• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

旅先で芽生えた「遠距離恋愛」、経験者が教える5つの乗り越え方

Date:2015.05.03

shutterstock_144688220 - コピー

旅先での出会い、そしてそれが運命の出会いとなって恋愛に発展する…なんてこと、誰もが一度は憧れると思います。

でも、遠距離恋愛カップルには浮気や価値観の違いなど別れに繋がる危険がいっぱい。恋は楽しいものですが、遠距離恋愛にはツラく苦しいことばかり。どうしたら危機を乗り越えて、ゴールイン出来るのでしょうか。

旅先で恋に落ちた2人へ捧ぐ、経験者の貴重な体験談

旅行先で出会い遠距離恋愛になった人で、無事にゴールインを果たした経験者に、別れの危機の乗り越え方について色々とお話を伺ってきました。

今現在、実際に遠距離恋愛で悩んでいる方はもちろん、旅先での出会いに憧れている方もぜひ読んで参考にしてみてはいかがでしょうか。

1、出来るだけ早くお互いに旅行気分を払拭すること!

旅先での出会い…それは誰もが一度は憧れるシチュエーション。旅行中は、自分自身もオシャレに磨きをかけていますし、普段行けない特別な場所で仲良くなれるのならまさに夢のようですよね。

非日常である旅行先で出会った相手と、日常的に顔を合わせる間柄になることはとても喜ばしいことなのですが、経験者はこう語っています。

「彼と出会ったのは、同期とハワイ旅行へ行っていたとき。とある有名店の前に並んでいたとき。彼は親族の結婚式でハワイに来ていたらしく、偶然わたしたちの前に並んでいたことから会話が生まれました。

待っている間、お互いのことを話して結局同期3人とわたしは彼のグループとアドレスを交換したのですが、問題はそれ以降…日本に帰ってからでしたね。

2人で会うことになったのは良いものの、デート中はハワイで会ったときの話をしてばかり。確かにお互いにとってハワイは貴重な思い出ですし、出会えた奇跡に浸るのも最初は心地よかったのを覚えています。

けれど、会うたびにその話だと今現在が何も実りの無いものに感じてしまって…楽しかった思い出はさておき、ただ出会いが運命的だったから仲良くするべきだと考えるようになってしまいました。

出会いよりも、出会った先、そこに2人にとってどんな実りがあるかが肝心に思っていたにも関わらず、帰国後に会ったときはなんの実りも無いデートしか重ねられずに結局彼とはお別れしてしまいました。

早い段階で、旅行気分を消しておくべきだったなぁと、今では後悔しています。同じような失敗をしないためにも、皆さんは旅行の思い出を大事にしすぎずに最初のデートで少し扱う程度にとどめておくことをオススメします。
(看護士・30代女性)

2、相手の毎日のペースを把握すること

旅先で出会ったということは、お互いの日常については全然知らない状態ということ。相手の生活リズムを知らないというのは大きな問題です。

お互いに会う予定を入れるにも、相手がどういったリズムで生活しているのかを掴むことは必須といえますよね。夜勤のある仕事なのか、不定休なのか、はたまた土日祝としっかり休みが貰えるような仕事なのか…知っておくことで予定が立てられるのです。

相手の生活リズムがわからないままデートの予定を入れてしまうと、無理をして相手に合わせるようなことになってしまいます。無理って、往々にして続かないものです。

会うのが生活するうえで負担になってしまわないように、現実の生活リズムをお互いにしっかりと把握して過ごすことがとても大切といえます。

3、こまめに連絡をとりあうこと

旅行中のテンションって、普段より5割増しは当たり前!ですから、普段はなかなか出来ないようなメルアド交換も簡単にその場のノリで出来ちゃったりします。

でも、肝心なのはその出会いを実らせること。旅行から帰ったあとも、しっかりと連絡をこまめに行うことが重要です。

「出会いのシチュエーションは完璧でした。でも、その後はたまにしか連絡を取らなかったんです。ぶっちゃけ、相手の顔もイマイチはっきりと思い出せないほど印象が薄くって…。

頻繁に連絡していなかったので、改まって会う約束をするほどメールでは意思の疎通が出来ていませんでした。

結果、何事もなかったかのようにお付き合いに発展することも無く自然消滅してしまって…なんだかせっかくの出会いを勿体無いことしちゃったなって。もっと勇気を出して積極的に連絡をしたらよかったと後悔しています。」
(介護士・20代女性)

ただでも旅先よりはテンションの下がる日常ですから、思い切って旅行から帰って間もないうちに連絡を取り、気持ちの高ぶりを利用して一度は日常でデートをしたいところ。

自分に気持ちを引き寄せて離さないためには、ときに大胆に、自分からもアクションを起こすことが大事になってくるということがわかりました。

4、会う時の楽しさは出会いのとき以上に

いつもの日常で出会った人とは違って、旅先で出会った人とお付き合いをした経験のある方にインタビューすると多く聞かれるのが“デートのレベルの低さ”です。

出会った場所が既に最高のデート場所だったりするものですから、つい毎日の延長で行くデートの質やレベルが下がってしまうのはある程度は仕方ないといえるでしょう。

それでも、日常の中で非日常を過ごしたいのが乙女心。お相手の男性だって、誰とでも過ごせる時間よりも「この子としか過ごせない楽しい時間だなぁ」と感じられる相手の方が魅力的だと感じるでしょう。

毎回のデートのハードルが上がってしまう旅先で出会ったカップル。でも、そんな旅行を凌ぐほどのデートを重ねていくことをオススメします。

遠くに行かなくても、お金をたくさん遣わなくても、楽しく貴重な時間を過ごすことは工夫次第で可能です。

一回のデートをおざなりにせず、いつでも一生懸命彼に尽くして喜んでもらうことで、彼にとっての“特別”で居続けることが出来るでしょう。

5、友人知人に早くに紹介してもらうこと

リスク回避の面で忘れてはならないのが、この“友人知人への紹介”です。旅先での出会いということは、遠距離恋愛ということになる人が圧倒的に多いです。

その場合考えられるリスクが“浮気”。実は地元に彼女がいるにも関わらず、旅行先で勢いに任せて見つけた女性とも周りにばれずに関係を持とう…なんていう悪い男性も中にはいます。

「なかなか友達に紹介してくれないなぁ…と感じていた矢先、その地方に住んでいる友達から“女と手つないで歩いてるの見たよ”って連絡をもらいました。

彼を問い詰めると、もう7年も付き合っている両親にも公認されている彼女がいたということが発覚しました。

彼女とは別れるつもりだったとか、色々言い訳をされましたが、だから友達に紹介したりしてくれなかったのか…と思って、それ以来彼とは一切連絡をとっていません。本当に悔しい思いをしました。」
(営業職・30代女性)

旅先での出会いを運命の出会いにするために…

shutterstock_153231068 - コピー運命を感じる旅先での出会い。そんな出会いから育まれた2人の愛が永遠に続くためには様々な障害があるということがわかりました。

本当の運命の出会いにするためにも、思い出の扱いには十分注意し、そして日本国内で様々な思い出を作って一生の関係を築いていってくださいね!

この記事をシェアする

関連記事

コメント