• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

意外と簡単!周りに迷惑かけず社内恋愛を長続きさせるコツとは?

Date:2014.02.08

社内恋愛を長続きさせるためには、隠して付き合うか、交際を周囲に知らせて付き合うかのどちらにするかを初期の段階で決めておくことがポイントです。

今回は、隠して付き合うコツと知らせて付き合うコツを経験者の女性に聞いてみました。社内恋愛を現在進行形の方もそうではない方もこの機会に長続きさせるコツを学んでみてはいかがでしょうか。

隠して付き合ったNさんのコツ

社内の同期の男性と付き合っていたNさん(26歳)は、当初から隠して付き合おうと決めていたそうです。まずはNさんに社内恋愛を長続きさせるコツを聞いてみましょう。

「別れた後のことを考えて、彼氏には隠すことを納得してもらったんです。もちろん別れるつもりはなかったですけど、どうなるかわからないし、破局によって仕事がやり辛くなったら困りますから。

でも決めたもののバレないようにするのは大変でした。仕事帰りで飲みや食事へ行きたくてもバレるかもと考えると行けませんでしたね。デートは彼氏の家がほとんどでしたが、秘密の共有が絆を強くしていきました。

それで3年くらい付き合ってから結婚を決めて、私は寿退社しました。隠すコツは、なるべく外でのデートを控えることだと思います」

隠して付き合ったKさんのコツ

社内の上司と付き合っていたKさんも4年付き合った後に結婚したそうです。彼女のコツとは?

「彼氏と出会うまでは会社を転々としていたので、社内恋愛をしている女性を数多く見てきました。みんな付き合っているときは幸せそうですが、別れると修羅場的になることもあって、私は絶対社内恋愛しないと決めていたんです。

でも、彼氏と恋に落ちてしまって、隠したい理由を話して納得させた上で付き合いました。会社ではなるべく離れることとよそよそしくすることを決めて、2年半付き合って結婚しました。

隠すコツと言えば、やっぱり他人を装うことです。会社の同僚で他人、だから親しく笑顔で会話はしない。

そうすると周囲にバレることはないと思います。付き合いを隠していると、結婚報告がサプライズ的な盛り上がりになるので驚かせることが好きな人にもお勧めしたいです」

知らせて付き合うAさんのコツ

社内のモテ男として人気があった男性と付き合ったAさん(27歳)は、周囲に知らせることで女性たちを彼氏から遠ざけたと言います。

「バレンタインや誕生日にはプレゼントの嵐に襲われるほどのモテ男だったので、付き合っていることを知らせて邪魔されないようにしたんです。

でも、嫉妬や陰口を言われるようになって、もう付き合いをやめようかと思うこともありますが、彼氏が励ましてくれるのでなんとか付き合いを続けています。

付き合って3年になりますけどここまで続けられたコツと言えば、周囲の目に気を付けることでしょうか。仲良くしているところを見せると反感を買うだけなので、仕事で用がある時でも極力近寄らないでメールや電話を使っています」

知らせて付き合ったHさんのコツ

同僚の男性と付き合っていたHさん(31歳)は、隠れた付き合いをしたくないという彼氏の気持ちを尊重して周囲に知らせたそうです。5年間付き合ったHさんのコツとは?

「私は言いたくなかったんですけど、『みんなに言ったほうがデートしやすいし、変に噂されることもないと思わない?』と彼氏に言われて。芸能人じゃないんだから隠す必要もないと思って同僚たちに言いました。

みんな祝福してくれて、レストランに予約している日を言っておけば残業分の仕事を手伝ってくれる人も居て、順調に付き合いを続けることができました。でも結局、彼氏が昇進による異動になって遠距離恋愛の末に別れちゃいましたけど。

それでも喧嘩もほとんどせず、円満な付き合いを続けましたから言ったことに後悔はありません。社内恋愛を知らせた上で長続きさせたいなら周りの理解を得ることでしょうか。

そのためには仕事を頑張らなくちゃいけないわけですが、仕事を手伝ってもらうときなんかは拒絶せず甘えることも大切だと思います。時には甘えて、今度は甘えた分以上に自分も助ける。そうやって信頼関係を築いていくと彼氏との関係も平和ですよ」

彼氏と話し合って「隠す」か「知らせる」か決断を

社内恋愛のコツを聞いて隠したいと思いましたか?それとも知らせたいと思いましたか?どちらにせよ、あなただけではなく彼氏と意見を一致させる必要があります。

ご紹介した女性たちのように社内恋愛を始める時には隠すか、知らせるかを決めた上でオリジナルの恋愛スタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事