• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼氏の本性を知りたいなら旅行に行こう!初旅行の持ち物と心構え

Date:2016.12.09

shutterstock_195507533

彼とはじめてのお泊まり旅行!ドキドキワクワクで楽しみな反面、彼の前では失敗したくないものです。

もしかしたら、こういう時、女性としての資質を試されているかも?

相手のことを知りたいなら一緒に旅に行けばいい、なんてことを聞きますが、これは本当です。

いつもより長時間一緒に過ごすことになる旅行を成功に導くためにはどうしたらいいのでしょうか。また、どんな持ち物が必要なのでしょうか。

気合入れすぎて大荷物になってもダメ、ポイントとなる持ち物は忘れてはダメ。重要なところを抑えて、素敵な旅行にする方法をご紹介します。

この人といて楽しめるか?今後のお付き合いの鍵にもなる旅行

例え近くの温泉への一泊旅行であっても、相手のいろんな部分を知ることができます。

  • 普段どんな生活をしているか
  • どんな癖を持っているか
  • ピンチの時はどう対処するか
  • 一緒にいて楽しめるか

など。

あなたが彼のことを見ている時、彼もまたあなたのことを見ています。

1:なぜ違う?男と女の荷物の中身と量はこんなに差がある

彼との旅行…そこで気になるのは、荷物の内容と量です。

例えば、1泊2日の温泉旅行なんかで想像してみても、男性が持って行くのは下着くらい。あとは財布と携帯電話、充電器があれば十分です。

しかし、女性は下着に明日の着替え、化粧道具やいつものタオル、ドライヤー…と、あげればキリがありません。

なぜこんなに荷物の内容も量も違うか、と言えば、普段の生活がそこに反映されるからです。

朝起きて支度する為に、女性はそれだけのものを使い、労力も使います。

男性は朝起きて顔を洗えば出勤できますが、女性は朝起きたら化粧をして、髪型をセットしなければ外出できません。

かと言って、自分の支度道具をまるごと持って歩けないのが旅行。

いつもよりシンプルに、コンパクトに、ひとつのカバンにぎゅっと濃縮して持ち歩かなければならないのです。

旅館に行けばなんでもそろってるだろ!とタカをくくる男性たち

旅行前日、「あれも持たなきゃ!これも持たなきゃ!」とカバンに詰め込む女性に反して、男性は「あれはいらない。これもいらない」とどんどん荷物を減らします。

荷物いっぱい女子から見たら、とても信じられない光景です。なぜ男性はそんなに身軽に出発できるのか。

それは、海外旅行ならいざ知らず、国内旅行でしかも1泊2日なんて、旅館に用意されたものだけで十分事足りる、と思っているからです。

国内の旅館もホテルも、すごくサービスが行き届いています。

布団もベッドもシーツも清潔ですし、旅館であれば浴衣、ホテルでもパジャマが用意されています。

部屋にはエアコンが完備されていて、テレビも無料で見れたりします。

中にはアメニティも充実していて、シャンプー・コンディショナーはもちろん、ボディソープや洗顔フォームまであります。

歯ブラシ・タオルはもちろん無料。化粧水や乳液などのサービスもある場合があります。

このように、施設の方で準備してくれているものが多いのは事実です。

それに、もし万が一どうしても必要で、施設の方では用意がなかった場合も、近くのコンビニに駆け込めば大概なんとかなるものです。

このように、正直なところ“泊まる”ということだけに関して言えば、お金と携帯電話と充電器だけがあれば、何も問題ないように思われます。

男性は「まあ、なかったらなかったで、1泊くらい我慢すればいいだけじゃん」という感じで、それよりも旅行の中身に力を入れたい、という場合が多いようです。

いつものアレじゃなきゃダメなの!非日常が苦手な女性たち

女性はさすがにスッピンは無理!という人もいて、最低限の化粧品は持ち歩かなければならないでしょう。

ということで、やはりどうしても荷物が男性より多め。

年に何度も旅行に行く人と、滅多に行かない人とでは差が出ますが、やはり旅行慣れしている人は荷物が少なく、コンパクトです。

それを可能にしているのは、非日常と日常の区別です。日常使うものは部屋の所定の位置に置かれています。

例えば化粧水のボトルがあります。さあ旅行だ!という時に、このでっかいボトルごと持って行く人がいます。それでは荷物がかさばってしょうがないでしょう。

この「化粧水のボトルごと持って行く」という考えは、言うなれば「いつもの枕じゃなきゃ眠れない」と同じこと。つまり、日常と非日常の切り離しができていない、ということです。

