• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

鉄、亜鉛、さらに美肌成分”ビオチン”を含む卵の驚くべき美容効果

Date:2015.07.21

shutterstock_150547763 - コピー

身近な食材の一つである卵。コレステロールが高いからと、敬遠している人もいるでしょう。しかし、卵にはコレステロールを減らす栄養素が含まれていることも分かっています。

さらに卵は美肌を作る栄養素が豊富に含まれている食材なのです。

卵の何が美肌を作るのか、美容効果がどれほどのものなのか、について紹介しましょう。

卵のコレステロールが気になる!毎日食べても大丈夫なの?

卵はコレステロールが高いので、1日1個が適量と言われていました。それがそれほど過剰に心配しなくても大丈夫という意見も。どういったことなのでしょうか?

通常、卵1個のカロリーは91kcal。それほど高カロリーではありませんね。でも、コレステロールが高くなるから控えた方がいいとよく耳にします。

卵1個に含まれるコレステロールは200~240mgで、確かに少なくない量です。しかし、このコレステロールがすべて悪影響を及ぼすものではなく、胆汁酸やホルモンの原料となるものですから、卵を食べているから直接コレステロールが上がるとは言えないようです。

たまごを食べても、悪玉コレステロールを増やす心配はありません。卵黄に含まれるレシチンというリン脂質は、コレステロールの体内での蓄積を抑え、悪玉コレステロール値を低下させる働きがあるのです。

よってコレステロールを摂っても体内で調整できるのです。

また、卵には他の大事な栄養素が含まれています。脳の機能を整えるコリンや目の働きを高めるルテインといった良質なタンパク質です。

コレステロールを気にするのは悪いことではありませんが、卵にはたくさんの栄養素が含まれています。通常は、1日1~2個の卵を食べるなら何の問題もなく、むしろ卵に含まれる豊富な栄養素を摂取することができて良いと言えるでしょう。

化粧品などにも使われている美肌成分も!卵の美容効果

shutterstock_46185391 - コピー
卵に含まれる良質なタンパク質。それも女性ホルモンを整えるには重要で、美容においては大切な栄養素です。他にはどのような栄養素が含まれているのでしょう?

美肌効果のある栄養素がたくさん含まれている

ミネラルが豊富
卵にはカルシウムや亜鉛、鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。体の機能を高めるミネラルが含まれているので、美肌作りにも一役買ってくれますよ。
アミノ酸がバランスよく含まれている
コラーゲンの素となるアミノ酸が豊富に含まれている卵。食べ続けることで、ハリのあるお肌になれるかもしれません。
ビタミンB2で美肌
健康な髪や皮膚、爪を作るのに欠かせないビタミンB2。脂肪を燃焼させる効果もあると言われています。

さらに、

  • ビタミンA
  • ビタミンB12
  • 葉酸

上記も含まれているので、肌と粘膜を健康に保ち、貧血予防にもオススメです。

特に注目したいのが”ビオチン”

卵黄から発見されたと言われるビオチン。ビタミンB群の一つです。

この成分の美容効果には、コラーゲンの生成のほか皮膚の炎症を抑える、タンパク質の合成をサポートし、皮膚の再生力を高めるという作用があります。

また、ビオチンには皮膚の炎症やかゆみの原因となるヒスタミンの生成を抑制するという働きがあります。その働きのおかげで、アトピー性皮膚炎にも効果があると言われています。

ビオチンは化粧品などにも使われている美肌成分。このような成分を含む卵は、美容には重要な食べ物と言えるでしょう。

美容効果を上げる卵の食べ方

ゆで卵ダイエットなどが流行ったこともありますが、卵だけで必要な栄養素が取れるわけではありません。基本的には栄養バランスを考え、さまざまな食材を摂ることが大切ですね。

そこで卵はどのような食べ方をすれば、美容効果がアップするのでしょうか?

夜食べた方が効果的

卵は夜食べて、その後睡眠をたっぷり取ることが理想と言われています。

それは、卵に含まれる良質のタンパク質が、成長ホルモンの分泌に合わせて肌や髪を作ってくれるのです。

ただし、卵を生で食べると糖タンパク質であるアビジンが、ビオチンの吸収を阻害してしまうので、火を通してから食べるようにしましょう。

ビタミンCと一緒に摂るとより効果的と言われているので、温野菜などと一緒に調理して食べるのがオススメです。

うずらの卵もオススメ

鶏卵よりも小さいうずらの卵ですが、そこに含まれる栄養素は鶏卵に劣りません。

  • ビタミンB2が豊富で、鶏卵の2倍
  • ビタミンAも鶏卵の2倍以上
  • 鶏卵同様、鉄や葉酸、ビタミンB12も豊富

また、卵アレルギーの人にうれしいのは、うずらの卵には卵アレルギーの原因となる「オボムコイド」という耐熱性タンパク質が鶏卵とは異なる性質を持っているため、アレルギー反応を起こしにくいと言われています。

※ただし、アレルギーに関しては個人差もあるので注意は必要です。

卵を毎日食べてツルツル美肌になる

shutterstock_33058324 - コピー
普段何気なく食べている卵には、こんなにもたくさんの美肌になれる栄養素が含まれていたのですね。

コレステロールを気にして食べずにいるのはもったいないことです。

ただし、食べすぎはカロリーオーバーに。卵料理は意外とたくさんの量の卵を使っているので、カロリーも摂取することになります。

また、もともとコレステロールが高い人は卵のコレステロールも吸収しやすいと言われていますので、注意が必要です。

卵を毎日食べてツルツルした弾力のある肌を目指してくださいね!

この記事をシェアする

関連記事