• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

バストアップもこれで可能!正しいバストの測り方とブラの着け方

Date:2014.06.01

世のほとんどの女性達は自分に合ったブラサイズを知らずに間違ったサイズのブラジャーを着けているそうです。間違ったサイズのブラを付けているとバストが垂れたり、形が悪くなったりしてしまいます。

ここでは正しいバストの測り方とブラジャーの着け方をご紹介したいと思います。自分に適したブラジャーサイズでバストアップを狙いましょう。

基本的なブラジャーサイズの測り方

ブラジャーのサイズの測り方は、ご存知の通り『トップバストからアンダーバストを差し引いた数字』です。トップとアンダーのサイズの測り方ですが、トップバストの場合は、肩の力を抜いてラクな呼吸で姿勢を正し、胸の最も高い部分を測定します。

胸が垂れてしまっている方は、両手でブラジャーの位置まで持ち上げて測りましょう。アンダーバストの場合もトップバスト同様に肩の力を抜いてラクな姿勢をして、乳房のすぐ下の部分を測ります。

これらの数字を測ったら、下着屋さんにいって定員さんにトップバストとアンダーバストの数字を伝えます。その数字を参考に試着したりしてブラジャーを選ぶことになります。

正しいブラジャーの着け方

自分のブラジャーサイズを測ったら次は基本的なブラジャーの着け方を学びましょう。正しいブラジャーの着け方を知っておくことでキレイな谷間やバストラインを手に入れることができます。

①少々、前かがみになり(斜め45度くらい)ブラジャーのカップの中に胸を入れます。ホックを留めます。

②ブラジャーのワイヤーを片手で押さえ、もう片方の手で胸のわきから肉をブラのカップの方に持ってきます。

③上体を起したら、ストラップをベストな長さに調節します。

④わきなどにはみ出ている肉はないでしょうか?もし、お肉が出ていたらカップの中におさめてきあがりです。

以上が基本的なブラジャーの着け方でした。

バストアップに欠かせない必須チェックポイント

基本的なブラジャーの着け方をマスターしたら、それにプラスしてバストアップを導くために必要なチェックポイントを確認してください。このチェックポイントをマスターして今よりも1カップ上のブラサイズを目指してみませんか?

○ブラジャーのカップからお肉がはみ出ていませんか?おさまっていますか?

○胸が潰れていませんか?きつかったり、苦しくありませんか?

○ストラップやバンドが食い込んでいませんか?

○胸を上げたり下げたり、横を向いたり、上体をひねったときにブラジャーが外れたりしませんか?

○ブラジャーのアンダーがきつかったり、ゆるかったりしませんか?

○ストラップがきつかったり、ゆるかったりしませんか?

チェックポイントはいかがでしたか?問題がなければ、バストサイズもブラジャーの着け方も間違っていないという証拠です。そうでない場合は、バストサイズやブラジャーの着け方に誤りがあるはずなのでもう一度確認してみましょう。

日々サイズ変化のあるバスト。ブラジャーは2サイズ用意して

バストサイズはだいたい2週間周期でサイズが変化していうのをご存知でしたか?それは、女性ホルモンの影響から。

生理が終わってから排卵期まではバストの大きさもハリもほとんど感じられませんが、排卵期から生理直前までのバストは月の中でも一番大きくハリも感じられます。いつもつけているブラジャーがきついと感じるのもこの時期です。

乳首もブラジャーとの摩擦で痛みを感じたりするのが分かるでしょう。生理3、4日前くらいでは普段つけているサイズより1サイズくらい大きくなっているのが一般的で、はっきりと胸が張っているというか、固くなっているのを自覚する人が多いようです。

この時期に普段のブラジャーを着用していると胸がとても窮屈でラクチンではありません。肩甲骨の動きを押さえる影響でしょうか、排卵まで邪魔されることがあり、中には生理不順になるケースもあるとか。

はっきり言えることは、女性のバストの大きさは常に一定ではなく、ホルモンの影響で日々変化しているということ。

なので、胸が過ごしすいためにも体のためにも、排卵期から生理直前までのブラと生理が終わってから排卵期までのブラ、2サイズ違うブラジャーを用意しておくことがベスト。時期に合わせたサイズを選んであげることがバストへのいたわりでしょう。

この記事をシェアする

関連記事