• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「捨てちゃ駄目!」食べきれない野菜や食品は捨てずに美容アイテムへ

Date:2013.11.25

一人暮らしの方や料理好きで食べきれないほど食材を購入してしまう方などは、賞味期限内に消費出来ずに食べ物を捨ててしまうこともあるでしょう。

自分が使いきれる量を購入することが一番良いことですが、1人分や5人分など希望通りの量を購入することは難しいですよね。今回は、食べきれなかった野菜や食品を美容アイテムとして活用する方法をご紹介します。

豆腐美容法

お味噌汁や麻婆豆腐には欠かせない豆腐ですが、賞味期限が短い商品が多いので食べきれずに捨ててしまうこともあるでしょう。豆腐に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをするので食べるだけではなく体に塗っても様々な効果が期待出来ます。

例えば、豆腐を崩して顔に伸ばせば簡単豆腐パックの完成です。10分ほどパックした後で良く洗い流すと肌に潤いを感じることが出来るでしょう。

また、豆腐には体毛を抑制する効果もあります。体毛抑制と使う場合も顔パックと同様に豆腐を崩して気になる部分へ塗ってしばらく放置しましょう。

除毛クリームではないのですぐに体毛がなくなるわけではありませんが、続けることで徐々に薄くなっていくので、豆腐が残った際には顔や体に使ってみてはいかがでしょうか。

はちみつ美容法

パンケーキやヨーグルト、アイスのトッピングに最適のはちみつですが、なかなか使いきれずに残ってしまうという方は居ませんか?はちみつには、抗菌作用や消炎作用があるので肌や顔の美容アイテムとして様々な効果が期待出来ます。

例えば、普段お使いの洗顔石鹸にはちみつをプラスさせることで、肌に潤いを与えることが出来ます。洗顔方法は、普段通りに洗顔石鹸を泡立ててから少量のはちみつを加えて顔を洗い、あとは洗い流すだけです。

洗顔石鹸だけではなくボディソープに混ぜることも出来るので、全身に潤いを与えたい時にもはちみつはお勧めです。また、ダメージヘアの方にもお勧めです。シャンプーに少量のはちみつを混ぜて普段通りに洗って流すだけで、髪の潤いを実感できるでしょう。

キュウリ美容法

サラダや漬物に使えるキュウリが残った時には、顔パックに使うことをお勧めします。水分量が多いキュウリは、肌のほてりを抑える効果や保湿効果、毛穴引き締め効果が期待できるので日焼け後の肌にも最適です。

テレビドラマなどで顔にキュウリの輪切りを乗せているシーンをご覧になったことがあるかもいるかもしれませんが、キュウリの水分を最大限利用するためにはすりおろして使うことをお勧めします。15分から20分程度放置した後でよく洗い流しましょう。

洗面所で使う場合はすりおろしたキュウリが詰まることもあるので、予めティッシュなどで顔を優しく拭き取ってから流すことをお勧めします。

また、キュウリには光毒性があります。光毒性とは、紫外線を浴びるとシミやそばかすが出やすくなるなど太陽と相性が悪くなることです。紫外線の影響を受けないようにキュウリパックは夜に行うことをお勧めします。

ヨーグルト美容法

腸内環境を整える働きをするヨーグルトは、朝食に最適ですが特売日等に買い過ぎて賞味期限切れなることも多いのではないでしょうか。そんな時には、顔パックとして利用しましょう。

ビタミンやフルーツ酸、カルシウムが豊富に含まれているヨーグルトには、保湿効果や美白効果、毛穴を引き締める効果が期待出来ます。顔パックにする際には無糖ヨーグルトに少量のオリーブオイルを垂らして顔に塗るだけです。

オイル以外にも乳液やはちみつを混ぜても良いでしょう。パックが乾いたら洗い流すだけなので、朝の忙しい時間にもお勧めの美容法です。

無糖タイプのヨーグルトにすることで、ジャムやハチミツなどご自身で好きな甘味をつけることが出来ますし、ヨーグルトソースとして料理に使うことも出来ます。食べきれることもあるけれど、消費出来ないことのほうが多い方は無糖タイプを購入してみてはいかがでしょうか。

牛乳美容法

コーンフレークやクリームシチューなどに大活躍の牛乳ですが、なかなか使いきれずに捨ててしまう方には、牛乳洗顔をお勧めします。牛乳には潤い効果や保湿効果、シミ予防が期待できます。

牛乳を少量手にとり顔に伸ばしましょう。その後はぬるま湯で洗い流し、普段通りのスキンケアを行うだけなのでとっても簡単です。肌荒れがある場合には、コットンに牛乳を染み込ませて気になる部分に乗せてパックしても同様の効果が期待出来ます。

最初は牛乳の香りが気になることもあるでしょうが、使い続けるうちに徐々になれていくでしょう。

肌に塗る際の注意点

ご紹介した美容法を試す際には、あらかじめパッチテストをすることをお勧めします。また、賞味期限が過ぎた材料を使う場合は、くれぐれも口の中に入れないようにご注意ください。

この記事をシェアする

関連記事