• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美肌成分たっぷり!低脂肪の植物性ミルクにみんな注目してる!

Date:2015.08.04

shutterstock_281456603 - コピー

最近、美意識の高い女性達が次々と“脱牛乳”していることをご存知でしょうか。

牛乳に比べて低脂質、気になるエイジング対策にも良いとされるビタミンが豊富な「植物性ミルク」に注目が集まっています。

海外から続々と上陸している新世代のミルクについてご紹介します。

大注目の植物性ミルク!知っておきたい3つはこれ

話題の“植物性ミルク”、さまざまな種類が市販されていますが、中でも押さえておきたい3種類をご紹介します。

アーモンドミルク

植物性ミルクの火付け役であるアーモンドミルクは、アーモンドを細かく粉砕し溶いてできます。

アーモンド特有の甘い香りと天然の甘みがあり、おやつ代わりに飲むのにもおすすめです。アーモンドミルクに含まれている栄養成分はこちら。

    ビタミンE
    エイジング対策に関心がある人なら一度は聞いたことがある抗酸化成分のひとつ。細胞の酸化を抑え、若々しい肌を保ちます。
    ビタミンB2
    脂肪をエネルギーに変える時に使われるビタミンで、ダイエットをしたい人には欠かせません。また、脂肪を燃やしたエネルギーで体の成長を促したり、肌や髪の健康を保つことでも知られています。
    オレイン酸
    植物オイルの主成分で、一価不飽和脂肪酸の一種。悪玉コレステロールの働きを抑制する働きがあります。血液をサラサラにすることで栄養の吸収を良くし、老廃物の排出もスムーズに。

アーモンドミルクはコップ一杯で約40キロカロリーほど。牛乳の3分の1ほどしかなく、カロリーコントロールでダイエットをしている人にも強い味方です。

ライスミルク

2015年の注目飲料として新聞でも話題にのぼったライスミルク。玄米を原料にしたミルクで、米の粉を水で溶いたり、炊いたものを水と混ぜたりして作られます。

タンパク質や脂質がほとんど含まれておらず、さっぱりとした口当たりと、お米の甘みが楽しめるミルクです。ライスミルクの主な栄養成分は以下です。

糖質
ライスミルクの原料である米は炭水化物。その食物繊維を抜いた分が糖質です。ライスミルクにも糖質がたっぷりと含まれています。糖質は吸収が良く、脳や体を動かすエネルギーとしてもっとも消費されます。
食物繊維
米をすり潰して作られているライスミルクには、米の食物繊維も含まれています。便通や血行不良の改善に必要な成分です。

牛乳やアーモンドミルクに比べ脂質が非常に少ない分、糖質が含まれているので、消化吸収に優れ、栄養補給が手軽にできるのが魅力です。

ヘンプミルク

ヘンプミルクは、最近ミラクルフードと名高い麻の実を原料にしたミルクです。

必須アミノ酸9種類がすべて含まれる栄養価の高さで注目されています。ヘンプミルクの主な栄養成分はこちら。

ビタミンE
「アーモンドミルク」欄参照。
必須アミノ酸9種類
人体で生成できないアミノ酸で、麻の実に9種類すべてが含まれています。体の成長を促すもの、神経を休ませリラックスさせるもの、免疫力を高めるものなど、9種すべてが健康を保つ上で重要な働きを担っています。
鉄分
ヘンプミルクには、豆乳の1.5倍の鉄分が含まれています。 鉄分は血液の一部となり体の働きを助けたり、筋力を向上させたり、肌の弾力の正体であるコラーゲンの生成を助けたりします。
オメガ3
アーモンドミルク欄でも紹介した、不飽和脂肪酸の一種。悪玉コレステロールの抑制や、新陳代謝を促進しアンチエイジングの効果も期待できます。

まだ国内での販売も珍しいヘンプミルクですが、その栄養価の高さからも、今後間違いなく流行しそうな植物性ミルクです。

飲んでも太りづらい!植物性ミルクがダイエットに良い理由

ここまで紹介したとおり、注目の植物性ミルクは栄養が非常に豊富です。さらに、ダイエットの補助アイテムとしても人気です。

その理由に、

  • 牛乳に比べ脂質が低い(カロリーが低い)
  • 不飽和脂肪酸がふくまれており、脂肪になりづらい
  • ビタミンやミネラルなど、美容成分が豊富
  • 砂糖を使わなくても自然な甘みがある

こうしたことが挙げられます。

おやつに、料理に…牛乳の代わりに使ってみよう

shutterstock_255028519 - コピー
使い方はいたってシンプル。牛乳を植物性ミルクに置き換えるだけでOKです。

  • カフェラテやフルーツミルクを作る時の牛乳代わりに
  • シチューやスープなどの料理に
  • お菓子の材料に

また、水に溶かして作るパウダー状になっているものもあり、濃さを調整して作ったり、料理の材料にしたりと、さまざまな使い道で植物性ミルクの栄養を摂取できるようになっています。

美味しいから続けられる!ずっと美しくいたい人に…

shutterstock_270716228 - コピー
ダイエットに良い、とされているものの多くは、美味しくなかったり、習慣にするには美味しくなかったりして、続けづらいものが多いですよね。

その点、植物性ミルクは素材の甘みがあり飲みやすく、牛乳のようなくさみが少ないのが特徴です。ダイエットをしていない人でも、美肌や健康な体を維持するために続けている人はたくさんいます。

脂質が少ないためさっぱりしていて消化吸収にも良く、牛乳を飲むとお腹を壊す、という体質の人が多い日本人にはおすすめの食品と言えます。

今回ご紹介したもの以外でも、次々と新しい植物性ミルクが上陸しています。この機会に、ぜひ“牛乳以外の選択肢”を試してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事