• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あなたは大丈夫?オトナ女子が知っておきたい寿司屋のマナー

Date:2013.09.19

同じお寿司屋さんでも、回転寿司店に比べて高級寿司店は、はるかに敷居が高いイメージがありますよね。静かで、慣れないと居心地が悪いかも…と尻込みしていませんか?そこで今回は、高級寿司店に行く前に女性が知っておきたいマナーをご紹介します。

1.香水はつけない

毎日香水をつける習慣がある女性も、寿司店に行く日はつけないようにしましょう。タバコを吸おうとするのもやめてください。寿司のネタには、わずかな香りを味と一緒に楽しむものもあるのです。女性は特に、香水だけでなく、整髪剤やお化粧でも強い香りがするものがありますので、注意しましょう。

2.時計・ブレスレットは外す

高級寿司店のカウンターは高価なもので、お店によっては傷つきやすい材質で出来ています。傷つけないためにも、時計やブレスレットは外しましょう。

3.出されたお寿司は早めに食べる

板前さんが恐れるのは、ネタが乾くことです。よって、話に夢中でお寿司に手を付けないのはマナー違反なのです。出されたお寿司は早めに食べるようにしましょう。

また、寿司は誰もがひと口で食べられるように出来ていますので、必ずひと口で食べてください。ふた口に分けて食べるのは行儀が悪いとみなされます。

ちなみに、上司や取引先の人に連れて行ってもらう場合は、最初はお任せにすることをオススメします。自分で注文する時は、1回につき多くて3貫までを目安に注文しましょう。

4.話の内容に注意する

カウンターに座った時は、他の客の目もあるので、会話に注意しましょう。特に、政治や人種の話は避けてください。万が一そんな話題になりそうになった時は、別の話題にさりげなく切りかえましょう。

5.シャリに醤油をつけない

醤油やわさびはあくまで添えモノです。せっかくのいいネタも、醤油の付けすぎは味を損ないます。お寿司を食べるときはネタだけに少量の醤油をつけて食べるようにしましょう。もし板前さんが食べ方を教えてくれたものがあれば、その通りにしてください。

尚、手で食べるか箸で食べるかは自由です。どちらにしても、寿司を横に倒し、ネタとシャリをはさむように持てば寿司がくずれることはありません。

6.わからないことは聞いてOK

特にネタでもどんな味がするかわからないものがあれば、すすんで聞くようにしましょう。せっかく高級寿司店に入ったのに、知らない魚を知らないままにしておくのは勿体ないです。魚が捕れた場所や今が旬の魚など、板前さんと会話してみてはいかがでしょうか。

高級寿司店で上手に過ごすコツは、適度に話を盛り上げつつ寿司を楽しみ、どんなに長くても2時間以内には切り上げてお店を出ることです。お店にも一緒に食事する人にも不快にさせずスマートに振舞うのが、大人のマナーなのです。

この記事をシェアする

関連記事