• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

加工なしでも痩せて見える!写真写りが良くなる簡単な裏技

Date:2014.10.18

思い出の写真。本当はもっと背が高くて痩せてるはずなのに、どうして小さく太って見えるんだろう?それもそのはず。写真は実際より2キロくらい太って見えるのです。

もともと本来とは違ったように写る写真ですが、その構造を逆手にとって加工なしでもスタイル良く見える裏技があります。

低めのアングルから全身を撮る

先ほど言ったように、周りの人があなたを見ている様子と写真のあなたの写り方は違います。もともと背が高くても写真の撮り方によっては背が低く見えてし合うことがあるのです。

これを解消するのが、低めのアングルから移してもらうこと。友達や彼氏にはひざをついてもらい(かわいらしく頼んでみて!)、まあ、ひざをつくほどまではいかなくてもあなたの腰より下くらいのアングルから全身を撮るようにするだけでだいぶ違います。

フレームの縦いっぱいに自分を入れる

フレームの上ぎりぎりに自分の頭、フレームの下ぎりぎりに自分の足が来るように撮ると、背が高く、痩せて見えます。

他にも、自分より大きなものを背後に撮ることでその効果がアップ!たとえば遠くにある木々と一緒にフレームいっぱいで撮ってみてください。

足をクロス!

足をクロスすると、実際より足が長く見えます。試しに同じくらいの身長の友達と並んで立ち、一人はまっすぐ立ち、一人は足をクロスして写真に写ってみて。

こんな簡単なことでスタイル良く見えるのかとびっくりしますよ。

ハイウェストのボトムス

ハイウェストのパンツやスカートなどを履くと、下半身が長く見えて結果、スタイル良く写ることができます。

一番脚長効果があるのは、ハイウェストのフレアパンツ!この格好で下目のアングルから撮れば・・・最高にきれいに写ることができますよ。

大股で歩く

いかにもさっそうと、どこかに出かけると言った雰囲気のモデルの写真、雑誌でよく見かけますね。この「歩いている」瞬間のポーズって足が長く見えるのです。コツは、大股で歩くことです。

いかがでしたか?たかが写真、されど写真。思い出の写真でもきれいに輝いていたいですものね。

この記事の複数のコツを動員して写真を撮れば、背が高く、スタイルも良いあなたがばっちり記録に残ること間違いなし!

とっておきの服を着替えつつ友達と写真を撮りっこして、最高の自分達を残す「撮影会」を開催しても楽しいかもしれませんよ。この記事があなたの輝く一枚を作る参考になれば幸いです!

この記事をシェアする

関連記事