• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

行楽シーズンだからできる「太陽の下で女子度を上げる方法」

Date:2012.05.20

春です。お花見です。5月です。ゴールデンウィークです。彼氏アリナシにかかわらず外出の機会も増えるシーズン到来。

外での健康的デートや集まりも多々あるでしょう。ここで上げるべきは女子度。「誘ってよかった」と思わせる注意事項&テクをご紹介します。

お外でやってはだめNG編

季節がよくなると、太陽の下でのデートや集まりが増えますね。そこであなたの女子度をグッと上げて、Sun QueenとなるためのNG行動も覚えておきましょう。

ラメ、グロスNG

メイクですが、バブル時代じゃあるまいし、ラメはやめましょう。どうしてもハイライトにキラキラメイクを使いたい時は控え目に。

ただでもまぶしい空の下です。グロスも同様。光り過ぎは逆効果。しかも、春風になびく髪がグロスにへばりつくので、汚らしい印象に。

ヒールNG

マイスタイルにこだわるのも素敵ですがTPOは意識して。場所にもよりますが、ヒールは3cmほどに抑えた方が無難。

ピンヒールはどうかおやめください。全体の印象を決める足もと、けっこう見られています。いっそ、おしゃれ系のスニーカーの方がカッコいいかも。

セクシー過ぎNG

なんとなくチラッと見える胸もとなどはかわいいですが、素肌の出し過ぎは強烈な印象のみ与えて下品なもの。男子受けもイマイチです。それでもセクシー派は透け素材などを上手に利用して。セクシー過ぎも引かれますが、キャラものもNGです。

「できない~」NG

外デートになると、とたんに男子に何でもやってもらおうとする女子がいます。たとえばBBQでも「用意できない~」ハイクでも「歩けない~」。

このcan notに男子はウンザリ。ついでに一緒に行った女友だちだって、ウンザリしていまいます。「できない」という前にできる方法や得意なことを提案してください。

荷物多すぎNG

何をどう誤解したか、外デートだと着替えやらタオルやらと荷物が倍になってしまう女子がいます。結局疲れるのは本人です。小荷物で移動を心がけて。

お外でぜひやりましょう編

トイレチェック

メイク直しに着替えにも利用したいトイレ。このトイレの場所は事前に確認しておくのがベターです。行く場所が決まったらネットを使って検索を。または、当日、周囲を注意して、トイレマークの場所を覚えておきましょう。

日焼け対策

日焼けには十分に気をつかってください。日焼け止めはコマメに塗りましょう。顔、デコルテ、耳、首、手など太陽を怖がらずに外にでられるように、キチンとケア。

さりげなく気遣い

周囲への気遣いで女子度をアップ。「暑いね。飲み物買ってこようか?」の一言が言えるだけで、かなりの差。デートでも並んで映画を見るような単調デートでない分、女子力を磨くチャンスです。

「はじめての公園デートで彼女が花の名前をたくさん知っていたのでびっくり。普段は派手系なだけにギャップに惚れ直した」という男子意見もあります。

頃合いを見る

いくら気持ちのいい太陽の下といっても、1日中いたら疲れてしまいます。その辺の頃合いはかりは男子の苦手分野。あなたが「そろそろ美味しいものでも食べに行こうか?」「お茶しない?」などとタイムリーな言葉で誘ってあげましょう。

こんなスポットが人気

お外デート、こんなスポットが都内では人気です。この春から初夏にかけて訪れてみたらいかがでしょうか?

  • お台場海浜公園…目の前にレインボーブリッジ、東京タワー。夜も素敵。
  • 葛西臨海公園…水族館や観覧車もありたっぷり遊べる。広い芝生の上で手作りランチもいいかも。
  • 上野恩賜…不忍池でのボートは格安。周囲の雰囲気も情緒がってなかなか。
  • 上野公園…スカイツリーを一望。桜の名所としても有名。近隣に博物館等もあり文化的。
  • 潮風公園…お台場海浜公園と隣接したBBQもできるスポット。夜景まで期待できる素敵な1日になりそう。

お外デートではあなたの女子度をアップと同時に彼の意外な一面も見えるものです。お互いを知りあって、よりラブになりますように。

この記事をシェアする

関連記事

コメント