旅行は非日常です。いつもの化粧水や、使い慣れたドライヤーは置いていくことも、旅行の醍醐味とも言えます。

それじゃあ不便じゃん!と思われるかもしれませんが、旅行は不便なことも楽しむのが目的です。

いつもと違う景色を見て、いつもと違う部屋で眠る。

そこに、日常は持ち込まず、なるべく置いてくる。ということで、気持ちも荷物も、さっと非日常と日常を区別することが大事になるのです。

「とにかくその場所まで行ってみて、行けばなんとかなるさ!」という気持ちがあれば、荷物の内容も量もコンパクトに、旅行そのものを楽しむことができるはずです。

2:ピンチに備えよ!まさかの時の為に持っておくと使えるもの

旅行先でのピンチ!考えてしまうと不安は無限大に広がります。

ただし、今はスマホでネットができますし、だいたいどこでも繋がります。コンビニだってありますし、困ることは昔と比べてもだいぶ減りました。

どこに出かけるかにもよりますが、国内旅行でも北は北海道、南は沖縄までありますし、どのくらいの期間旅行するかにもよって様々です。

慣れない土地を旅する、ということはその土地の勝手がわからない、ということでもあります。もちろん、リスクも高く、ピンチに見舞われる可能性も高い。

もしもピンチになったら…いざという時に使える、用意しておくと便利な旅行アイテムとはどんなものなのでしょうか。

急な体調不良時に…いつも飲んでる薬と健康保険証を忍ばせて

旅先で怖いのは体調不良です。急な頭痛や腹痛は、健康な人であっても見舞われる可能性があります。

そこで、自分にあった薬を持ち歩く習慣は大事です。

時間が経てば治ることもあるのが頭痛や腹痛ですが、慣れない環境だと急に発症することがあります。自分にあった薬や効果のある薬があれば、ちょっとだけカバンの隅に入れておくと助かります。

