• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ふんわり表情は短眉がポイント、誰でも簡単にできる短眉の作り方

Date:2014.05.20

時代を表すメイクの1つとして取り上げられるのが眉毛。眉毛のメイク方法で時代が見えるとまで言われているくらいです。今までにいろいろな眉毛が流行ってきましたが、今は自然は眉毛が主流となっています。

その中でも特に若い世代などに人気なのが「短眉」です。これはモデルさんの間でも流行っているんだそうです。そんな短眉、どうやったら上手に描くことができるのでしょうか。

短眉にするメリットとは?

そもそも短眉にするメリットってあるのでしょうか。モデルさんなどで短眉が流行っているのには理由があります。それは短眉にすると眉頭や眉山が普通の眉よりもハッキリとしないので表情がふんわりとしたものになります。

表情がふんわりとしてくると女性らしい表情が増えるというのも人気の1つのようです。しかしその分、描き方や色の選択を間違えると反対に眉毛が強調されて強い印象になってしまうので注意が必要です。

眉毛を描くものに使いたいアイテムと色は?

短眉を描くにはいくつかのポイントがあります。その中の1つがアイブロウや色です。実は複数のアイブロウを使うのが必須で、パウダーとペンシルの2つを使うのがポイントです。

特に色選びには気を使いたいところです。あまり濃い色を選ぶと短眉でもガッツリとした印象になってしまい、ふんわり表情からはほど遠くなってしまいます。元々眉毛の色が濃いという人は眉専用のマスカラなどを使うと少し色が抑えられることができます。

短眉ポイント1.眉の長さは目の幅と同じにする

短眉といってもどのくらいの長さが短眉なのか分からないという人が多いと思います。目安は「目の幅と同じ長さ」です。目頭から目尻までの長さと眉毛の長さが同じくらいなのがベストだそうです。

ただ最初は眉尻を目尻よりもほんの少しだけ長くする方がバランスは取りやすいので、整える程度オーバーして描いてみましょう。眉の幅は細いとバランスが取れません。自然な眉毛の太さで、長さや無駄な毛のカット程度にしておきましょう。

短眉ポイント2.パウダーで全体を、ペンシルで眉尻を整える

眉毛を描く時、全体はパウダーで描きます。パウダーで描くことで柔らかい仕上がりになるのでペンシルではなくパウダーを使うようにしましょう。眉尻はパウダーで描くのがとても難しいのでペンシルを使います。その時には色選びに注意しましょう。

眉尻もそこまで濃く描く必要はないので、明るめのブラウンを使うと柔らかい仕上がりになります。ペンシルは柔らかめのものを選ぶと描きやすく薄く描くことができるので、できるだけ柔らかいものを選ぶようにしましょう。

短眉ポイント3.眉頭・眉山をしっかりと作らない

眉毛を描く時って眉山や眉頭をしっかりと描いて形を整えていきます。でも短眉の場合、眉頭や眉山をしっかりと作ってしまうと眉の短さを際立たせてしまい不格好になってしまいます。

短眉を作り出す場合は眉頭は自然とはじまるように描き、眉山をしっかりと作るのではなく自然なカーブを描くような眉の描き方をします。太さも一定の太さにしてあげると更に自然に仕上がるので細くならないように注意しましょう。

短眉は若い人がやるものと思っているかもしれませんが、自然な眉毛に仕上がるので年代は関係なくおススメしたいです。ただ色選びなどを間違えると老け顔になってしまうこともあるので、そこだけは注意してメイクを楽しみましょう。

この記事をシェアする

関連記事