• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

気軽にスピリチュアル体験!宿坊に泊まって心身を浄化しよう

Date:2013.08.20

「宿坊」とはつまり、一般の人が宿泊できるお寺の施設のこと。あまり耳慣れない人も多いと思いますが、現在日本では300か所近くあるそうです。

お寺なので、お世話をしてくれるのは仲居さんではなくお坊さん。出される料理は精進料理…と仏教の教えに則ったもてなしを受けることができます。

「旅館」と「宿坊」どう違う?

「宿坊」は、お寺が参拝者を泊めるための施設です。あくまでお寺なので、修行中のお坊さんがいて、ご本尊だってあります。肉や魚は食べず、朝にはお勤め、読経をします(宿泊者の参加は自由というところが多いです)。

会社であれば、旅館は社員旅行に使いますが、宿坊は「研修」をするところ。宴会などをして騒いではいけません。その分、日常では味わえない、静謐な空気の中、ゆっくりと過ごすことができます。

かと言って気構えする必要もなく、礼儀正しいお坊さんがお部屋を案内、ご飯や布団の用意をしてくれたりと、旅館と遜色ないサービスを受けられます。

写経に座禅…気軽に修行体験!

宿坊の一番の魅力は、仏教のお勤めに参加できること。写経、読経、禅寺であれば座禅や、高野山では密教の瞑想方法である阿字観など、お寺の宗派によってさまざまな修行をさせてもらえます。もちろん、初心者にはお坊さんが丁寧に教えてくれるので安心です。

特に、早起きできる人におすすめなのが早朝のお勤め。ご本尊の前でお坊さんが読経するのを聞くだけで、心が洗われます。また、お寺によっては住職のありがたい講話も聞かせてもらえるようです。

仏教や寺院に関心がある人、または周辺寺院の観光に来る人がほとんどなので、学生旅行や家族連れが少ないのもひとつの特徴です(外国人観光客の集団に出くわすこともありますが…)。女性の一人旅で利用することも多いそうです。

宿坊に泊まれる!おすすめ観光地

江戸時代にお伊勢参りなどの各地への参拝旅が流行った頃、その参拝客を泊める為に作られたのが、今日のような一般向けの宿坊の始まりと言われています。

そのため、古くから信仰を集める場所には宿坊が多くあり、自然競争が生まれて、宿坊の中でもサービスの行き届いた場所が多くあるようです。

真言密教の総本山である高野山には、宿坊だけで53か所あるそうです。施設も整備されているところが多く、宿坊初体験で不安という人におすすめ。

都心から比較的近い場所なら、埼玉県秩父市の大陽寺。周囲に民家がほとんどなく、山中静かな場所で、座禅や写経を無料でさせてくれます。

その他、長野県の善光寺周辺や、山形県の出羽三山周辺に宿坊が多く、精進料理や参加できる修行の種類、建物の歴史など、さまざまな観点から選ぶのも楽しみです。

この記事をシェアする

関連記事