• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

どうしても痩せられない…そんなあなたの食欲を無くす方法とは?

Date:2014.10.21

美しくありたい女性の最大の敵、それは“食欲”。

どんなに顔のつくりが綺麗なひとでも、毎日の食事を食べ過ぎてしまえば、いつか必ずオバサン体型になってしまい、綺麗な顔立ちも台無しになってしまいます。

太ってしまうと、顔や二の腕、太もも、お腹周りにお肉がついてしまいますよね。

その結果、今までよりも目が小さく見られてしまったり、二の腕が振袖状態になって恥ずかしい思いをしたり、今まで決まっていたデニムがパツパツになってしまってはけなくなってしまうのです。

なんとしてでも“食欲”という大いなる敵を打ち負かして、美しいベストな状態の自分を手に入れたい…そんなあなたに“食欲”を抑えてくれる3つの方法を伝授します。

わざと“美味しそうに見えない”料理を作るという工夫

テレビをつければ美味しそうな焼肉の映像、雑誌をひらいても今すぐ食べたくなるようなクリームたっぷりのパンケーキの写真…この世は、誘惑だらけです。

そんなついたべたくなってしまう料理、それに共通しているのは“視覚的要素”です。

テレビは音と映像で美味しそうな料理を表現していますし、雑誌のなかの写真はその形と色で「こんな味がするんだろうな…」とわたしたちの脳に想像させてくれるもの。

いずれも“目”で見て感じる美味しさ、というわけです。

料理を美味しく見せるには、色が大きな役割を担っているのですが、ここでは“食欲”を無くすためにあえて“美味しく無さそうな色”で料理を作ってみるのが良いでしょう。

人は、青色の食材に対して食欲が減退するといわれています。

まだ文明が発達していなかった古来から、人が青色のものを口にしてこなかったためだと考えられています。

カビだらけになった食材や腐敗しきった肉など、食品が青色になったら口にしてはいけないという生きる術…経験が、本能的に脳に刷り込まれているのでしょう。

今は、食紅という便利なものが売っていますから、それを利用しない手はありません!いつもの料理にほんの少し、青色の食紅を使って青色にするだけで、なぜか“美味しく無さそう”に見えるのです。

食べるのが面倒になる環境を整えてみましょう!

買い物に行くと、美味しそうなお菓子やスイーツがたくさん売っていますよね。

どうしても食べたくなったときは、“その日食べるぶんだけ”を購入するようにしましょう。

明日の分、明後日の分…と、買いだめしてしまうのが一番危険なのです。

食べたくなったときに家にあると、つい手が伸びてしまいますよね。

明日の分に、と買っていたお菓子を今日の夜になって開けてしまうことになりかねません。

食べたくても家に無い…買いに行かなければ手に入らない、食べることができないというように“食べるのが面倒”になる環境を自分で作り上げて、食欲を打ち消すのです。

早々に歯磨きをしてしまうというのもとてもいいアイデアだと思います。

一度歯を磨いてしまえば、その後になにか口にしてしまえばもう1度歯を磨かなければならないですよね。

そういった細かい生活習慣を改善していくことが、食欲に打ち勝つ重要なポイントです。

体の内側から肥満防止に努めるのがベスト!

美容と健康に気を付けている女性の美学読者の皆さんでも、夜更かしをしてしまう夜だってありますよね。

お肌に良くない…と思いつつ、やらなければいけないことをやるには夜ってとても集中できますし、気付いたら1時、2時になっていたなんて日もあるのではないでしょうか。

夜更かしをしていると、お腹が空きますよね。

晩ご飯の時間から長く起きているのですから、お腹が空いて当たり前です。

でも、そこで“食欲”の誘惑に負けてしまうと今までの努力も水の泡になってしまいます。

夜起きていたからといって食べてしまうと、その後寝てしまうわけですから食べたぶんのカロリーを消費することなく体にため込んでしまうことになります。

やらなければいけないことを残して早く寝るなんていうことは本当はしたくないと思いますが、夜更かしで余分な食べ物を摂取してしまう危険にさらされるよりも早起きして、これから始まる1日のエネルギーとして食べ物を摂取したほうが数段体に良いのです。

しっかり睡眠をとるということは、肥満の防止効果のあるホルモン、“成長ホルモン”を分泌してくれます。

このホルモンがしっかり分泌されることで、代謝が上がり、免疫力を高め、肥満防止につながります。

寝なければ痩せる!なんて荒療治をする必要は全くありません。

夜更かしをして“食欲”に負け結果ダイエットに失敗してしまったり、現状より体重が増加の一途をたどることにならないように、早寝をする!食べたい気持ちは早起きして、朝しっかり食べる、というように“食欲”と上手に付き合って、その欲に振り回されることなく、自分で制御して無くしていく努力を続けてみましょう。

結果は、あなた自身の体にしっかりと現れてくれますよ!

この記事をシェアする

関連記事