• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

4つのルールでスリムボディになれるシンプルなダイエット!

Date:2014.01.15

ダイエットは難しいもの、お金がかかるもの、面倒くさいもの…そんな認識がありませんか?エステに通ったり、ダイエット食品を買ったり、カロリー計算をしてみたり…確かにこれらのことはお金がかかり、難しく、面倒くさいですよね。

でも、ダイエットは一方でシンプルなルールというものも存在しているのです。こちらにご紹介するシンプルな4つのルールを心がけるだけで、ダイエット成功に確実一歩近づきますよ!

1. グルテンを避ける

小麦粉などの穀物から作られる、グルテンというたんぱく質をご存知ですか?

このグルテンが多く含まれたものを摂ると、食事後は満腹感が出てエネルギーが上昇しますが、血糖値がぱっと上がり、下がるため、すぐにエネルギーが下がり、パフォーマンスが悪くなってしまうのです。

そこで、パスタ、パン、クッキーなどのグルテン食品をやめ、玄米に切り替え、肉や魚、野菜をしっかりと摂る、という生活を1ヶ月続けてみましょう。

このグルテンフリーダイエットは、身体の調子もよくなり、肌も綺麗になるという特典つきで、綺麗に痩せることが可能となるのです。

これは難しく考えたり、徹底して完璧にしようとなるとストレスになってしまうので、洋食よりも和食、うどんよりもそば、パスタやパンよりも玄米、といったような「切り替え」を大切にすることから始めるようにしましょう。

食品を手にしたときに小麦が含まれているか、ということを一度考えるのを癖にしてみるとよいですよ。

2. 水を沢山飲む

水はダイエットの強い味方です。身体の老廃物を洗い流してくれますし、虚偽の空腹の原因となる身体の渇きを満たしてくれるものでもあります。そして、食べ過ぎ、ドカ食いも防いでくれる優れものです。

一日2リットル(グラス約8杯分)を目指し、気づいたときに水を飲むようにしましょう。ただの水では飽きてしまうという方は、ちょっとミントやレモンを入れてみたり、炭酸水を飲んでみたりというのもお勧めです。

ボトルに水を入れてあらかじめ量っておけば、量も把握できて便利ですよ。仕事場のデスクなど、目に付くところに置くのを日課にしてみましょう。

3. 満腹感を得られるものを食べる

ダイエットの敵は空腹感ですよね。そこで、お腹を満たしてくれ、更にヘルシーな食品をお腹がすいたときやおやつとして食べたり、食事に取り入れるのがお勧めです。

例えば、ゆで卵、アーモンドなどのナッツ類、ノンファットのヨーグルト、オーガニックのピーナッツバターなどがお勧めです。

ただ、摂りすぎは避けましょう!早食いをすると満腹感が得にくいですし、ドカ食いをすると満腹感を感じたときに食べすぎで気分が悪くなってしまいますし、カロリーの摂りすぎになってしまいますので注意です。

4. おやつを賢く取り入れる

おやつは身体によいものです。3食の食事以外に、おやつも摂りましょう。でも、ケーキやポテトチップスのようなヘルシーでないものはNGです。

グレープフルーツ、オレンジ、ブルーベリー、ストロベリーのようなフルーツ類、グルテン未使用のクラッカーとピーナッツバター、ノンファットヨーグルトなどをおやつに取り入れてみましょう。

この記事をシェアする

関連記事