• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夏に向けて恋がしたくなる音楽!これからの季節に聴きたい名曲5選

Date:2012.07.03

これからいよいよやってくる夏!暑く、恋も燃え上がりそうな情熱の季節がやってきます。恋も遊びも全力でこなしたい女子たちが、さらにテンションを上げるナツ曲を厳選しました。

これをBGMにすれば、素敵な夏になることは間違いなし!!MV付きなので、曲だけでなくMVも是非チェックしてみてください。

ポニーテールとシュシュ/AKB48

今や押しも押されもしない人気のアイドルグループAKB48。その中でも2010年発売の『ポニーテールとシュシュ』は、ポニーテールの少女に片想いをしている少年の切ないラブソング。

しかし曲調は明るく、BGMとしてもカラオケでも盛り上がることは間違いありません!MVではメンバーが水着で踊る爽やかなものになっています。

イッサイガッサイ/KREVA

少しゆるくてリズミカルな曲調のこの楽曲は夏真っ盛りというよりは、夏の終わりの夕方のような少し切なさを残しています。夏休みの最後、現実に戻る前に聞けばその夏のプレイバックが頭を過ぎる、ラストサマーにぴったりな曲です。

MVは生徒と教師のひと夏の恋愛を描いたストーリーで、学生時代の恋愛を思い出すような切ない仕上がりになっています。

Over Drive/JUDY AND MARY

2001年に解散した伝説のバンド、JUDY AND MARYが1995年に発売したシングル曲。ジュディマリのシングルランキングでは必ずベスト3に入る程の人気ナンバー。ボーカルYUKIの伸びやかな歌声が印象的な一曲です。

少し懐かしいナンバーですが、逆に言えば誰もが知る曲ということ。一人で歌うよりは友人と一緒に大声で歌いたい曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=wYzUtgf902o

夏祭り/Jitterin’Jin

夏の盛り上がり定番曲!オリジナルの発売は1990年ですが、2000年に北海道出身のガールズバンドWhiteberryにカバーされたことで幅広い年代に知られるようになりました。

出だしのゆっくりとした曲調からのバンドサウンドは、夏の夜の花火のように胸に響きます。淡い初恋を消えゆく打ち上げ花火に例えた詞も印象的です。オリジナルとカバーのMV、是非見比べてみてください。

プラネタリウム/大塚愛

曲も歌詞も切ないと大塚愛の大人気ナンバー。届かない想いを夏の空に向けて叫ぶような大塚さんの表情がとてもいいです。

大好きな人と花火を見たあとの帰り道で聴くと、胸がギュッと苦しくなるような、甘酸っぱい曲です。個人的には浴衣で聞きたい曲です。PVでの大塚さんの表情にも注目です!

夏に人気の曲を調べていると、なんだか共通点があります。それはどの曲も盛り上がるようなサウンド感の中に、歌詞やメロディで切なさを残す曲ばかりだということです。

今回選んだ曲も歌詞では切ない恋愛が描かれているので、夏はまだですが早く来て欲しいようなまだ来て欲しくないような、ちょっと胸が苦しいような気分になりました。

夏は素敵な恋を満喫する季節です。皆さんも是非聞いてみて、夏の思い出を今からつくっていきましょう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント