• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

奥が深いぞ卵焼き!毎日食べても飽きないチョイ足しアレンジ5選

Date:2014.05.30

毎日のお弁当に卵焼き!という方も多いはず…。でも、毎日ただの卵焼きばかりだとすぐに飽きてしまいますよね。そんなマンネリ脱却に向けて、簡単アレンジレシピをご紹介します。

手間が多くかかってしまうものでは、逆効果です。簡単に出来て、おいしい!を基準にいろいろな種類の卵焼きを紹介しますから、ぜひ参考にして明日のお弁当に作ってみてくださいね!

卵にふりかけを混ぜて、焼くだけ!

まず1つ目は、お好きな味のふりかけを入れて焼いてみる事です。ふりかけはご飯にかけるもの…そういう固定観念がありますから、最初は抵抗があるかもしれません。

しかし、ふりかけって本当に万能なんです!スーパーのふりかけコーナーを覘けばしらすや若菜などのふりかけから明太子のようなピリ辛なもの、梅シソなんてものもあってバリエーションがとっても豊富ですね。

そして、ふりかけを入れて焼くだけで良いというのは、余計な味付けが不要という点もとっても便利です。ふりかけの種類を変えれば完成した卵焼きの色味自体も変化しますから、色使いも考えて混ぜこむのもアリですよ。

わたしは、緑色が少ないなと思った時などはワカメふりかけや若菜のふりかけを入れて緑っぽい色味にしたり、赤が足りないと思った時には梅シソ味を混ぜ込んでピンク色にしたりしています。

簡単、おいしい、そしてキレイ!な3拍子揃った簡単なふりかけ入り卵焼き、是非お試しください!

とにかく、綺麗な見た目がイチオシ

こちらも簡単そしてお安くできてかつ、見た目が最高にキレイな一品に仕上がります。スーパーで売られているカニカマを入れて焼いてみるのです。カニカマ、よく特売の棚に並ぶお買い得食品ですよね。

でも、いざ使おうと思うとなかなか料理が思いつかない…そんな人も多いかもしれません。カニカマを2本くらい取り出してほぐし、卵と一緒に混ぜて中華スープの素で味付けして焼くだけでいいのです。

そうすると、黄色と赤色が絶妙な彩りの綺麗な中華風卵焼きができます。女性はもちろん男性も、そして子供も喜ぶテッパン卵焼きに昇格間違いなしの一品ですよ。

女性が大好き!チーズをいれちゃいましょう

こちらも簡単。いつもの卵焼きを焼く要領で、とろけるチーズとケチャップを少々、中心に入れて焼くだけです。これだけでチーズオムレツ風の洋風卵焼きの完成です。

チーズを入れ込んだオムレツを作るとなると、強火でフライパンを上手に反していかなければならず、洋食やさんでもしっかりした腕のある料理人でないと綺麗に焼けないなんていわれる料理です。

でも、卵焼きなら簡単!卵を焼く余熱で中に入れ込んだチーズがホロりと溶け出して、とってもいい感じになってくれるから簡単なんです。ケチャップを少々入れ込んで焼けば、味付けもそれ以外は不要です。

とっても簡単、そしてチーズの塩味とケチャップの甘味が女性や子供の心をつかむこと、間違いなしです!

ザーサイ、使ったことありますか?

あなたはザーサイを買って料理に使ったこと、ありますか?中華料理で食べたことがある程度で、なかなか普段使ったことがない食材かと思います。

ザーサイは瓶詰めで販売されており、長期保存の効く万能な食材です。ぜひ購入してみてください。そして、細かく刻んで入れて焼くだけで、ピリ辛卵焼きの完成です!

残った野菜を入れてみましょう

朝起きてお弁当作り…一番最初に、余っている野菜をピーラーで剥き、ポットのお湯で火を通しておきましょう。野菜はニンジン、キャベツ、なんだっていいのです。

そしてある程度火が通ってしんなりしたところでお湯をきって置きましょう。そんな余り野菜のピーラー剥きを混ぜ込んで塩コショウで卵焼きを焼いたらもう完成!色もキレイで、栄養満点、そしてなにより冷蔵庫の整理にも使える便利な卵焼きの完成です。

この記事をシェアする

関連記事