• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダイエットの時間がない?日常生活で上手く食事制限をする方法

Date:2014.07.02

ダイエットをしたい…そう思いながらも、忙しいがために思わず外食ばかりしてしまったり、インスタントやファーストフードに頼ってしまったり、野菜もそんなに入っていないようなパスタ一つで済ませてしまったりなど、不健康な生活を送ってしまっているなんてこと、ありませんか?

綺麗に痩せるには、まず健康的な食生活を送ることがカギとなります。リンゴだけ食べるといったような単品ダイエットをすればよいというわけではないのです。悪い食事を制限して、健康的な食生活を送れば、自然に身体はすっきりとしてきます。

でも、それが時間がネックとなって実現できない…そう悩まれるようであれば、こちらでご紹介する方法をまずは試してみませんか?気づいてみたら痩せていて、健康的になっていたなんて日も遠くありませんよ!

新鮮なハーブを使う

バジル、ミント、オレガノ、セージなどのハーブは料理のアクセントとなるため、料理に入れる塩分を少なくすることが可能となります。そのため、新鮮なハーブを使うことで、塩分の摂り過ぎを防ぐことができ、身体がむくんでしまうのを防いでくれます。

また、ハーブはデトックスなど、色々な健康効果があるため、ぜひ積極的に取り入れましょう。ハーブの鉢植えを用意しておけば、いつでも必要な時に使うことができますし、密封容器にハーブの葉だけ入れて冷蔵庫に保管しておけば、ハーブの種類にもよりますが、1-2週間ほど持ちますよ。

ちょっと野菜が足りないかなという時に、出来合いの物やテイクアウトの料理に少しかけることもできるので、重宝します。

バナナを凍らせておく

バナナはダイエッターにとって強い味方です。おやつ代わりとして食べたり、朝ごはんのトーストにのせて食べたりすれば、便秘やむくみ解消にも効果が期待できます。そんなバナナですが、少し飽きてしてしまったときにお勧めなのが冷凍バナナです。

バナナは凍らせることでポリフェノールが増え、美容にも健康にもうれしい効果が期待できるのです。皮をむいたバナナをラップをしたり、冷凍バッグなどに入れて凍らせておけば、朝の忙しい時にも、他の果物と一緒スムージーを作ることもできます。

満腹感も出るので、ダイエッターの朝ごはんとしても最適です。また、おやつ代わりに冷凍のバナナを食べれば、アイスクリームが恋しい季節にも代用品として満足できますよ。

市販のドレッシングをやめる

市販のドレッシングには不健康な脂肪や保存料などの化学物質が入っています。折角野菜を食べているのに、ドレッシングで元も子もなくなるのではどうしようもないですよね。

そこで、市販のドレッシングはやめ、バルサミコ酢やオリーブオイルと塩、または手作りのドレッシングを使うようにしましょう。

手作りのドレッシングは自分で何を入れているかが目に見えてわかりますし、時間があるときに作っておいて密封容器などに保存しておけば、負担にならないでしょう。

ヘルシーな食材を常備しておく

家にある不健康なものは処理してしまい、健康的な食材だけを置いておきましょう。手に届くところにあるものが健康的なものであれば、間食も自然とヘルシーなものになります。

前の晩に朝食の下準備をしておく

朝時間がないからと手軽さだけの栄養のないものばかり食べていると、結局お腹が空いて、不健康なものに手が出やすくなり、余分な間食も増えてしまいます。そのためには、前の晩にある程度朝食の準備をしておきましょう。

例えば、スムージーの果物を全部切っておく、サラダを作っておくといったことをしておくのです。そうすれば、忙しい朝でも栄養があるものを食べることができます。

薄力粉をオーツ麦に

薄力粉は加工されて、漂白され、栄養素が落ちてしまっており、身体にはあまりよくありません。そこで、代わりにオーツ麦をフードプロセッサーで細かくしたものを代わりに使いましょう。全粒粉を使うのも良いでしょう。

パスタを野菜に

パスタは薄力粉同様、グルテンが含まれ、非常に加工されてしまっています。そこで、ニンジンやキュウリ、ズッキーニなどをピーラーで麺のようにしたものをソースでからめ、パスタ代わりに食べてみましょう。不思議とパスタを食べているような食感が楽しめます。

フレーバーウォーターを作っておく

喉が乾いたら手軽なジュースや炭酸飲料に手が行ってしまいがちです。そこで、ちょっと口寂しい時に飲めるフレーバーウォーターを自分で作っておきましょう。

レモンやミント、ライム、キュウリ、オレンジなどをスライスして水に入れておくだけなので、手間もかかりません。自分が好きなものを作っておいて持ち歩けば、甘い飲み物の誘惑に打ち勝てますよ。

バターをアボカドに

ビーガンの人が行うように、動物性油脂のバターの代わりに森のバター、アボカドを使いましょう。お腹周りがすっきりしてきますよ。

この記事をシェアする

関連記事