• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

食器洗浄機を節約するためには、食器の汚れを減らせばいいだけ!

Date:2014.03.19

食洗機の洗剤を節約するためにどうすればいいか?それは食器についている汚れが少なくなれば石鹸の量も少なくて済むということになります。

そこでお勧めしたいテクニックがあります。とっても簡単ですから、是非お試し下さい。

カラーの食器洗いスポンジを4枚用意する

それと同時に、それらのスポンジを収納できるスポンジ置きも用意しておいてください。シンクの横へ吸盤で付けるタイプが便利ですね。例えば、ピンクと青と黄色と緑のスポンジを用意します。

なぜ4枚用意するのかというと、手洗いの時用と、食洗機用で2つに、まず分けます。手洗い用の洗剤は、食洗機には入れてはいけないことになっているからです。

取説では食洗機に、手洗い用の食器洗剤を入れると、泡で機械が止まって故障すると書いてあります。そこで、手洗い用と、食洗機用とで各2枚ずつ用意しましょう。

さらに、①グラス、コップ専用②それ以外のものとにスポンジを分けましょう。これで4枚いることになります。そして、実際に食事の後、すぐに、食洗機に食器を入れるのは控えましょう。

大きな汚れはとる

先ほどのスポンジが大活躍します。水をチョロチョロ流しておきます。そこへ、スポンジで、大きな汚れをとっていきます。ここで、結構綺麗になるまで取りましょう。

お茶碗だと、こびりついたお米が全部とれるくらいです。パスタだと、ソースが全部とれるくらいです。そうしてならべていきましょう。見た目はまるで洗った直後のような感じです。

それからいつものように食洗機にかけましょう。このとき、普段使用する洗剤の半分で大丈夫なんです。いつものように回しましょう。

いかがでしょうか?これですと、汚れも普段よりもとれますし、洗剤代金も節約出来ます。そして、朝や昼などの、あまり汚れていない食器やコップは、食器洗浄機を使わずに、手洗いしてしまいましょう。

その時も、グラス、コップとそれ以外でスポンジを変えます。そうすることで、普段よりも、コップの方の洗剤が少しで済みます。それと、ポイントは使わなかったスポンジは一日の終わりには必ず石鹸で洗って保管しておきましょう。細菌がつく原因になります。

これですと、食洗機の中の汚れも少なくてすみますから、食洗機自体のクリーニングも減らすことができます。

いかがでしょうか?最初は面倒かもしれませんが、とってもすっきりしますし、節約になりますから、是非お試しくださいね。

この記事をシェアする

関連記事