• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

これが最後のダイエット!体重を無視して体の引き締めに集中!

Date:2013.03.16

「今年の夏までに痩せてみせる!!」これ何度目の決意ですか?無理して頑張って食事制限などでダイエットして、痩せたのはいいけれどすぐにリバウンドしてしまったりするパターンにはまっている人も多いですよね。

ダイエットとリバウンドを繰り返しているとだんだん疲れてきませんか?そして、そういった人ほど、体重は落ちたけれども体のサイズがあまり変わっていないという人も多いんです。

もう今度こそ最後のダイエットにしたいとおもっている貴方に最適な方法をお教えします。

ただ食事を減らすダイエットはもうやめよう

カロリーを減らせば痩せれるというのは大きな間違いです。カロリーというのは体の中で燃やす力をあらわす単位でもあります。カロリーが低いものは体の中で燃やす力が小さいので、基礎代謝がおちる原因にもなるようです。

基礎代謝が落ちると、指先や足先が冷えてきたり、むくみやすくなったりします。一日同じような行動をしていても基礎代謝が落ちると消費できるカロリーが減ってしまい、痩せにくくなるわけです。

それよりは基礎代謝が上がるような食生活をして、一日の消費カロリーをあげるほうが健康的にやせることができるわけです。また基礎代謝があがって、体が温まりやすくなると冷え症やむくみも改善されることが多いようです。

大切なのは水と栄養

人間の体の約70%ほどは水でできています。体重が50キロの人であれば一日2リットル程度の水を体に入れて、老廃物を外に出す必要があります。そして、次に大事なのは栄養です。とくにタンパク質と、ビタミンB、ビタミンC、野菜の栄養はとても大切です。

カロリーを気にするあまりバランスの悪い食事になっていませんか?食べ過ぎはよくありませんが、すべての食材をバランスよく食べることがダイエットへの近道です。肉や魚のタンパク質も適度にとれば問題ありません。

またビタミンBやCは一度とれば体内にとどまっているものではないため、定期的に摂取する必要があります。食べ物だけでとるのが難しい場合にはサプリなどに頼るのもいいかもしれません。

まずは食事日記をつけよう

まずは食事日記をつけてみてください。カロリーなどは書く必要はありません。食事日記を書いた後には、食べ過ぎたことを気にするのではなく、どの栄養素が足りていないかを考えるようにしましょう。

たとえば朝食べずに、昼カップラーメンだった場合にはタンパク質も野菜も足りていないので夜は定食を食べる。果物をおやつに食べるようにするなど、足りない栄養を補う食事にしていきましょう。

そうやって心がけるだけで、今まで無意識に食べていたおやつなどの量がだんだん減ってきます。

当たり前のようなことばかり書きましたが、最後のダイエットにしたい場合には毎日の食生活を改善するのが一番の近道です。一度にはできませんし、体重もすぐに減るわけではありません。しかし、リバウンドをしたくないのであればこの方法をずっと続けていくということをお勧めします。

この記事をシェアする

関連記事