また、それでも症状が酷くてどうしようもない場合。病院に行かなければなりません。普段は健康でも、旅先で食中毒になることだってあります。

そんな時に必要なのは、健康保険証です。もし保険証を持っていなくて、一時的に自腹で支払いしてもいいのですが、大変な負担です。

あとで申請すれば返ってきますが、せっかくの旅行なのでスムーズに終わらせたいものです。そこで、健康保険証も持ち歩くようにしましょう。

健康保険証を持ち歩いても、荷物の量に影響することはありません。一緒にいる彼に迷惑をかけない為にも、自分の体のことを考えておくことは大事なことです。

応急処置セットをポケットに…あると意外と便利で使えるもの

化粧道具と一緒に、持ち歩いて損はないのが救急セットです。大怪我をしたら病院に行くしかないのですが、ちょっとしたことは自分でなんとかしたいですよね。

例えば、絆創膏など、一枚あればいいのになあ、と思ってもコンビニに行くと大量に入ったものが売っています。買うとまたそれが邪魔になります。

そこで、化粧ポーチの中や、カバンのポケットの中には、以下のものを用意しておくと意外と便利なのでは、と思います。

  • ポケットティッシュ(2個くらい)
  • 絆創膏(5枚程度)
  • ちいさな爪切り

この3点は、確かにコンビニでも買えます。しかし、使うシチュエーションとして多いのは「ちょこっとだけ使いたい」という場合です。

化粧道具はバッチリ持ってるのに、ポケットティッシュがない!ということになると、結構不便ですから、一個だけでいいので持ち歩きましょう。

爪切りは、意外かもしれませんが、旅先で不快な思いをするのが爪トラブル。

男性でも、ちょっとぶつけて爪がかけた、というだけで、肌にあたる度にチクチクして嫌だ、ということがあります。

不快なのに対処できない、というのはイライラの原因になりますので、小さな爪切りを持って歩くことで解消されます。

また、濡れたものを持ち歩かなければならない時などの為に、未使用のビニール袋を小さく折りたたんで持ち歩くと、いざという時にヒーローに見えますのでおすすめです。

どれも小さなものですので、いざという時の為に旅行カバンには常に入れておくようにすると、ピンチの時に二人の味方になってくれるはずです。

3;大荷物の女はウザい?多すぎず少なすぎずコンパクトに収納

さあ旅行に行くぞ!と待ち合わせて、現れた彼女が大荷物だったら彼は引きます。2泊3日の国内旅行なのに、大型トランクにリュック!?海外旅行か!

さすがに限度というものがありますよね。

彼との旅行、ということはある程度フットワークの軽さも要求されます。荷物が多くて身動き取れないのでは意味がありません。

彼の車で出かける…というのならまだしも、新幹線に乗って…とか、バスに乗って…ということだと、大荷物はどうするか、と言えばロッカーに預けるしかありません。

ということはロッカーに入るくらいの荷物にまとめておかなければならない、ということになります。移動するにも自力で運ぶのですから、大変なことです。

「彼にも持ってもらう!」と言っても、彼だって自分の荷物がありますから、自分のことは自分で!が旅行においては鉄則です。

そこで、旅行では身軽に動き回れる程度の荷物に、コンパクトにまとめて持ち歩かなければならない、ということで、収納に関して考えてみましょう。

それ本当に必要ある?カバンに入れる前にもう一度考えてみよう

旅行の荷物をカバンにまとめる際に、最初に注意したいことが「本当に必要なものかどうか」です。

旅行に行く!ということにテンションが上がってしまって、冷静な判断ができなくなる場合があります。

例えば、「彼とお揃いのパジャマで寝るんだー!」と言って、彼の分の寝巻きまで用意してしまったり。「寝る前はこのアロマ加湿器がないと眠れないから」と機械を箱ごと持ち歩いたり。

冷静に考えれば「いや…それ別に旅行に関係なくない?」って感じですが、頭の中で「必要!」と判断してしまうと、どうしても持って行ってしまいます。

そこで、まず最初は持って行くカバンのサイズを小さくする、ということです。はじめから小さなカバンにしておけば、それに入らないものは持っていけません。

リュックにしても、登山用のリュックでは無限大に収納できますが、普段遣いのリュックなら持っていけるものの量は限られます。

手持ちのショルダーバッグと、荷物用のバッグに分けてもいいでしょう。

荷物の量は限界があります。それを超えると彼にウザいと思われてしまうことがありますので、なるべくコンパクトに、持ち物を最小限におさえる工夫をしましょう。

全部持っていかない!小分けにする&旅行用のものを用意する

先程も、化粧水をでっかいボトルで持って行く人がいる、とご紹介しましたが、例えば化粧水も乳液も美容液も全部ボトルで持っていったら大変な荷物になるのは、誰でも想像できます。

しかし、今はオールインワンジェルなどもあって、それさえあればとりあえず大丈夫!というものが売っています。

旅行先では一時しのぎで構いませんから、それを購入して、使う分だけ持って行っても問題ないはずです。

もし「どうしてもこの化粧水でなければ肌が荒れる」というのであれば、いつものものを小分けにして持っていきましょう。

なぜ荷物が多くなるかと言えば、いつも使ってるものをそのまま持って行く、ということが要因としてあるようです。

ティッシュだって、箱のまま持って行くよりも、ポケットティッシュを持っていった方がコンパクトです。旅行用品として売っているものありますので、いつものものではなく旅行用として別のものを持って行くようにしましょう。

旅先に到着してからわかるのは案外、なくて後悔することより、持ってきてしまって後悔することの方が多いのです。

自分の荷物に苦しめられることを想像しながら、いかに小分けにしてコンパクトに持っていけるか、というところを追求してみましょう。

4:彼にイイ女度が高いことをアピールするには・海外旅行編

では、いざ旅行に行った時のことを想像してみましょう。まずは海外旅行編です。旅行に行くと、彼が頼もしく思えたり、頼りなく思えたりします。

同時に、彼には彼女がいつもより可愛く見えたり、ブスに見えたりします。その違いは何かわかりますか?

