• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

姑の過干渉が何とかして!姑の存在を重く感じたらバカ嫁になろう

Date:2013.09.16

お義母さんとの仲は良好ですか?

この質問に、胸をはって「はい、仲良しですよ!」と堂々と答えられる方は少ないのではないでしょうか。
ただでさえでも娘にとって母親というのは謎の生き物なのに、それが他人の母親ともなるといっそう謎は深まり、さらにそれが夫の母親ともなると上下関係やら親戚関係やらの力関係にまで話がおよんでしまい、謎どころか、カオス。

お義母さんは、こちらが歩み寄ろうとしたところをうっちゃりかましてくださったり、逆に距離をおこうとしたら猪突猛進つっこんできてくださったり。
存在も謎だけど、対処法も謎。というか、地雷を踏みたくないだけなの!やる気スイッチを押したくないだけなの!嫁としては!!

それなのに、嫁のココロ姑知らずで今日もお義母さんは過干渉してくださったり、全否定の構えで斬りつけてきたり。ああ、こんな時いったい嫁はどうすればいいのでしょうか?

そうだ、バカになろう

お義母さんというのは、図鑑にして作成したいくらいにたくさんのタイプが存在します。
息子と夫という男ばかりに囲まれて生活してきたお姫様系甘えん坊タイプだとか、「息子夫婦のためを思って」というボランティア精神が嫁にとっては重荷になる過干渉タイプだとか、嫁を悪者もしくは笑いものにして自分の立場を守る外面最強タイプだとか。そりゃーもう、山ほど存在します。

でもそれらのお義母さんに共通するのが、「空気を読まない」ということ。そもそも空気を読む人間なら、お姫様ではいられないし、相手の重荷になるほどの過干渉は出来ないし、外面ばかり守っている自分のこっけいさにも気付くはず。

そう、お義母さんのカオスっぷりの一因は、空気の読まなさ加減にあるのです。

多くの姑さんが空気を読まない困ったちゃんなのに対して、たいていの困らされているお嫁さんは空気を読む人だというのもまた事実。
「こんな事を言ったら、お義母さんが気を悪くするかも」「お義母さんはよかれと思ってしてくれているのだから」と周りの空気を読んで立ち回り、気付いたらお義母さんのフォロー係に!なんてことが少なくありません。嫁、ストレスもりもりです。

そんな自分を犠牲にしてしまうお嫁さんたちに言いたい。
「ねぇ、バカになりましょうよ」と。

空気なんて読まない、言ったもの勝ち

だいたい、空気を読まない人というのは自分が言った事した事に責任を持ちません。責任を持たないどころか、忘れていることすら多かったりして。そういう人を相手にしているのに、こちらばかりが気を使っていては消耗させられる一方です。

本来ならばここで、お義母さんにとっての息子である夫ががつん!と注意してくれたり、もしくは防御壁や防波堤になってくれたりするのが一番なのですが、まぁー役にたちませんね。
役に立たないどころか、ママン愛しさのあまりお義母さんの味方になって嫁を「考え過ぎ」「ネガティブにとらえすぎ」と非難してきたり、「そういうのは苦手だから」と逃げ出したり。戦力外通告ですよ。いっそフリーエージェントを考える嫁もいるほどに、戦力にならない。

だからといって、「姑vs嫁」という因縁バトルにもつれこむのは避けたいですよね。できれば、こちらのストレスを軽減しつつ、お姑さんをちくりと攻撃したい。それにぴったりなのが「バカになること」なのです。目には目を、歯には歯を、空気が読めない姑には空気が読めないバカ嫁っぷりで対処してしまいましょう!

例えば、お姫様系甘えん坊お義母さんがお姫様気質たっぷりな発言をしたら、「あははは!ツボにはまっちゃいました。そんなこと言う人、いるんですねぇ~」と大笑いしたり、「あー、そうやってふるまうと可愛く見えるんですねー、勉強になります!」と言ってみたり。

過干渉タイプのお義母さんが要らないものを押しつけてきたら、「いりません」「どうせ捨てるだけなので申し訳なくて受け取れません」と笑顔でお返しする。
外面最強お義母さんがイヤミを言ってきたら、「口から本音が漏れてますよ~。私は平気ですけど、他の人に言ったら嫌われ者になるだけだから気を付けてくださいね」と流す、あるいは「やっだー、お義母さん前に言ってたことと違いますよー。もう、ボケたふり詐欺なんて流行りませんからやめてくださいよ~」と茶化してみるとか。

どれも「性格悪っ!」と思われかねないセリフですので、あくまでも笑顔で、さらりと。「空気読めない嫁なんで、ごめんなさ~い(・ω<)てへぺろ」くらいの感じで。

大事なのは、適度な距離と建前と本音

富める時も病める時も、死が2人を別つまで夫との付き合いが続くのだとしたら、縁切りでもしないかぎりお義母さんとの付き合いも長~いものになります。えぇ、気が遠くなるくらいに長いものに。

お義母さんとの付き合いで大事なのは、適度な距離感。それから、建前も大事だけど本音も大事。7:3くらいの割合で、「いやだな」と思う事や「やめて欲しい」と思うことをちょこちょこと小出しにしていきましょう。

本来ならば夫が間に入って嫁姑のバランスをとりもってくれるのが一番なのですが、なかなかそう上手くそれが出来る男性は少ないですから。お義母さんとの付き合いがストレスになって、それが原因で夫との仲まで悪くなってしまうくらいなら、「バカ嫁」になりきるのも1つの手なのではないでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事