• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ファッションから笑顔まで。あなたの写真写りを良くする方法

Date:2014.06.03

写真写り、よくなりたいですよね。せめて、実物と同じくらいには見せたい・・・。どうやったら、写真写りがよくなるのか?

ファッションや表情からそのヒントを探ってみましょう。

1.ファッション

あなたの魅力を引き出すデザインと、あなたの肌色に合う服を選びましょう。服だけが悪目立ちしたり、逆に顔色をさえなく見せたりするようなものは避けます。

2.表情も大切

目も笑うことを忘れずに。

例えば、カメラマンや、カメラの向こうの人があなたのよく知る人で、その人とともに瞬間を楽しんでいる、といったイメージを持つと、あなたの笑顔はすぐに自然で魅力的なものに変わるでしょう。

3.二重あごに写らないようにするには

二重あごに写りやすいという人は、舌を上あごにつけて写真に写るようにしましょう。カメラを目より少し上目から狙ってもらうようにするのも手です。

4.撮られる瞬間の作法

シャッターを切る瞬間には、息を止めないように。固まって見えます。

リラックスして、まるでカメラなどそこにはないようにすること。緊張することはありません。

5.姿勢にも気を使って

表情と同じくらい、姿勢も大切です。一番は、背筋。すっと伸ばした背筋で写れば、それだけで写真写りがぐっとよくなります。肩肘を張ろうと無理をしすぎないようにしましょう。

写真に写るとき、女性は身体の片側に体重をかける傾向があり、一方男性は体重を平均的にかけて立つことが多いですね。より写真写りがよい姿勢はこれ。

少しだけ身体をななめにし、片側に体重をかけます。体重をかけた方の足を前にだして写りましょう。リラックスした魅力的な感じに写ることができます。この姿勢は練習あるのみです。

6.笑顔のコツ

笑顔はよいことですが、大きく笑いすぎないこと。大げさに見えてしまいます。最大の笑顔の4分の3程度の笑顔ができるように練習しましょう。リラックスした素敵な笑顔に写ることができます。

7.最後のコツ

カメラを真っ直ぐに見つめないこと。レンズの少しだけ上を見るのがコツです。これによって赤目を防ぎ、自立したイメージに写ることができます。

8.練習あるのみ!

これらのコツを、鏡を見てとにかく練習しましょう。少しずつ写真写りが良くなってきます。

写真写りが良くなるコツ、いかがでしたか?運によって可愛く写ったり、写らなかったりした過去もあった私たち。

これからは写真写りもコントロールできるようになるはずです!この記事がお役に立ちますように。

この記事をシェアする

関連記事