• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

体のたるみは夏にやってくる!夏たるみの原因と対策って何?

Date:2013.07.08

体のたるみは夏にやってくる!夏たるみの原因と対策って何?

肌のたるみは女性にとってはいくつになっても気になるところです。このたるみ、実は夏になるとさらに悪化するという人が多く、それにはきちんとした理由もあるんだそうです。

どうして夏に肌のたるみが出てくるのか、そしてたるみ防止にはどういうものが効果的なのでしょうか。

夏たるみになる理由とは?

どうして夏にたるみが出てくるのでしょうか。そこにはいくつかの理由がありました。

その1.冬よりも乾燥が酷い

意外に知らない人が多いようですが、夏は冬に比べて乾燥する要素がたくさんあります。室外は暑さで空気が乾燥している状態、そして室内は冷房で空気が乾燥しているといった状態なのでどこへ行っても乾燥していることになります。

この乾燥状態を放置していると肌はどんどん溜めていた水分を蒸発されてしまい、極度の乾燥肌になってしまいます。肌が乾燥することで肌のハリがなくなってしまいたるみの原因となります。

その2.紫外線は肌の老化を早める

夏といえば紫外線。紫外線をたくさん浴びると肌にシミなどができてしまいます。そして何といっても怖いのが活性酸素です。紫外線を浴びることで体内に活性酸素が発生し、それが蓄積されると肌の老化を引き起こす原因となります。

そして紫外線によって肌のバリア機能が弱まってしまい、シミだけではなく水分保持などの力が弱まってしまいさらに乾燥を引き起こしてしまうことがあります。

その3.夏はストレスが多い?ストレスは肌を衰えさせる

ちょうど夏になる頃に、新年度からの疲れがピークに達していたり、暑さで精神的に疲れたりすることで自分の思っている以上にストレスが溜まっているということがあります。このストレスも活性酸素を体内に蓄積させてしまうことがあり、肌を老化へと導いてしまいます。

たるみ防止には何が効果的?

年齢を重ねるとどうしてもたるみという症状は出てきます。それを少しでも遅くする、少しでも緩和するのに大切なのはケアです。

日頃のスキンケアでたるみを防止してくれるような成分が入っているものを使うのはもちろんのこと、顔の筋肉を衰えないようにするケアも一緒にしていかなければいけません。

よく「笑いすぎると笑いじわができる」といいますが、そういう女性は笑いじわはあるけれど顔全体のたるみが少なかったりします。それは笑うことで顔全体の筋肉を使っていることでたるみが出にくい状態になっているからです。

顔の筋肉を動かすマッサージというのも、最近では雑誌などでも取り上げられています。でも見てみるとちょっと難しいというものが多く、なかなか自分ではできないという場合、まずはフェイスラインのたるみを防止・改善するマッサージだけでも覚えておくと便利です。

まずマッサージをするには何をするにもリンパの流れを整えるのが大事です。首のリンパの流れを整えた後、親指の腹を顎に当てて、フェイスラインをなぞるように耳まで指を移動させます。

少し力を入れてなぞってゴリゴリとしたところがある場合、そこが凝りやリンパの流れが悪くなっている場合があるので軽くマッサージしながらゴリゴリをなくしていきます。

次に両手で拳を作ったら頬骨の下にあて軽くプッシュしたまま、耳の方へ拳を移動させまる。拳は骨の部分を当てないようにするのがコツです。次にその拳を口角の横に当て、また耳の方へ軽くプッシュした状態のまま移動させていきます。

この3つをするだけでも顔がポカポカ、そして顔を使ったといった感じになります。力を入れすぎると痛くなったり跡がついたりするので力加減は適度にしておきましょう。

化粧水などのスキンケアをする前にこの簡単なマッサージをするだけで違います。顔がスッキリとした感じになるので、毎日少しずつでも続けていきましょう。

たるみはどうしても出てきてしまう症状です。それを少しでも遅らせることでいつまでも若々しくいることができます。
夏は特に要注意!夏たるみがなるべく出ないようにしていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事