• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美脚に見せるショートブーツの選び方と履き方

Date:2013.10.24

ショートブーツとは、ふくらはぎの真ん中くらいまでの長さのブーツのことです。また、最近は通販などで、足首までの長さであるアンクルブーツやブーティーも、ショートブーツのカテゴリに入れているショップがあります。

ショートブーツといわれる靴は脚を見せるので、モノによっては脚が太く見えたり、短く見えてしまうアイテムです。しかし、上手にショートブーツを選べば、美脚効果が期待でき、脚が細く見えます。

今年流行のエンジニアブーツ

今年は、メンズライクなファッションアイテムが流行します。特に、ショートブーツの中でも使いやすいメンズライクなアイテムは、エンジニアブーツです。シンプルなデザインが多いので、さまざまなファッションアイテムとよく合います。

エンジニアブーツを選ぶ際は、履き口に注目しましょう。履き口に余裕があるエンジニアブーツは、特に脚が細く見えます。

ショートブーツ上級者にオススメ!フリンジつきショートブーツ

まず、初心者にオススメなのは、フリンジがついたショートブーツです。フリンジがついていることによって、ブーツ自体にボリュームができ、ブーツに入れている脚が細長く見えるのです。

しかし、フリンジがついたショートブーツはデザインが個性的で、どうしてもファッションを選んでしまいます。フリンジがついたショートブーツを履く時は、服装もシンプルなものを選びましょう。

なお、ムートンブーツもフリンジブーツと同様、シルエットにボリュームがありますので、同じ効果が期待できます。ただし、ムートンブーツは特に、靴の形が長靴に見えてしまうため、異性や年配の人からの評判があまり良くありません。

しかし、ヒールがなく歩きやすいので、旅行やショッピングなど、女性同士の冬のお出かけには最適なアイテムです。

ブーティーやアンクルブーツは難易度が高い?

ショートブーツよりさらに足首が強調されるのが、アンクルブーツやブーティーです。特に、最も履きこなしが難しいといわれているのはブーティーですが、形によっては美脚に見えるものもあります。

例えば、足首から足の甲にかけてスリットが入っているもの。脚のラインが縦長に見えるので、足首の太さは気にならなくなります。その他、履き口が折ってあるものや飾りがあるもの、レースアップになっているものも足首が細く見えます。試着して、自分に合ったものを見つけましょう。

美脚に見える履き方

ショートブーツを選んで美脚に見せたい時は、スカートよりもパンツに合わせましょう。特に、スキニータイプのパンツやレギンスと合わせると、美脚効果に加え、脚長効果も期待できます。

もしスカートと合わせたい場合は、ブーツの色とタイツの色を黒にしましょう。脚長に見え、すっきりしたシルエットになります。余談になりますが、最近は着圧タイツといって、タイツそのものが美脚に見せてくれるものもあります。合わせて活用しましょう。

また、ショートブーツを履く際、スカートやショートパンツに合わせて、カラータイツや柄タイツと合わせる人がいます。しかし、これは上級者向けのアイテムです。なぜなら、脚が見える面積が大きくなるので、色が派手なものや、柄が大きなものは浮いて見えます。

かといって、黒いタイツばかりというのも、遊び心がありませんよね。もし黒タイツ以外の色を選ぶなら、初心者はグレーやブラウン、ネイビーから合わせてみましょう。柄を選ぶ場合は、縦にラインが入っているものや、小さな柄が入ったものが脚をキレイに見せてくれます。

ショートブーツのいいところは、色合いによって秋から春頃まで、長いシーズン履けることです。自分のファッションに合ったショートブーツを選んで、オシャレを楽しんでくださいね。

この記事をシェアする

関連記事