• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

年明けも体型をキープ!正月太りを解消する方法とは?

Date:2014.02.04

お正月はどのように過ごしますか?家でのんびり寝正月と答える方が多いのではありませんか?年末年始でも忙しく働いている方もいます。しかし大半が正月はまとまって休みが取れる方ばかりです。

日ごろの疲れをいやすために自宅や実家でのんびりとすることを好むのです。ところが正月が終わってびっくり!体重計に乗ったら体重は増えている、今まで履けていたパンツがきつくなっていた経験はありませんか?

正月に太る方はとても多いのです。事実平均で2キロは増えるのだそうです。少しでも体重が増えるとナーバスになります。体型を気にする女性にとってオシャレのマイナスポイントにもなります。

そんな状態で会社や学校に行く事自体が億劫になりますよね。それなら最初から太らないように気を付ければいいのです。正月太りを解消する方法について考えてみましょう。

太る原因を知る事

なぜ正月に太ってしまうのでしょうか?その理由をまずは知ることから始まります。お正月に太る主な原因について詳しく紹介していきます。

・運動量が大幅に低下

朝起きるのも遅く、そして寒さのため外出もあまりしない、寝転んでテレビばかり見ている、これでは食べた物が代謝されませんから脂肪が蓄積されやすくなります。

・カロリー過多

日本の伝統的な正月料理おせちは、決して高カロリーの物ばかりではありません。ところが近頃はおせちも多様化しています。それだけでは物足りなくてオードブルのようなこってりした料理を一緒に召し上がる家庭が増えているのです。

またお餅も普段食べているご飯と比較すると高カロリーです。お餅一つにつきご飯2杯分のカロリーがあるのです。それらの高カロリー食品を食べる機会が増えてしまうため太りやすくなります。

・お酒を飲む機会がふえる

お正月だからということで、お酒を飲む機会も増えます。ビール、日本酒などを毎食ごとに飲んでいたらそれもまた太る原因となります。

これらの原因を良く知った上で、それに気を付ける方法を実践していけば太り過ぎを防げます。

できるだけ動くこと

これだけ太る要因が揃っているお正月。ダイエットをすることはムリでもせめて体重を増やすことは避けたい。それならどうすればよいのでしょうか。その一つは動くことです。

食べてしまったらその分動いてカロリーを消費するしかありません。一日中家でテレビを見ているのではなくできるだけ出かけるようにしましょう。女性なら初売りに参加するのがお勧めです。

デパートやショッピングセンター内を一日中歩くだけでも結構な運動量になります。また自宅でも自ら料理の用意をする、掃除をするなどしてできるだけ動く機会を多く持ちましょう。

体のラインが見える服装をする

自宅でのんびり過ごすために、リラックスできる服装を選んでいませんか?トップスはもこもこで温かく、ボトムはウエストゴム。こんなスタイルをしていると自分が食べ過ぎてしまった、太ったことに気が付きにくいものです。

そこでタイトなパンツを履きましょう。トップスもできるだけ自分の体のラインが見える物をチョイスしましょう。そうすれば自然と食べ過ぎをセーブできます。

それでも太ってしまったら

それでも太ったら、正月明けからダイエット開始です。通勤途中の時間も有効活用しましょう。電車通勤なら必ず立ってつり革につかまってつま先立ちエクササイズをするのです。

また食事は軽めに。そして帰りは一駅前で降りて歩くなどを実践すれば一週間程で元通りになるはずです!

この記事をシェアする

関連記事