• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

食べ放題のスイーツへGO!戦略的な食べ方で100倍楽しもう!

Date:2014.09.18

スイーツ好き女子にとって食べ放題のスイーツ・バイキングは相変わらず大人気です。

「さあ、明日は友達とスイーツ三昧、せっかくだから出ているスイーツは全部制覇したい!」そう思う食いしんぼのあなたは「朝食抜きで行くわよ!」と気持ちは戦闘体制に入っていることでしょう!

でもちょっと待ってください!実は思う存分食べたい人は、朝食抜きはNGなのですよ!それはどうしてなのか?はい、それも含めての食べ方のコツを伝授いたしましょう!きっと満足度100倍のスイーツ・ビュッフェ攻略が楽しくできますよ!

ホテルなどで開催しているスイーツ・ビュッフェへGO!

都心などのホテルが女性をターゲットにしてスイーツ・ビュッフェを開催することが当たり前の世の中になってきました。

ホテルですとパティシエが作る本格的なスイーツがいろいろと食べられるのでおすすめです。お値段はちょっとはりますが、たまにはイイですよね。

元をとりたいからできるだけ食べたい!という花より団子の女子も多いことでしょう。でもいくら食べ放題だからといって、お皿を大盛りにして最初からガツガツ食べるのはやはり控えたいところです。

それではどうしたら、エレガントに食べながら満足のいくスイーツ攻略ができるのか?ここでちょっとチェックしてみたいと思います。

多く食べたい人こそ朝食抜きはNG!

私も経験があるのですがバイキング形式のパーティーなどに行く場合、沢山食べたいので、前の食事を抜いてしまうことがあります。でも抜いたのにかかわらず思っていたより食べられないものなのです。どうしてなのでしょう?

長時間、胃の中に物を入れないと胃が縮んでしまい、胃液の分泌も弱くなってしまうので、その結果、ものがあまり食べられなくなるのです。必ず当日の朝食は軽く摂るようにしましょう。お腹をすかすには体を動かすのが一番です!

全体を見て何を食べたいのかまず決める!

スイーツでも種類が沢山あるので、どれから食べていいかわからなくなり、「もうなんでもいいからテキトーに沢山とっちゃえ!」

そんな感じで食べだすと20分を経過した頃から満腹状態、胸やけまでしてきて、最悪は食べすぎでお腹が痛くなり体調不良を起こすことも。そんなようでは本末転倒です!

まず何を食べたいのか、最初に決めておきましょう。おかわりOKのところでしたら数回にわけて取りにいくようにします。基本は好きなものを食べていいのですが、効率的な食べ方というものがあるので、ここでお伝えいたしましょう。

食べ放題での効率的な食べ方とは?

①最初に手をつけるのはフルーツ系や寒天やゼラチンで固めてあるゼリー系がおすすめです。

②お口をさっぱりさせて、お店のお勧め品(その場で切り分けてくれるもの)や新しく出してきたもの、または好きなケーキやタルトなどに手をつけます。

③最後にアイスクリームやプリン、ムースなど、口の中で溶けるようなもので仕上げです。

この時、飲み物は炭酸飲料系やジュース類は避けてください。この飲み物だけで満腹感を得てしまうためです。ストレートティーかブラックコーヒーがケーキの甘みなどその都度リセットしてくれるので助けになります。

また、ランチ兼用のスイーツ・ビュッフェはサンドイッチやスコーンなども置いてあります。イギリスではサンドイッチなどを先に食べてから甘いスイーツを食べるのがマナーです。逆はマナー違反です。これは日本でも活かせるマナーですね!

食べ放題スイーツでもやはりエレガントに行動

ビュッフェスタイルは何度も席を立つ場合がありますので、人目につきやすいですよね。特にホテルでのラウンジやおしゃれな店内では、行動に注意が必要です。

行ったり来たりが多かったり、うろうろしすぎること、お皿に乗り切れないほどのスイーツを取ってくるのは、女性としては品格にかけます。また、席についた後で、多くのスイーツを目の前にすると食欲が一気に無くなる現象が起こります。

どちらにしても、沢山取りすぎることはあまりよい方法ではありません。小さなケーキなどを3~4個、お皿に取るのが丁度良いでしょう。

また、新しいスイーツをゲットしに行くとき、自分の使っているお皿を持っていくのはマナー違反です。お店の人がさげてくれるのでお皿はそのまま置いておきましょう。(各お店のやり方に沿ってくださいね。)

一番の戦略は楽しさ!

友達や彼氏と一緒に行く食べ放題スイーツの本当の楽しさは美味しいスイーツやティー、カフェを嗜みながら会話を弾ませることです。

食べることだけに集中するのではなく、楽しくおしゃべりをして過ごす…そんなひと時は、何倍にもなって満足感が得られることでしょう。

この記事をシェアする

関連記事