• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

出産祝いに避けたい新米ママが困るプレゼント4つ

Date:2013.11.11

出産祝いをする時、どんなものが喜ばれるか悩むものです。中には、良かれと思って贈ったプレゼントが、新米ママにとっては困るプレゼントになることもあります。

そこで今回は、出産祝いに避けたいプレゼント、あるいは事前に確認が必要になるプレゼントを4つご紹介します。

1.フォトフレーム

「赤ちゃんが生まれると必ずたくさん写真を撮る」という発想があるからか、フォトフレームをプレゼントする人がいます。しかし、フォトフレームはサイズが大きいと特に、飾る場所に困ることがあります。

また、フォトフレームのデザインは人それぞれ好みがあり、インテリアとの相性もあります。そのため、お祝いしたい相手の趣味や、好みを分かっていないと難しいプレゼントであると言えそうです。

2.オムツ

「消耗品はもらって困らないはず」と考える人は意外だと思うかもしれませんが、オムツにも種類やサイズがあります。例えば、布オムツか紙オムツか、ママにも使いたいオムツの種類があるはずです。あるいは、もうすでにたくさん用意しているかもしれません。

さらに、子供のサイズに合ったオムツを選ばないと、漏れやすくなります。もしサイズの合わないオムツをたくさんプレゼントされたら、ママはかなり困るでしょう。

どうしてもプレゼントしたいのであれば、必ずサイズや素材、欲しいメーカーのオムツなどを事前に確認しておきましょう。

3.キャラクターが入ったグッズ

キャラクターは、ママの好みがかなり左右されるものです。あるいは、キャラクターが入った服を着せたくないと思っているかもしれません。

子供が成長した時に、子供が好きなキャラクターのものを身につけてもらうのが一番です。そのため、出産祝いでは、キャラクターが入ったグッズは控えましょう。

4.マザーズバッグ

出産祝いにマザーズバッグをプレゼントする人もいますが、実際に持ってみないと、自分に似合うデザインか、使いやすいかどうかが分かりにくいアイテムです。できれば、本人が直接選んだ方がよいでしょう。

また、出産祝いをする人の中には、「大は小を兼ねる」ということで、容量が大きいマザーズバッグを選んでプレゼントする人もいるようです。しかし、容量が大きすぎると、荷物の少ない人には使いづらいバッグになることがあります。

なお、そもそもマザーズバッグを使わない、使う気がないママもいるので、プレゼントするのは避けたほうが無難です。

サプライズもいいけれど…

出産祝いで失敗しない方法は、お祝いしたい相手に、何が欲しいか聞くことです。当たり前のことだと思うかもしれませんが、これができていないと、相手が望まないプレゼントになってしまうことがあります。

特に子育ての経験がない女性は、具体的に役立つプレゼントが思い浮かびにくいものです。筆者は、友人が女の子を出産した時、欲しいものを聞きました。

すると、「お出かけ用のベビー服」と言われたので、服のサイズを確認して、オーガニックコットンのベビー服をプレゼントしました。友人にとても喜ばれたのを覚えています。

このように、筆者は直接欲しいものを聞きましたが、カタログギフトを用意してママに選んでもらうという手もあります。サプライズもいいですが、相手が本当に欲しいものをプレゼントできるようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事