• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

大食い女子はモテる!デートで男性が喜ぶ彼女の特徴とは

Date:2016.02.08

大食いの女性はモテる?

あなたは食べるのはお好きですか?でも、男性の前だとあんまり食べるのを大っぴらにしない女性っていますよね。

本当に小食の人は別としても、男性の目の前だからと言って、食べる量を控えめにしている方、出来ればそれはやめた方が良いかもしれません。

もし、あなたに今恋人がいなくて「出来れば男性によく見られたい」と思っているのなら、ご飯は多いに食べましょう!

今回は、そんな「食と恋愛」がテーマのお話です。

品のない大食いはNG!良い食べっぷりの中にもマナーはある

皆さんは、民放局で、ぽっちゃりなのが魅力のアナウンサーが大人気なのはご存知でしょうか?

彼女は、その可愛らしいルックスもさる事ながら、何よりも「大食い」のキャラクターが男女問わず、人気を博しています。

その食べっぷりのおかげか、スタイルの良い人が多い中で女性アナウンサーの中では、比較的ぽっちゃりなのも人気の理由の一つです。

彼女を好きな男性は、以下のような発言をネット等でしているのをよく見かけます。

  • ○○ちゃん、たくさん食べる姿が可愛い!
  • 大食いもまた彼女の魅力だよなー
  • ガリガリよりもちょっとぽっちゃりの方がいいわ
  • あれだけ美味しそうに食べてるの見ると癒される♪
  • ○○ちゃんと一緒に沢山食べたい!

上記のような男性の意見から、何が見えてくるのでしょう?

「男性は、女性が小食でいるよりも、ずっと沢山食べてくれる女性のほうが魅力的だと思っている!」という事が言えるでしょう。

本当に食べられないのなら仕方がありませんが、少なくとも小食を装っていても、女性に何のメリットが無いことは、ご理解いただけるのではないでしょうか?

実際、ネット等を見てみると「少食を偽る必要ってなくない?」とか、「私小食ですアピールとか、正直勘弁って感じがする」などという、かなり辛辣な意見も出ています。

それよりも、世の男性は「一緒にご飯をたくさん食べる子の方が食事をしていても楽しいよな」という意見の方が圧倒的に多いのです。

恋愛云々の前に、小食アピールで嫌われてしまっては、何の意味もありませんよね。

無理して食べる必要はない!重要なのは楽しんでいるか

よく食べることが意外なアドバンテージになることは、前項で説明した通りですが、だからと言って無理に食べる必要があるのか?

勿論、答えはNoです。

食事についての、恋愛における最も重要なこと、それは何と言っても「相手と楽しい時間を過ごす」ということです。

「美味しい」を素直に表現するスキル、これが男性に対して1番重要な要素です。

女性は小食アピールと同じように、食事の際は静かにあまり感情を出さずに食べることが、お淑やかな女性の魅力だと思っている方も時々いますよね。

まあ、セレブな方々にはあるいは必要なマナーなのかもしれませんが。

でも、例えば、高級フレンチなどに彼氏が連れて行ってくれた時に、美味しいと口にしつつ、表情がそれを物語っていなかったら、彼はどんな風に思うかもう分かりますよね?

「気に入ってるお店だったんだけど、口に合わなかったのかな……」

そんな風に彼をがっかりさせてしまう可能性は十分にあります。

食事の席で、恋愛におけるあなたの評価が多いに下がってしまう事はありえるのです。

食事における最低限のマナーは勿論守る必要はあります。

ですが、「美味しい」をちゃんと表現して、同席している人に伝えることも、また女性としては必要なスキルなのです。

むっつりとただ食べている人と、ほがらかに、本当にその食事を食べて幸せだという顔をしている人、あなただったら、どちらが好感が持てますか?

難しいことは何一つありません。ただ、純粋に食事を楽しむ。それを一緒にいる人に伝える。その事を忘れないで、あなたの好きな人と食事をしてみてください。

付き合っているにしろ、一方的な片思いの人にしろ、せっかくの好きな人との大事な食事の場、楽しまないと損だとは思いませんか?

デートでお腹いっぱい食べることは悪いことじゃない!

デートでお腹いっぱい食べる
色々と書いてきましたが、いっぱい食べたいと思っても、男性はおろか普通の女性よりも食べることが出来ない方も当然いらっしゃいます。

しかし、その中でその辺の男性よりもデート中によく食べることが出来る女性というのは、それだけで天賦の才能を持っていると言っても過言ではないでしょう。

もし、これを読んでいるあなたがよく食べる女性であったなら、それを恥ずかしいことと思わないでください。

胸を張ってそれが武器だと思い、好きな男性にアプローチしてみてください。

この記事をシェアする

関連記事

コメント