これは、彼女の気分にほかなりません。

彼女が機嫌よくニコニコしていれば可愛く見えますし、機嫌が悪く眉間にシワが寄っているとブスに見えます。

化粧がどうとか、着ている服がどうということではないのです。それくらい、旅行において彼女の気分というのは、旅行そのものと同じくらい重要です。

海外に課題は持っていかない…行き当たりばったりを楽しむ

なぜ彼女の機嫌が悪くなるか。おそらく海外旅行と言えば、手にはガイドブック。しかし、慣れない海外では戸惑うことも多いです。

彼の言葉がスムーズに通じなければ、思うように目的地までたどり着けません。

行きたい場所があるのに、なかなか行けない。これはもどかしいでしょう。そのうちイライラします。海外旅行は、自分の思い通りにはいかないものです。

日本の生活に慣れている我々は、海外での不便さや時間の流れを想像することができません。いくら語学が堪能でも、現地の人と会話できなければ意味のないこと。

その為、はじめて彼と海外旅行に行っても、彼が頼りないから好きじゃなくなった、ということがあるそうです。

けれど、わざわざ海外旅行に行って、彼の頼りない姿を見てガッカリするのって、本末転倒な気がしませんか?

海外旅行に持って行ってはいけないことは、「こうあるべき!」とか「これをしなきゃいけない!」という課題です。

「絶対〇〇に行って、ガイドブックに載ってるコレを食べるんだ!」なんて言い切ってしまうと、その目的を果たすことが旅の目的にすり替わってしまいます。

あくまで目的は、彼と一緒に海外旅行を楽しむこと。

目的地に行けなくても、現地の人しか知らないお店に立ち寄ってみたとか、通行人に話しかけたら意気投合したとか。

思いがけない出来事がたくさんあるのが海外旅行の醍醐味。

今まで体験したことがないことを、彼と一緒に楽しめば仲も深まります。ガイドブックは参考程度にすることが大事です。

海外では女の懐の深さが試される…ピンチをチャンスに変えて!

彼が「この女、一生手放したくないな」と思う女性ってどんな女性でしょうか。

それは、海外で心細くなった時、ピンチの彼を救える女性になることです。

海外旅行でつきものなのが、トラブル。タクシー運転手とは運賃のことでトラブル、宿とはシャワーの水のことでトラブル、買い物していてトラブル、食事していてトラブル。などなど・・・

様々なトラブルが考えられますが、男性はそんなトラブルに見舞われて「かっこわるいところ見られちゃったな…」と落ち込むものです。

彼氏だから彼女を守ってあげたいところが、相手に言われるままお金を払ってしまったり、口喧嘩で言葉がわからず負けてしまったり。

そんな彼に対して、「頑張ったじゃん!」と励ますのではなく、「別にこんなの、海外じゃ当たり前でしょ?」と涼しい顔をして見せて、残りの時間を楽しく過ごすことを考えられる女性は、まさに手放したくない女です。

海外でのトラブルは、旅行者が圧倒的に不利です。だから負けてしまうことも多々あります。巻き込まれても泣き寝入りということも多いです。

しかし、そんなことをくよくよしていては楽しくありません。

お金を騙し取られても、「命が助かっただけよかったじゃん!」と、残ったお金で楽しく過ごすことを考える。

彼が情けない顔をしていても、嫌いにならずに寄り添ってあげる。それが海外旅行でアピールできるイイ女です。

自分がもしトラブルに巻き込まれても同様です。お金をとられても、怪我をしたり命がとられなかっただけマシ!と前向きに旅行できることが重要です。

5:彼にイイ女度が高いことをアピールするには・国内旅行編

はじめての旅行だと、まずは国内旅行に行くことが一般的かもしれません。彼の車でドライブもいいですし、二人が行ったことのない場所へツアーなんかで行ってもいいでしょう。

海外旅行と比べると比較的安全な国内旅行ですが、国内旅行をする際に、彼が彼女に求めていることとはなんでしょうか。

彼が「ああ、この女性とまた旅行したいな」と思うイイ女になれば、2度目、3度目の旅行も期待できます。

男性は段取りが命!時間や予定を狂わされることが大嫌い!

