• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

近距離しか走らないママの車もつけて安心!スタッドレスタイヤ

Date:2013.12.07

軽自動車でお子さんの通園の送り迎えや塾などの送迎を行っているママさんは非常に多いですが、雪が降る時期はやっぱりスタッドレスタイヤを履くことが必要です。

家から車で5分のところにあるから、ということでスタッドレスを履いていないばかりに、凍結した斜面で車が滑り、大事故になりそうになるということもよくあります。

短い距離しか走らないから、スタッドレスタイヤを装着しないという考え方ではなく、どんな場所を走行するかによって装着するかどうかを判断していきましょう。

例えば、常に使う道路は平面で、徐行運転がしやすい道の場合と、例え短い距離でも斜面が多く、車の通りが激しいという道の場合だと状況が全く違うわけです。

近距離の自動車使用の場合は、もし雪が積もった時は、徒歩で目的地まで行けるかどうかもスタッドレスタイヤを装着する上での判断材料になります。もし、スタッドレスタイヤをつけないのであれば、それなりの工夫が必要ですね。

例えば、お買い物だけに自動車が必要な方なら、積雪時期の買物方法を変えればよいのです。家族がそろっている休みの日を狙って買い物に出かけ、普段の日は買いだめしておいた食材を使うようにして、できるだけ急な大雪にも対処できるようにしておくとよいですね。

家族がそろっている休日であれば、もし大雪が降っても、ママだけがタクシーなどを利用して買い物に出かければ、家族が雪での車事故に巻き込まれる確率は減るわけです。

ただ、やっぱり咄嗟のときの路面凍結や大雪に対応できるのは、スタッドレスタイヤを履いておくことですね。

出先で急な大雪が降る事も十分考えられますし、急な積雪の場合は、常に使用している道路で渋滞が起こったり、事故が起こったりして思うように目的地や家につけない場合があります。

その間にも雪がどんどん積もっている場合は、車通りの少ない道だとかなりの積雪量になり、ノーマルタイヤでの走行は危険なのです。

スタッドレスタイヤは安いものではありませんし、長く持って3年の寿命です。非常に経済的ではありませんが、やはり安全を買う、という意識でママが使用する車にもスタッドレスタイヤの装着をおススメします。

軽自動車のスタッドレスタイヤの価格って?

軽自動車のスタッドレスタイヤの価格で、人気があってお安いタイプのものであれば、1本が6000から7000円程度です。4本履かせると、3万弱でつけられます。

うまく購入すれば、これくらいの値段で数年間は「安心」を確保できるわけです。もちろん、絶対に事故をしないというわけではありませんが、雪や路面凍結で事故を起こす確率が減るのです。

家計管理が大変なママさんは、「安全・安心」を確保するスタッドレスタイヤについても、家計の経費の一部に入れて考えていかれると良いです。

スタッドレスタイヤを3年もたせたとして、年間10000円ずつスタッドレスタイヤ代として捻出すればよいので、1ヶ月にすれば1000円以下です。

工賃も考えて、毎月1000円はスタッドレスタイヤ代として、使わずに置いておくようにすると、難なく「安全・安心」を買うことができます。

是非参考にされて、安全な雪道の走行を行ってくださいね!

この記事をシェアする

関連記事