• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性の敵である食べ過ぎ等の悪い習慣も時には良い効果もある!?

Date:2014.03.19

ダイエットや美容の大敵である間食にお酒とタバコの意外な話

ボディラインが気になる女性やいつまでも美しく若い肌を保ちたい女性にとって、間食や喫煙そして飲酒なんて‘言語道断’、絶対ダメな行動ですよね?

でも、そんな美容や健康に悪くタブー視されている悪い習慣も見方によっては私達に良い効果をもたらしてくれているのですよ!

カウチポテト

テレビの前に座り込みスナック菓子やクッキーにチョコレートなどを無意識のうちに口に運び食べ過ぎてしまうカウチポテト。

動かずカロリーを消費しない上に過剰なカロリー摂取をするので、ダイエット中の女性だけにとどまらず、子供の内からこういう習慣をつけてしまい大人になってから肥満になる確率が高いという研究結果も最近発表されているので、美しさや健康のことを考えると‘立ち入り禁止区域’的な行動でもあるのです。

でも最近、オーストラリアの大学の研究でテレビ等の映像を見ている人の交感神経を調査したところ、カウチポテト状態でスポーツ観戦をしている人の心拍数、脈、発汗量が上昇し、あたかも実際にスポーツをしているかの様な効果が認められたそうなのです。

しかも、日々気が休まらない忙しい生活をしている人は家でテレビの前に座りリラックスする事で体が休められるのは勿論の事、脳波も落ち着き神経が休まるので、ストレスレベルを下げる役割があるそうです。

テレビを見ながら寝入ってしまう事が有るのはこの脳波への影響があるからなのかもしれませんね。

間食、ジャンクフードに満腹感

カウチポテトも間食ではありますが、要するに食べる量が満腹になるまで食べてしまうという事と、大体間食に食べるものは高カロリー、高脂肪で糖分が高いのが問題なのです。

でも、3時のお茶に食べるチョコレートやクッキーって美味しいし、その後の仕事も「頑張ろう!」という気にもなりますよね?

そうなのです…、高カロリー・高脂肪だけど美味しい食べ物を食べると自然に‘自分は食べ癒されている!’と私達は感じているようなのです。

なので、診療心理士の中には適度に適量なら高カロリーなスイーツ、そしてジャンクフードでさえも精神の安定に繋がると言っている人もいるのです。

特に会食やパーティなどの社交の場であればなおの事、一緒に美味しい料理を囲み仲間と交流を深める事の方が精神の浄化になるのです。

考えてみれば、子供の頃から家族や友人が集まる誕生会やお正月などの楽しい場所にはいつも美味しいものがありますよね?

この事からも、不健康かもしれないけれど美味しいものを大勢で囲むのは人の心理に良い影響を与えてくれるようです。

飲酒に喫煙

カクテルにビールなどのアルコール類も大勢で食事を囲む会食やパーティには欠かせない物です。

よって、飲酒もやはり一人で大量に呑むのでは無く、社交の場で呑む場合はこちらも精神の安定に繋がり、更にこういった場では通常のネット上での繋がりと異なり真の人間関係が築ける最高の場。

‘新たな交友関係を発掘’は勿論の事、理想の男性とも知り合えになれるチャンスも大と良い事も多いですよね。

でも、アルコールの飲み過ぎは美容そしてダイエットにも悪い影響を与えるのも常識なので適量を基本に、飲むアルコールもポリフェノールの高い赤ワインにしておきましょう。

タバコは女性にとって‘百害あって一利なし’と言われ、発がん性は勿論の事、歯や肌まで黄ばみ髪にタバコの臭いも染み付き、あなたの女度は深~い谷底に急降下…。

しかも最近の一卵性双生児を対象にした調査結果では喫煙している女性はエイジングが加速する事も分かってしまったので、第一に避けたい習慣でもあります…。

が、喫煙している人たちは合間の休暇をとる達人でもあるのです。

デスクワークの女性は特にずっと何時間も座り過ぎず、へビースモーカーの様に1時間に一度は席を立ち、「喫煙を」とは決して言いませんが、歩き回ったり、お茶を取りに行ったりして体を動かすと体の血行も促進し、太りにくい体づくりにも繋がりますよ。

私達女性は「常に美しく、若くありたい」「美しくいなければならない」と自分に制限や規制を課すことが何かと多いですよね?

でも、あまり自分に厳しくなりすぎると心身ともに疲れ、ストレスを溜めるばかり、適度な自分へのご褒美や楽しみもきちんと確保してハリの有る毎日を過ごしたいですね。

この記事をシェアする

関連記事