• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

たかが顔写真、されど顔写真…常にカメラは向けられていますよ!

Date:2014.01.08

ソーシャルネットワークの普及で自分の写真写りが人生を左右する?!

スマートフォンやタブレットPCの爆発的な普及に伴い、Facebook、LINEにインスタグラムの様なソーシャルネットワーキング(SNS)が盛んになり、芸能人や政治家でもないのに世間の目に知らずにさらされている…なんて事も多いですよね?

無意識で撮られてしまった写真は仕方が無いにしても、せめて写ると分かっている写真には「良い笑顔で撮られたい!」と願うのが女性の常…。

「たかだか写真でしょ?」と余り深く悩まないのも良い対処法です…が、最近はそうも言っていられない状況になっている様なのです。

写真写りでその後の人生が分かる?!

人生の節目節目でやはり写真というのは私達の人生に深くも関わってくる事も多く、卒業写真に、運転免許証、就職・転職の際の履歴書に張る証明写真、そしてお見合いや結婚式など挙げたら結構ありますよね?

しかも、就職やお見合い写真等は写りが良いかどうかで相手に気に入ってもらえるかどうかが左右されてしまうのです。

しかも、アメリカで行われた大学の卒業写真を使っての調査では、卒業アルバムに自然な笑顔で写っている女性と笑顔で写っていない女性とを比較したところ、その後の30年間の人生に大きな違いが出たというのです。

笑顔で写真写りの良かった女性達の人生はそうでない女性達に比べると、より幸せな結婚生活を送りそして健康的でもあったそうです。

また、第三者に彼女達の卒業アルバムを見てもらい人柄を判断してもらったところ、写真写りの良い女性達の評価は高く、「自信に満ちている…」とか「明るくて前向き」という回答が多かったそうで、意外にも1枚の写真写りの良さとその後の人生との関わり合いが浮き彫りにされたのです。

思春期の子供達にとって、写真写りは人格形成を左右する

10代の思春期の子供達にとって、学校や家庭などの社会も彼らの性格や人格を形成する上で大切な要素では有りますが、オンライン上のヴァーチャルな社会も現代の若者にとっては自分の姿を映し出す重要な役割を担っているのです。

特に、思春期の女の子はただでさえファッションモデルや女性タレントの顔や体型に近づけようと、自分の‘見た目’を日々気にしているので、オンライン上の自分の姿が良くないと、落ち込みやうつ病等から摂食障害などを引き起こしかねないですし、またイジメや嫌がらせの対象になってしまう恐れもあり、彼女達にとっては正に死活問題なのです。

写真写りを良くするには?

写真写りの重要性が高い事は分かりましたが、それではどうやったら 運転免許証の写真にありがちな‘犯人の手配写真’の様な写りの悪さを避ける事ができるのでしょうか?

自然な笑顔

やはり、自然に笑っている時というのは人が一番魅力的に見える時ではないでしょうか?でも、明らかに‘無理して笑顔を作っています’という笑顔では魅力も半減。

写真を取る直前にお祭りのパレードを見る、ママの人は子供が幼稚園や保育園で初めてのお遊戯会に出ている所を想像してみてください。そうする事で、自然な微笑みが浮かんでいるはずです。

そして、‘目は口ほどにものを言う’という通り目も微笑んでいないと自然な表情は出ません。良い写真を撮る為には多少の目じりのシワには目をつぶりましょう。

笑顔にはキレイな歯が必要

日本でもここ最近は歯科矯正や歯のホワイトニングという言葉も珍しく無くなってきましたが、やはり良い笑顔にはキレイな歯が欠かせません。歯が汚れている、欠けている、あるいは歯並びが悪いと隠そうとして笑顔になれないという人も結構多い様です。

タバコ、赤ワイン、お茶やコーヒーなどを良くのむ人は直後の歯磨きやホワイトニング成分が入った歯磨き粉を使用する事をお勧めします。でも、出来ればそれらの歯を汚す原因は避けた方がフォトジェニックになる近道。

また、ベリー系やローズ系の口紅を使うと歯を白く見せる事も出来ると言われているのですが、普段からどの口紅の色が自分の顔に合うか、歯が白く見えるかを知っておく事が大切です。

それから‘いつも口紅が歯についてしまう…’という方は、口腔乾燥症(ドライマウス)や歯垢がきちんと取れていないという疑いがあるので歯磨きプラス、マウスウォッシュを徹底しましょう。

それでも歯の汚れが気になる、歯の並びがちょっと…という方は是非、歯科医や歯科矯正医に相談してみて下さい。

顔の向き

「下から写真を写されると顔が大きく見えるし、美しく撮れない!」と言って、思いっきり顔を下向きにして結局は‘2重アゴ’で、‘睨んでいる様’に写ってしまった…なんて経験は有りませんか?

顔の向きは右か左、自分の自信がある方の顔をカメラにほんの少し傾け、アゴを引く程度が一番キレイに写るそうです。

自分で撮った写真なら、一番写りの良い物をオンラインに載せる事も出来ますが、友達や同僚のスマホやタブレットで撮られた時はどうしようもありません。なので、普段から自分の携帯やカメラを使って、一番良い角度や‘写り方’を見出しておく事も大切です。

この記事をシェアする

関連記事