• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

もうメイクでごまかさない、すっぴん肌を磨いて女子力アップ

Date:2014.07.24

雑誌などでよく特集されている「すっぴん女子」。すっぴんを磨いて女子力をアップしようというものをよく見かけますが、実際にすっぴんを人に見せることもないし私には関係ないと思っている人はいませんか?

すっぴんを人に見せないとしてもすっぴんが綺麗だとメイクも変わってきます。人にも自慢できるようなすっぴん肌にするにはどういうところに気を付けたらいいのでしょうか。

毛穴レスにするには毛穴の汚れはしっかりと取る

すっぴん肌を綺麗にするのに1番大事なのは毛穴レスです。といっても毛穴レスの肌にするにはどうしたらいいのでしょうか。毛穴の開きの原因は毛穴の汚れがしっかりと落ちていないことです。

メイク汚れだけではなく皮脂やほこりなども毛穴の奥に溜まっています。これをしっかりと取るには洗顔が大切になってきます。ここで1つポイント、クレンジングというとメイクをした時にしかしないという人が多いと思いますが、メイクをしていない時も毛穴の中にはほこりや皮脂がたまっています。なのでクレンジングはした方がいいんです。

毛穴ケアのできるクレンジングというのがありますが、これはメイクをしていなくても使えるタイプなので、こういうもので夜はしっかりと毛穴の汚れを落としてあげるだけで毛穴はどんどん小さくなっていきます。

そして次に洗顔ですが、これも泡で洗ったり洗顔用ブラシを使って洗うと毛穴の汚れがしっかりと取れるので使ってみましょう。

潤いない肌はすっぴんには程遠い

すっぴん肌に欠かせないのが赤ちゃんのような潤い肌です。乾燥している砂漠肌ではすっぴん肌は程遠いです。常に保湿はしているけれどすぐに肌が乾燥してしまうという人は肌の奥から潤っていないということになります。朝は難しいかもしれませんが、夜はしっかりと保湿をしましょう。

1回の化粧水で潤ったと感じても少し時間が経ったらまた肌が乾燥しているということがあります。夜のケアの時は数時間おきに化粧水をつけるようにし、肌が「もう吸い込まない」というくらいまで化粧水をつけてあげると翌朝の肌の状態が変わってきます。

しっかりと化粧水をつけて寝る前に蒸発を防ぐクリームをつければケアはOK。毎日これを続けていくと奥から潤ってきます。

日焼けは厳禁!しっかりとUVケアを

すっぴん肌が綺麗というとやっぱり白いキメの整った肌です。そのために保湿や毛穴ケアをしてもキメが整っていないと肌が綺麗に見えません。そのためには日焼け防止が必須になります。

日焼けをすると肌が黒くなるだけではなく、紫外線で肌を傷つけてしまいキメが乱れ肌荒れの原因になります。日焼け止めはファンデーションやメイク下地に含まれていますが、それ以外でも日焼け止めを塗るのがおススメです。

メイクの下に日焼け止めを塗ると化粧くずれが気になるという人はメイクの上からつけることのできるスプレータイプの日焼け止めやパウダータイプの日焼け止めを使うと手軽に日焼け止めの塗り直しもできます。

すっぴん肌が綺麗だとメイクもほとんどしなくて大丈夫になり、メイク時間も短縮します。人に見せないとしても常に素肌のきれいなすっぴん美人でいれるように毎日のケアは頑張りたいですね。

この記事をシェアする

関連記事