• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

姑に子供を預けて大丈夫?子供を取られると不安になるママたち

Date:2013.10.14

子供が小さいうちは、いつでもどこでもママにベッタリ。「ママ!」とくっついてくる我が子が可愛い反面、毎日お世話をしているママだってずっと一緒じゃ疲れてしまいます。

そんな時に姑から「子供を預かってあげる」と申し出があったら、あなたならどう感じますか?素直に「ありがたいな」と預けられるといいのですが、様々な理由で預けたくないと感じるママも多いようです。

子育て方針が違いすぎて安心して任せられない!

「まだ薄味のものしか食べさせたくないのに、勝手に濃いものを食べさせてしまいそう」とか「お菓子ばっかり与えて機嫌を取ろうとするので、義実家にはあずけたくない」など、様々な理由で「姑には安心して任せられない!」と思っているママは多いようです。

気を遣って自分の考えをなかなか言えないというママもいるようですが、きちんと自分たちの方針を伝えてお願いしても「これぐらいは大丈夫よ」なんて勝手に判断されることも。

普段自分が神経をとがらせている方針をいとも簡単に破られてしまっては、ママのイライラは募る一方ですよね。

もちろんあまりに配慮に欠ける姑の場合は無理にあずかってもらう必要はありませんが、細かい部分にこだわりすぎて折角の気分転換のチャンスを逃してしまうのも惜しいところ。大目に見られる範囲のことなら、年に数回の事だと割り切ってしまうのもアリです。

どうしても気になるようならお弁当を作っておやつも持たせ、「アレルギーの事などもあるので食事はこの中のものだけ食べさせてください。お菓子も栄養士さんから指導されているので、持たせたものだけ食べさせてくださいね」とお願いしておきましょう。

子供が姑に取られるのではと不安に駆られるママたち

姑が子育て方針を理解してくれていて子供を安心して預けられるような状況でも、子供が姑になついてしまって自分から子供が離れていくのではないかと不安に感じるママは少なくありません。

ママは子供に対する責任も重いですし、しつけだってしなければなりません。もちろん悪いことをすれば怒りますし、毎日の事ですからつきっきりでワガママに付き合うわけにもいきません。

そこへたまに会う姑が現われて、ワガママを叶えて甘やかせば子供だってなついて当たり前。ママとしてはいい気がしないこともあるかもしれません。

でも、考えてみてください。あなただって子供の頃は甘やかしてくれるおじいちゃん・おばあちゃんが好きだったのではありませんか?でもその好きは母親に対する好きとはきっと別モノだったと思います。それは、母親と祖父母では役割も愛し方も全く違うからです。

時に厳しく時に優しく接してくれる絶対的な存在の母親と、めいっぱい甘やかしてくれる祖父母と、みんなに愛される子供はとても幸せだと思いませんか?役割が違うのですから、いくら姑になついたとしても母親への愛は絶対的なもの。

たまに預けるくらいで取られるなんて不安に思う必要はありません。もちろんストレスを感じながら預けるのはちょっと違いますが、たまにはテーマパークへ遊びに行かせる感覚で「甘やかされておいで!」と送り出してあげるのはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事