• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

40代こそ素敵に履きこなしたい!40代のスニーカーコーデのコツ

Date:2015.11.15

shutterstock_312714167 - コピー

スニーカーがブームになって久しくなりますが、あなたはもうスニーカーはお持ちでしょうか。

スニーカーブームは20代、30代を中心に巻き起こっており40代の女性にも気になるアイテムではないかと思います。

子供のいる人なら子育ても一段落した人もいるでしょうし、ある程度人生経験を積んでいろいろな「ホンモノ」を知っている40代。

そんな40代の女性だからこそスニーカーでも思い切りオシャレを楽しんでほしいなと思います。

今日は40代の女性へおすすめするスニーカーコーデにポイントをご紹介します。

使いやすい色はまさにグレー、ベージュ、ネイビー、ホワイト

ずばり言ってしまうと、スニーカーでいろいろな大人コーディネートを楽しむのならやはりこの色たちはおすすめです。

というのも40代が着る洋服の色がだいたいこういったグレー、ベージュ、ネイビーという曖昧な色に落ち着いてくるからです。

仮に差し色で赤やグリーンをスニーカーで取り入れるとちょっと子供っぽい印象に。あくまでもスニーカーのときは落ち着いた色味で統一感あるコーディネートを心掛けたほうが良いでしょう。

パンツもスカートもタイツもボトムスを選ばない優秀グレー

特におすすめのカラーです。パンツスタイルと素足に合わせることも、秋から冬にかけてはタイツに合わせることもできる色です。

子育てが一段落した方ならキレイ目ワンピースと上手に組み合わせても素敵!

ただし白いソックスと合わせるときはちょっと輪郭がぼやけるかもしれないので濃い色の靴ひもやロゴの入ったものがいいかもしれません。

春、夏、秋は足元を軽くしてくれるベージュ

春、夏、秋にかけて履きやすい色です。ベージュを入れるだけで足元が軽くなり季節感が出ます。もし秋から冬のコーデに合せたい場合はできるだけ素足(ストッキング含め)で履くかタイツはグレーなど黒以外の色を選んでみましょう。

大人リッチ感、きちんと感ならネイビーを

黒だと春・夏のコーディネートには少し重たいけれどネイビーはオールシーズン使える優秀カラー。

もしこの色が重くて夏服に合わせにくい場合は、コンバースのスニーカーなどキャンバスっぽい生地のスニーカーにするといいでしょう。

じつは秋・冬でも使えるかも!?白スニーカー

白いアディダスのスニーカーなど人気を博しているものがありますが、ホワイトはどうしても春、夏に履くイメージ。

秋、冬コーデに合わせる場合は着る服を紺やバーガンディ(赤紫)など深い色味を選んで季節感を出しましょう。

その場合は色の入っていない白一色のスニーカーか、入っていても黒やグレーなどモノトーンカラーのスニーカーだと使いやすいかと思います。

思い切り季節感の出る白はやっぱり春、夏を楽しむコーデに合わせて登場させましょう。

40代のスニーカーコーデ、ポイントは「きちんと感」と「落ち着き感」

スニーカーで「素敵!」と思われるようなコーディネートがしたいのなら、やはりこの二つのポイントが外せません。

  • きちんと感
  • 落ち着き感

順に考えてみましょう。

40代は「きちんと感」なくして素敵にはなれない

スニーカーに合わせる服はだいたいカジュアルなものが多くなります。

30代くらいまではカジュアルな服を着ていてもちゃんとお洒落に見えたりしますが、体型の変化も気になる40代となると肉感を拾ってしまうようなTシャツ、ヒップラインの出るデニムは慎重に選ばなくてはなりません。

Tシャツならデコルテに自信のある方ならいいですが、ちょっと自信がないという人は40代向けのブランドなどで上質な素材のシャツを探すか、ニット素材などのトップスを選んでみましょう。

また、デニムを履くときはガードルを下に履くなどヒップラインが上がってみえるよう工夫しましょう。

また、きちんと感とは決してジャケットを羽織ったり真珠のネックレスをすることではなく「ちゃんと手をかけていますよ」「ちゃんとおしゃれを意識していますよ」というメッセージが伝わる装い。

たとえば、

  • 髪をちゃんとセットする
  • パールのネックレスを合わせてみる
  • ストールや小物でアレンジをしてみる

といった、「ひと手間」が大切です。

髪に関して言うと、ちゃんとセットすると言っても結婚式に出るような髪型にする必要はありません。毛先をアイロンで巻いたり無造作なシニョンを作ったり「ちょっとした一手間」をかけてみましょう。

一度アイロンで巻いた髪を一つ結びにするのと、まったくなにもしないで一つ結びするのでは仕上がりに雲泥の差ができます。

「イタくない」40代のコーデに必要な「落ち着き感」

40代こそ色の力を借りたいとばかりに派手な色を取り入れるコーデもあります。

しかしスニーカーのようなカジュアルアイテムと組み合わせて一歩間違えると若作りに見えてしまい年下からは「イタい」服装に見えてしまうことも。取り入れるならスカーフやバッグのツイリーなど小物で上手に取り入れましょう。