国内旅行だと特に、男性は下調べして知識を蓄え、旅行の計画を綿密に立てている場合があります。計画することで、失敗を防げるからです。

「ここで30分くらい見て回ってから、カフェに入ってお茶して…」なんて彼が計画しているのをよそに、「あー、ここすごーい!」「こっちも見たいー!」などと、あっちこっち予定外のことをされると、ただでさえ余裕のない計画がぶち壊しです。

彼は大混乱してしまいます。

女性は、おみやげコーナーなどでは男性が想像する以上の時間を費やします。もしかしたら、彼はそれを計画に入れていないかもしれません。

女性の「折角来たんだし、どうせなら見ていこうよ」という提案によって、彼の冷や汗が止まらない、ということもあります。

特に彼が旅行を提案してくれて、段取りをつけてくれている場合は、彼の計画に従って行動することを優先しましょう。

また、自分が見たい場所、行きたい場所があれば、予め彼に伝え、滞在時間も希望を出しておくことによって、心の余裕が生まれます。頑張っている彼の気持ちを壊さないようにしましょう。

国内旅行だから特に持ち歩きたい!コミニュケーション能力

国内旅行というのは、どこに行っても日本語が通じます。しかし、「あなたは現地の人、私は旅行者」と線引きしていては、なかなか通じあえません。

彼にイイ女度をアピールする為に持ち歩きたいのは、コミニュケーション能力です。どこへ行っても誰にでも話しかける。積極的に会話するスキルです。

私は旅行者だから、部外者だから、と一歩引いてしまっては、観光地を歩いていても、動物園で動物を見て歩くようなもの。

しかし、一度話しかけて参加すれば、見知らぬ人とすぐ打ち解けて、忘れられない思い出となるでしょう。彼もそんな彼女を見直すはずです。

イイ女とは、社会性に優れ、コミニュケーション能力が高い女性であることです。それを彼にアピールする為にも、どんどん旅先でいろんな人に話しかけましょう。

6:旅行先では頼れる女性が求められる?事前準備が物を言う

彼が男性である、ということだけで、旅行そのものを彼まかせにしてしまっている女性も多いようですが、本当にそれでいいのでしょうか。

彼は「頼られたい」という気持ちと、「頼りたい」という二つの気持ちを持っています。これは、頼ってもらっていいところを見てもらいたい、でも、何かあったら助けてね、というものです。

でも女性が、「彼が頼られたいのなら頼るけど、彼に何かあっても何もしてあげられない」というのでは、なかなかうまくはいきません。

だいたいのところは男性に任せておいて、いざとなったらいつでも出動できるように待機しておく。

そんな救急隊のように、いつも事前の準備を怠らないのがイイ女です。

彼の隣でナビゲーション!スマホのナビアプリはいつでも使える?

彼とドライブ旅行。二人とも土地勘がない場所へ行くので、慣れない道に迷ってしまった!でも大丈夫です。

彼が運転する隣で、彼女が地図のアプリを見て案内すればいいのです。

しかし!ここで問題がひとつ。迷ってからアプリをダウンロードしていては時間がかかりますし、いざダウンロードしても使い方がよくわからないのでは意味がない!

