• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性の薄毛は食事で対策できる!摂りたい食材と避けたい食材

Date:2014.04.28

女性は男性に比べたら薄毛になりにくいのですが、加齢とともに髪の毛のこしがなくなり、髪が弱くなっていくため、髪が抜けやすくなっていきます。そのため、年齢が上がると髪の毛の量が少なくなってしまい、悩む女性も多くなるのです。

でも、それはしょうがないことと諦めるしかないのでしょうか?いいえ、髪の毛の若さと質、健康状態は食事で改善ができるのです!是非エイジングに負けない、健康な髪づくりを食事で目指してみませんか?

髪の為に避けたい食材

1. 砂糖

砂糖はスウィート好きな女性にとって、ついつい摂りすぎてしまうものですよね。でも、この砂糖は一般的な健康を害してしまうばかりでなく、抜け毛や不健康な髪の毛に導いてしまうものなのです。

また、白髪の原因にもなります。また、切れ毛の原因にもなるのです。砂糖は健康全般のためにも量を制限したほうが良いでしょう。

2. 塩

砂糖同様、塩も私たちが日常生活で過剰摂取しやすいものですよね。ちょっと味の濃いスナック菓子を食べ過ぎたりするだけでもすぐに塩分の摂りすぎになってしまいます。

塩分は人が生きていくのには必要なもので、体内の電解質のバランスを維持するのには必要なものなのですが、摂りすぎは髪の毛にとってマイナスにしかなりません。

3. MSG

MSGというとちょっと聞き馴染みがないという方が多いかと思いますが、これは所謂、味の素のようなうま味調味料、グルタミン酸ナトリウムのことなのです。

この化学調味料はインスタント食品やコンビニのお弁当、ソーセージ、ハンバーガー、フライドポテト、スナック菓子類など、多くの食品に使われています。これらは過剰に摂りすぎると健康に影響がある上、抜け毛の原因になります。

MSGは気を付けていても、ちょっと外食やお惣菜などからすぐに摂取してしまうものなので、あまり出来合いのものやインスタント食品を食べないということから注意していきましょう

4. 人工甘味料

カロリーが気になるということで人工甘味料を摂る方もいらっしゃるかと思いますが、人工甘味料は百害あって一利なしです。

カロリーが抑えられるのでは?と思われるかもしれませんが、実際のところ、人工甘味料を摂ることで逆に太ってしまうという調査結果もあるのですから、全く意味がありませんよね。

これはダイエットには意味がなく、健康に害があるばかりでなく、髪の毛の健康にも害があるのです。カロリーゼロのダイエット炭酸飲料のようなものはあまり飲まないようにしましょう。

髪の毛の為に摂りたい食材

1. 魚

サバやイワシなどの青魚や鮭などはオメガ3脂肪酸をたっぷり含んでいます。これは髪の毛の艶や光沢を促してくれるのです。更には毛根を強くしてくれる働きがあるので、抜け毛予防にもなります。

2. 卵や脂肪が少ない肉

卵や脂肪が少ない肉には髪の毛の原料であるアミノ酸が多く含まれており、髪の健康に役立ちます。卵にはビタミンB12とB7が豊富に含まれており、これらが髪の毛の成長を促してくれるのです。

また、鶏肉のような脂肪分が少ない肉を摂ることで、余分な脂肪を避けながら、髪の毛をダメージから保護してくれ、髪の毛を強くしてくれる作用があるタンパク質を豊富に摂取することができます。

いかがですか?身近な食材を摂ることで薄毛対策ができる一方で、気づかずに摂ってしまう髪の毛に悪い食材も身近にあるということがお分かりになったかと思います。

ぜひこちらを参考に、身体にも髪の毛のためにも、健康的な食生活を送るように心掛けてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事