• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

この苦しみから抜け出したい…早く失恋の痛手から立ち直るための10個の方法

Date:2012.09.23

失恋は本当に辛いことですよね。自分がまるで世界中から嫌われてしまったかのような、この世の終わりかのような…そんな錯覚を覚えたりもします。

苦しくてたまらない、何も手につかない、食べ物も喉を通らない…そんなあなたに、失恋の痛手から立ち直るために10個の方法をご紹介します。

1. 半信半疑になるのをやめよう

不幸にも亡くなってしまった方は、二度と戻ってこないですよね。それが分かっているからこそ、死は失恋よりも早く受け入れられるものなのです。

つまり、確信がないことは痛みを引きずってしまいやすいものであり、失恋してしまったこと自体よりも、半信半疑な状態であることが辛く、引きずってしまう原因となっているのです。

関係が壊れてしまったものは壊れてしまったものとして、理由を考えてみたり、後悔してみたり、まだ可能性があるのではなどと、失恋してしまったことに対して半信半疑になるのではなく、受け止めてしまうのが近道なのです。

2. ネガティブな歌やメディアに触れないようにしよう

多くの人が起こしてしまう間違いのひとつとして、彼と別れた後に、ネガティブな内容の歌とかを聞いてしまうことです。

例えば、「彼なしでは生きられない」とか、「彼がいない人生なんて耐えられない」とかいった歌を聴いてしまうと、「彼なしでは生きられないのだ」というメッセージを頭にプログラムしてしまい、早く立ち直ることを妨げてしまうのです。

3. 無理に忙しくしない

失恋した後は、その事実を考えないように、常に自分自身を忙しい環境に置いてしまうものです。でも、その思いは抑圧されてしまい、一層強くなって、戻ってきてしまうという報告があるのです。

何がおきたかということをしっかりと受け止めて、現実を見つめましょう。抑圧してしまっても、その一時は忘れた気になっても、痛手を悪化させて長引かせてしまうばかりなのです。

4. 淡い期待を抱かない

電話を握り締めて、彼から電話がかかってくるのを待つなんてやめてください。偶然出くわしたりしないかな、なんて淡い期待を抱いて、前に彼とよく行った同じ場所に行くなんてこともやめてください。

この関係はもう終わってしまったんだ、と代わりに言い聞かせるのです。

5. 他にもっといい人たちがいると認識する

この概念は社会的通念です。心理学によると、私達の脳にインプットされた基準にあった人に出会うと、恋に落ちるといいます。

つまり、もっといい人がいるという意識を心に置いていると、その通りの人に出会ったら、ぴんと来て、新しい恋が始まるのです。

6. 人付き合いを復活させよう

彼と付き合い始めると、友達や家族とあまり関わらず、孤立してしまうという人たちが多いです。でも、これは間違いなのです。

これは100%パートナーにかかりっきりになるということになり、そういう人たちが別れてしまうと、付き合い始めてもずっと変わりない友人関係や家族関係を築いてきた人たちより、よりひどい痛手を負ってしまいます。

日常生活で、寝ても起きても彼中心の生活になっていた人たちは、これを機会に断ってしまっていた人間関係を復活させましょう。あなたの世界は彼だけなんていう狭いものではないのです。

7. 感情を出しましょう

感情を押さえ込まないでください。泣きたかったら泣いてもいいのです。感情を押さえ込むことで、それが重荷になり、ネガティブな感情がわいてきてしまいます。我慢せずに感情を出してしまいましょう。

8. 前彼のストーキングはやめよう

前彼のフェイスブックやミクシィのページにアクセスしたり、前彼や友達に前彼のことを尋ねてしまったりすると、変な希望を持ってしまったりして、結果、立ち直りが遅くなってしまうのです。

9. 自分に自信を持とう

失恋してしまったときに気分が悪くなる主な理由は、彼を失ってしまって悲しいというよりも、自分自身が否定されてしまったような気がするという理由なのです。

自分に自信を持たせることで、たとえ自分が相手から拒否されてしまったのだとしても、自分には本当は価値があるのだ、相手を見る目がなかったのか、単に相性が悪かったのだと考えることが出来るようになります。

10. 痛みや苦しみから逃れるために付き合うということはやめよう

彼と付き合っていたのも、痛みや苦しみから逃げるためだったなんてこと、ありませんか?中には人生で受ける痛みや苦しみから逃げ出すために、彼と付き合うなんて人も少なくありません。勇気を出して、自分の人生の問題には自分自身で立ち向かうのです。

そして、自分の感情をコントロールして、彼との関係に頼ってしまうのを避けるのです。関係に依存してしまうのはドラッグみたいなもので、問題に向き合うのではなくて、痛みから逃れようとしてしまうためです。

どれかあなたに役に立ちそうなものはありましたか?どんな理由で二人が別れを選んだのであれ、この関係は終わってしまった、さあ、次に行こう、という前向きな気持ちが必要なのです。失恋を引きずってしまうほど辛いものはありません。一秒でも早くあなたが失恋の痛みから抜け出せることを応援しています。

この記事をシェアする

関連記事

コメント