なんてことにならないように、旅行に行く前から地図アプリやナビアプリをダウンロードしておいて、どんなものなのか使ってみましょう。

アプリによって使い方も表示の仕方も全く異なります。彼の隣でスムーズに操作し、「そこ右だよ、次の信号左だよ」と案内できたら素敵です。

これができれば、彼も「いざという時に頼れる女だな」と思ってくれるでしょう。

彼と彼女で二人足してやっと一人前ではなく、二人いることでパワーが増量することを目指しましょう。

7:旅行は慣れ?たまにはひとり旅行で自分を磨くことが成功の鍵

一人暮らしをしている人はよくわかると思いますが、一人暮らしっていざ自分でやってみないと、その大変さがわかりません。

一人暮らしをしたことのある人は、その後に二人暮らしになっても、以前の経験を生かして生活することができます。

彼とはじめての旅行、ということで緊張する人もいるとは思いますが、彼の役に立つか、彼の足を引っ張るか、また彼と一緒に楽しめるかどうかは、それまでの自分の経験がものをいいます。

家族旅行や、友人たちとの団体旅行だけではわからないことがあります。それは、自分でなんでもやってみることでわかります。

彼との旅行を成功させる鍵は、ひとり旅行にあります。

全部自分でやってみよう!ひとり旅行の達人になれば怖くない

旅行に慣れている女性はかっこいい!と雑誌を見て筆者も思いますが、こうして雑誌を見ていても、旅行上手になれるわけではありません。

思い立ったが吉日、彼との旅行の予行演習として、ひとり旅をしてみませんか?自分で行き先を決めて、計画をして、実際に行ってみる。

この工程を自分ひとりでやってみることで、学べることはたくさんあります。仕事で出張する機会が多い人や、旅行好きな人は、言ってみれば旅行の達人。

持って行く荷物や、旅の手配を熟知しています。これもひとつの技術。旅行というのは、単純に娯楽や遊びではないのです。

旅行に行ったら何をしよう!と盛り上がる気持ちは確かに楽しいのですが、やりたいことと、実際にやれることには差があります。

また、テンションが上がりすぎて、1泊2日の旅行にスケジュールを詰め込みすぎてもうまくいきません。旅行は日常の延長であり、非日常でもある。

冷静に楽しむことができるようになる為にも、彼との旅行の他に、ひとり旅行で練習しておくことで、失敗の可能性を成功の可能性に変えることができるでしょう。

旅先での彼の失敗には寛容に…彼の隠していた本性が見えた時

旅行に行くということで、期待をしていることだろうと思います。彼にも期待しますし、旅先での出来事にも期待します。

きっと帰ってくる頃には、今より二人の距離が縮まっているはず…。けれど、あまり期待しすぎない方がいいでしょう。

もし彼の本性が見えることがあれば、それはかっこよくない彼かもしれませんし、失敗して焦る彼かもしれません。

そんな彼は見たくないし、彼だって見られたくないはずです。でも、カッコ悪い彼も、失敗した彼も彼です。普段隠していて見えない彼です。

誰にも見せない本性を見せる、とは彼の見られたくない部分を見せる、ということでもあります。旅行はそういうきっかけでもあります。

なので、どうか彼のことは嫌いにならないでください。むしろ、いつもは見れない貴重な姿を見れたことに喜んでもいいはずです。

女性が化粧でスッピンを隠すように、男性もかっこよく見られたい生き物です。繊細な男性は「失敗したところを見られた」と思ったと同時に恋心を失う人もいます。

その為、彼の失敗は見て見ぬふりが一番です。逆に励ましたりすると傷口に塩を塗ることになりますから、「ふーん?だから何?別にいいじゃん」とすましているのが一番です。

カバンに隙間がある状態で出発…思い出を詰めて帰宅する旅行にしよう

旅行は彼女の気分が、その旅行全体の雰囲気を左右します。

彼女が彼を嫌いになっても行けないし、彼が彼女を嫌いになってもいけないのです。

旅行に持って行ってほしい最後の持ち物は、彼に対する優しさです。

女性の場合、これを持って行ってよかった!というより、持っていかなくてもよかった、使わなかった、ということが多いのが旅行です。

カバンには隙間を作っておいて、旅先の思い出を詰めて膨らませて帰ってくる方がきっと楽しいでしょう。荷物は最小限、思い出はたくさん持ち帰りましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント