目の前にあるスマホの画面をよく見るために、無意識に目を大きく開けようとしているのです。眼輪筋が弱くなってしまったときは目を大きく開こうとすると、眼輪筋の力だけでは目を十分開けられないのでおでこを引き上げて目を開けようとします。するとおでこにシワがはいってしまって、それが定着してしまうのです。

おでこのしわが寄っていないか、時々チェック

おでこのしわは気が付かないうちに定着してしまっています。肌に弾力があるうちは、しわを寄せてもそれが元に戻るのですが、しわを寄せる回数が増えてしまうと、段々としわが定着してきてしまいます。

おでこのしわは浅いうちが勝負です。対策としてできることは、早い段階でしわを見つけることです。早く改善対策をとることでしわが目立ちにくくなります。

必ず毎日鏡で自分のおでこをチェックして、しわの寄り具合を見ておきましょう。

おでこのしわを薄くする、作らないようにするには

既におでこにしわができてしまった方は、エクササイズとスキンケアで頑張って改善してみましょう。

今はしわができていないから大丈夫だと思っているあなた、いずれしわができてしまう可能性大ですので今からでもエクササイズとスキンケアで予防策をとっておくことをおすすめします。

おでこのしわ対策は保湿をしっかりと行うこと、そしてしわ対策美容液を使うのがおすすめです。化粧水で潤いを与えたら、しわに効果のある成分が配合されている美容液をつけましょう。

しわに効果のある成分として知られているのは以下の成分です。

  • レチノール
  • ビタミンC
  • コラーゲン

既にできてしまったしわ。しわを作らないようにするためにも効果的です。しわを薄くしたり、作らないようにするためにはおでこの皮膚にまっすぐな状態を覚えさせることが重要になります。

そのやり方を以下に紹介していきます。

  1. 眉毛の上に指をそれぞれ4本あてる
  2. まゆげから額の生え際に向かっておでこの皮膚を伸ばす
  3. これを10回繰り返す

おでことともに鍛えたいのが眼輪筋です。スマホの見すぎで眼輪筋が弱くなってくると、日常生活でもおでこを使って目を開けるようになってしまうため、ますますおでこのしわが寄りやすくなってしまいますので、エクササイズで眼輪筋を鍛えましょう。

  1. 眉毛に沿う形で指を置く
  2. 眉毛をしっかりと指で押さえる
  3. そのまま眉毛を動かさないで目を大きく開ける

あとはスマホを見ているときの姿勢を変えるのもおすすめです。下向きの姿勢がよくないのでスマホの画面を高いところに持ってきて画面を見るようにすると、眼輪筋の低下を防げます。

劣化しやすいパーツ3.目ヂカラが大幅ダウンする

スマホの画面を見ていると、目を酷使してしまい目のトラブルが起こりやすくなってしまうのです。

スマホで起こりやすい目のトラブル

スマホの使いすぎは想像している以上に目を酷使してしまっています。それに伴ってさまざまなトラブルが現れてきます。

視力低下
スマホの画面をずっと見ていると、目の周りの筋肉が凝り固まってしまいます。それが続くと視力も低下してきます。またスマホから発せられるブルーライトが視力低下を招くこともわかっています。
ドライアイ
人間の目は自ら分泌される潤い成分で満たされているのですが、スマホを長時間見つめていると瞬きの回数が大幅に少なくなってしまうのです。その結果ドライアイになります。
くまの発生
老けて見える要因である目の下のくま。スマホの影響で目の周りの筋肉や血流が悪くなってしまいくまが発生してしまうのです。

さらにはスマホ依存が続くと、睡眠不足を引き起こすことがあり、寝不足によるくまもできやすくなります。

肩や首の凝り
眼の周りの筋肉の凝りが、肩や首の凝りも引き起こします。

瞳の輝きを取り戻す!目の老化、劣化を改善する方法

目は口ほどにものを言うと言われるように、瞳が輝いて見える女性はとても魅力的です。

どんなにお化粧をして目力をアップしても、瞳自体の魅力がなければ目力は大きくダウンしてしまうのです。

目の老化、劣化を防ぐための方法をいくつか紹介していきます。

瞬きをする
スマホの見すぎで瞬きの回数が自然と減っています。意識して瞬きをしましょう。
適度に目を休める
スマホの画面をしばらく見た後で、5分ほど休憩をとって遠くをみるようにしましょう。目を長時間使うと疲れやすくなるので適度に休ませます。
目の筋肉をほぐすエクササイズ
凝り固まった目の筋肉をほぐしましょう。目玉を上下、左右にそれぞれ大きく動かすのも効果的です。
疲れ目改善マッサージ
長時間使用した目は疲れて血流が悪くなってしまっています。目の周りにそってツボ押しをするようにマッサージしてあげると効果的です。

劣化しやすいパーツ4.気が付けば首にシワ、ぜい肉が!

首は顔と違って普段のお手入れを怠りがち。まじまじと首を鏡で見る機会も少ないので、首の劣化に気が付きにくいのです。首もスマホの使いすぎで劣化がすすみやすいので注意が必要ですよ。

スマホで首の老化、劣化がすすむ理由とは

スマホを使っているときは、背中を丸めて同じ姿勢をとってしまいがちです。下を向いた状態だと首にしわがよりやすくなってしまいます。

しわは数回程度寄っただけではしわとして定着しませんが、しわが寄る回数、時間が長いとしわが段々と深く刻み込まれてしまいます。

また首には老廃物や余分な水分を排泄する器官、リンパがあるのですがスマホの見すぎはこれを詰まらせてしまいます。老廃物が溜まると首や顔がむくむ、余分な脂肪がつきやすくなるのです。

首のケア、スマホの見方を変えて首の老化、劣化を防ぐ!

首の老化、劣化を食い止める、改善するにはまずはスマホを見る角度を変えてみることです。

スマホを下の位置にして見ると首にしわが寄ってしまうので、目線の高さまでスマホを持ち上げて使うようにしてみましょう。

また肌と同様に首のケアも行いましょう。首にも顔につけている基礎化粧品をぬってしっかりと保湿をしてあげるのです。

その時に首のシワを伸ばしてリンパの流れを意識しながらマッサージを行うとより効果的です。

今からでも遅くない!スマホブスにならない方法を実践しよう!

スマホブスになっている女性
スマホの見すぎが美容に与える悪影響、ご理解いただけましたでしょうか?スマホはとても便利なツール。

もはやそれなしの生活は考えられませんよね。しかしそれが原因で自分がブスになってしまうのは避けたいでしょう。

毎日自分の顔を鏡でみていると思うので、劇的な変化に気が付きにくいものです。しかし今のようなスマホの使い方、見方を続けていると確実に劣化はすすんでいきます。

また歩きスマホのようにスマホの使い方マナーを守らないと、常識のない人間だと思われてしまいます。

数か月後、数年後に後悔しないためにも今すぐにでもスマホの使い方を改めてみましょう。

この記事をシェアする

関連記事