• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お気に入りのストッキングを伝線させずに長持ちさせるコツ

Date:2013.02.21

お気に入りのストッキングやタイツを伝線させたり、爪でひっかけて履けなくしてしまうと1日ブルーな気分になりますね。でも、ストッキングなどはとてもデリケートなもの。伸びている爪で触ると、すぐに伝線してしまうこともありますね。

また、お気に入りのストッキングやタイツを長持ちさせるには、どのような方法があるでしょうか?

爪をとがらせない

とがった爪や長い爪はストッキングやタイツに穴をあけたり、伝線させやすいものです。ネイルケアをこまめに行い、爪ととがらせないようにしましょう。

また、爪が折れていると、折れた跡は爪がギザギザになっているので、ストッキングを伝線させやすくなります。こまめに爪のケアを行いましょう。

手や足をつるつるにする

手や足、かかとがガサガサしているとストッキングも破けやすくなります。指先やかかと、膝がしらなどはクリームなどを塗って、ツルツルにしておきましょう。

特にかかとは固くなりやすく、カサつきやすいのでていねいにケアをしてあげましょう。

足の爪を整える

足の爪が長いとすぐに穴が開いてしまいますね。ストーンなどをしているとそれが引っ掛かって伝線してしまうことも。できるだけ引っ掛かりのないデザインにすること、そして、足の爪は伸ばさずに整えておくことが大切です。

柔軟剤で伝線しにくいストッキング

ストッキングを伝線させにくくする方法があります。それは、買ってきたばかりのストッキングを柔軟剤で軽く洗いよく乾燥させます。それを冷凍庫に一晩入れておきます。

こうすることで、繊維が硬くなり、伝線しにくくなりますよ。

酢水につける

ストッキングを酢水につけると、繊維に弾力を与え伝線しにくくなると言われています。洗濯をするたびに酢水につけることで、長持ちもさせることができますよ。

伝線させない洗い方のコツ

ストッキングは手洗いすることで長持ちさせることができます。洗剤でていねいに洗い、水でよくすすぎ、タオルで水分をよく取ります。水分がタオルに吸収されたら室内や日陰に干します。

洗うときにはお湯を使わずに。お湯で洗うとストッキングの伸縮性を失わせてしまいます。

ストッキングの伝線を見つけたら?

透明のマニキュアやトップコートを塗りましょう。またはヘアスプレーなどをかけるという方法もあります。

サポート力の高いストッキングの履き方

サポート力の高いストッキングは無理やり引っ張ると、履いているときに伝線させてしまうこともありますね。そうさせない履き方を紹介しましょう。

ストッキングの中に手を入れてかかとの部分を内側からつかみ、かかとの部分だけ裏返します。その状態に足を入れて、かかとまで履きます。あとは通常のストッキングのように履いていきます。

網タイツのつま先に穴を開けない方法

網タイツなどはつま先に穴が開きやすいですね。穴を開けないようにするには、自分の足の色に一番近い色のストッキングを履いてから、網タイツを履く、つま先が隠れるカバーをつける、といった方法があります。

ストッキングの中の髪の毛を取る方法

ストッキングを履いた後、中に髪の毛が!ということはよくあること。焦って取ろうとするとストッキングを傷めてしまったり、伝線させてしまいます。

ストッキングの中の髪の毛を簡単に取る方法は、ガムテープ。ガムテープをストッキングの上からペタペタとすると簡単に髪の毛が出てきますよ。あまり乱暴に行うと、伝線してしまうのでできるだけていねいに行いましょう。

この記事をシェアする

関連記事