• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダイエットを成功させる代謝量を上げてくれる食べ物ランキング

Date:2014.08.21

ダイエットというと“体重を減らす為の食事制限”と直ぐに思い浮かべる女性も多いかもしれませんが、要するに毎日食べる物で、ヘルシーにそして体のシェイプアップを計ると言うのが本来のダイエット。

そこで、食べるだけで体の代謝量を上げ、身も心も軽くなる食べ物ランキングをご紹介します。

1位:たんぱく質(皮なし鶏肉や魚)

海外の調査で、1日に必要なカロリーの内30%を低脂肪たんぱく質、例えば皮なし鶏むね肉などで上手に食事に取り込むと、たんぱく質が30%以下の女性よりも体重を減らす事に成功する確率が高い事が分かっているそうです。

また、オメガ3脂肪酸がたっぷり含まれている良い脂肪の高い、サーモンやサバ、サンマにアジなどの魚も、代謝量を増やす為に必要な筋肉をつくるのに欠かせない栄養分でもあります。

適度な質の良いたんぱく質とエクササイズで引き締まったボディづくりに励みましょう。

2位:ココナッツオイル

美肌や健康にと最近大注目のココナッツオイルですが、実は体内に脂肪として蓄積されにくい性質もあるのです。

通常の植物油は長鎖脂肪酸といわれ体内に吸収され難いのですが、脂肪となって溜めこまれ易い性質が有るのに対し、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、吸収は早いのですが、エネルギーとして消化もされ易く、逆に脂肪として体につき難いのです。 

バターや食用油の代わりにココナッツオイルを使って調理をすれば、ダイエット効果倍増です。

3位:全粒粉&玄米、雑穀米

白いお米や精製されて小麦粉を使った炭水化物は血糖値の変動を大きくし、特に血糖値が急激に下がると自分でコントロールできない程の食欲に襲われます。

これを避ける為にも、玄米や雑穀米、そしてオートミールなどの穀類を選んで取り、血糖値の上下を緩やかにしましょう。

それに、これらの全粒粉や玄米を消化するのに通常の炭水化物の2倍のカロリーを消費しなければならないので、食べるだけで代謝量を上げてくれるのです。

更に、食物繊維の多い炭水化物は少量で空腹を満たしてくれるので、食べ過ぎ予防には最適なダイエット食で、しかもダイエットの大敵である便秘予防にもなります。

4位:ダイエットの味方である野菜

ヘルシー野菜のケールやブロッコリーにはインドール3カルビノール(I3C)と呼ばれる物質が多く含まれており、このI3Cは私達の生活環境の中に存在し、お腹まわりの脂肪を作る原因で、女性ホルモンの様な作用もする事から免疫への影響も懸念される、化学物質キセノエストロゲンからの攻撃を防いでくれると言われているのです。

そして、1日に必要と言われる鉄分摂取量の4割近くを1カップで補ってくれるレンズ豆は鉄分が不足がちな私達女性には有りがたい食材。しかも、鉄分が不足すると代謝量も下がるそうなので、是非取り入れたい代謝応援食材でもあります。

5位:美味しくて嬉しいフレッシュフルーツ

フルーツというより野菜と思っている人も多いかもしれませんが、アボカドはダイエット応援果実なのです。アボカドにも体内の脂肪を減らしてくれる脂肪酸が多く含まれているのでサラダやサンドイッチに入れて毎日食べましょう。

そして、食事の前にグレープフルーツ半分を食べると、食べない時に比べ、食欲のコントロールが容易になるそうです。これはグレープフルーツに含まれる酵素のお蔭だと言われています。更に、食前のグレープフルーツは食後の血糖値の急上昇を抑えると、アメリカの医学誌に発表されているのです。

フルーツの王様であるリンゴの皮には水溶性食物繊維が多く含まれ、この繊維は血中の糖分を制御してくれる働きが有ります。なので、皮を剥かずにリンゴを3時のおやつ代わり食べると夕食前の代謝を促してくれます。

また、リンゴ酢にも同様に血糖値をコントロールする作用が含まれているので、特にごはんやパン等の炭水化物が好きな女性には必須ダイエットアイテムであることは間違いありません。

6位:低脂肪の乳製品

ダイエットをしている女性にとって、チーズを含む乳製品はカロリーも脂肪分も気になるところではありますが、低脂肪の乳製品は実は頼もしいダイエットの味方なのです。

チーズ等に含まれるビタミンDは骨にとって重要なカルシウムを体内に取り込むのになくてはならない栄養素ですが、実は代謝量を決定付ける筋肉にもなくてはならないものなのです。

それに、乳酸菌などの善玉菌が入ったヨーグルトはダイエット中には起こりやすい便秘も防いでくれます。

7位:料理にも身体の代謝量にも隠し味

やはり、カプサイシンが豊富な唐辛子は代謝アップには欠かせません。辛く発汗作用があるので、それだけで痩せた気分になりますが、貴女の体の中にも火をつけるのでカロリーバーナーとも呼ばれているのです。

更に、独特の苦みと臭いが特徴的なニンニクには代謝そのものをコントロールする働きがあり、体の中の糖分摂取量にも良い影響を与えるそうです。

しかも、トマトとのコンビで食べるとダイエット中には上がりがちなストレスホルモン、コルチゾールをも下げてくれるそうですよ。

この記事をシェアする

関連記事