40代は肌のトーンの変化も気になる時期。

発色の強いアイテムと合わせるとくすみの気になる肌と相性が合わない場合もあります。スニーカーのときは服全体の色味を落ち着いたものにするのがおすすめです。

さて、そんな大人のコーディネートに提案したいポイントをいくつかご紹介します。

40代のスニーカーコーデ、こんな工夫で旬な雰囲気に

さて、スニーカーというカジュアルアイテムを使いながらも「おばちゃん」じゃなく「素敵!」と思われる女性に見せるには装いは然ることながら髪や着こなし方に一工夫がいります。

ポイントは

  • 服はグラデーションや同じトーンを意識する
  • パールの小物を取り入れてみる
  • 髪はちゃんとセットする
  • 服に隙間を作って着る

ということです。

大人のスニーカーコーデは色のグラデーションを上手に使って

スニーカーを履くときはより落ち着いたコーディネートを意識したほうが年相応のお洒落になるでしょう。

そのためには色をグラデーションにしたりトーンを合わせたりということが必要になってきます。

例えば

  • 白のニット
  • グレーのスエットパンツ
  • ベージュのスニーカー
  • くすんだピンクのストール

こんなコーディネートはいかがでしょうか。

とくにストールが「くすんだ」ピンクであることがポイントです。グレーやベージュといった曖昧な色に合わせて、ピンクもややブラウン寄りのピンクを選んでみましょう。

曖昧カラ―でぼんやりした印象になるかもと思った人は、大き目のピアス(フープピアスのようなものなど)や大き目フェイスの腕時計をしてアクセントにしてみてください。

あるいは襟元に(ストールの上から)サングラスをひっかけてみてもいいでしょう。

ちょっと変わり種のパールの小物を取り入れてみる

パールはそれひとつ取り入れるだけでその人をエレガントに見せてくれる魔法のアイテムです。

ただしふつうのパールのピアスやネックレスだけではただの上品コーデ。おしゃれ、というよりも「上品な奥さん」という感じがします。

パールにスタッズやラインストーンがついたものなど今っぽいパールアクセを探してみてください。

パールのついたイヤーカフなんかも40代でトライしてみてはどうでしょう?エレガンスとモードが叶う優秀アイテムでおすすめです。

ロングヘアの人はシニョンに、ボブヘアの人は巻いてみて

スニーカーコーデのようなカジュアルな装いの時こそ髪型がモノを言います。

ロングヘアの人は低めの位置でのシニョンにしたり(それもきっちりお団子ヘアではなく、ちょっと無造作な感じが◎)、ボブの人であれば毛先を内側に巻いて空気感を出します。

ただしヘアアイロンを縦巻きに使うとお嬢様系ヘアになってしまいます。ヘアアイロンは床に対して平衡に持って巻くのがおすすめです。

巻いた後は軽く毛束をほぐしてヘアスプレーで固定すればちょっと無造作な外国人風ヘアに。特に表面にある髪を何束かすくい取って巻くと髪に立体感が出るのでお勧めです。

おばちゃんコーデと大人コーデの違いは「隙間のあるなし」

スニーカーでコーディネートするとき気を付けたいのは合わせるパンツの裾の長さです。

フルレングスのパンツにそのままスニーカーを合わせるのはもったいない!どこにでもいるおばちゃんコーデになってしまいます。

くるぶし丈の短めのパンツに合わせるか裾をロールアップして足首を少し出すことで一気に「旬な大人コーデ」に。

長袖シャツを合わせるときも袖をまくって手首を出すのが今流です。手首にはお気に入りの時計やアクセサリーを合わせましょう。

40代は体も丸くなり女性らしさも増してくるので敢えて尖った感じのアクセサリーを合わせるといいでしょう。

それはたとえばこんなものです。

  • スタッズ付きのブレスレット
  • バングル
  • ボーイズサイズの腕時計(特におすすめ!)

プチプラのブランドにこういったアイテムは充実していますよ。

スニーカー選びはシックな色味のものから買ってみる

あなたも今年の秋冬から遅ればせながらのスニーカーデビューをしてみませんか。

スニーカーといってもそのブランドやデザインも豊富ですから最初何から買ってみたらいいか分からないかもしれません。

ハイセンスなオシャレさんはカラフルなスニーカーと洋服をうまく組み合わせていますが、センスに自信のない人は大人らしいシックな色味のものをまずは買ってみましょう。

今街でよく見かけるのはニューバランスやアディダス。

ニューバランスはグレーやネイビー、ベージュといったベーシックな色が揃っているので大人っぽいコーディネートによくなじみます。ただし30代中心に履いている人があまりに多いので今更買うのは抵抗を感じる人もいるかもしれません。

40代でもニューバランスは似合いますがもし「みんなと同じじゃいや!」という人がいたら、下記のようなコラボ商品やインポートのスニーカーも素敵です。

  • 「プーマ」と「アレキサンダーマックイーン」のコラボスニーカー
  • フランス発祥のハイヒールスニーカー「ノーネーム」

これらは百貨店の靴売り場などでしか出会えない、まさに大人のためのスニーカーと言えます。

是非あなたらしい一足を見つけて大人コーデを楽しんでみてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事

コメント