• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

写真写り断然UP!証明写真の裏ワザ

Date:2013.09.16

証明写真の写りがひどくて、会社のIDカードを誰にも見せたくない人もいるのではないでしょうか。プリクラみたいにきれいに写ればいいのに!っておもったことありませんか?
証明写真でも簡単に写りをアップできるものがあるんですよ。免許書の写真も今は自分で持って行ってもいいらしいので、ぜひこの技を使ってきれいな写真を残しませんか?

光を味方につけよう

これは家での練習も必要ですが、写真を撮る時には白い紙を一枚持っていきましょう。
プリクラがなぜ綺麗にうつるかというとあれだけの光がしっかりと顔にあたっているからです。証明写真でもそれと同じ状況をつくることができれば肌がしっかり綺麗にうつるというわけですよね。
白い紙をつかってライトを自分の顔に反射させることができれば、それだけで肌がワントーン明るくなりますよ。

化粧に頼る

証明写真をとるときには、いつもより念入りに化粧をしていきましょう。
時間がなくていつもはコンシーラーやハイライトを使っていないという人でも、きちんと塗っていくほうが断然きれいに写るようになります。
また忘れがちなのが唇。証明写真をとる直前に口紅はしっかり塗りなおした方が健康的な唇の色になって、写りも大きく変わってきますよ。

機械の性能も大事

証明写真だからといって、安ければいいと適当にえらんでいませんか?今は証明写真でも美肌に写る機能がついている機械もあったりするんですよ。
そこまで気合をいれなくてもと思うかもしれませんが、身分証などはできれば人に見せるときに抵抗のないものにしたほうが、自信を持ってみせられていいとおもいませんか?

そういった人はぜひ機械を選ばれることをおすすめします。
とことんこだわる人は写真館で撮ってもらった方がいいかもしれませんね。千円くらいで撮ってもらえることも多いようですからそんなに出費としては痛くないかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連記事