• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

頼りない彼氏にイライラ…頼れる彼氏に変えるための8つの方法

Date:2016.11.02

shutterstock_154084142あなたの彼は頼りがいのある彼ですか?一緒に過ごす内に、頼りないなぁ。情けないなぁ。と感じ、自分がしっかりしなくては。と思うような事はありませんか?

最近、草食系男子など気が優しくて穏やかな男性とカップルになる女性は少なくありません。確かにそういうタイプの男性は優しいですし、気性が荒くなく、落ち着いていますが、ちょっとした時に頼りにならない!と感じる事も多くなります。

頼りがいを取るか優しさを取るか、といった天秤に悩む女性も多いのでは?またそこから別れるか否かまでの選択をせざるを得ない事もあります。

しかし、「頼りない彼」を「頼りがいのある彼」に変えることができれば、そんな悩みも解消されますよね。ではどのように改善していけば良いのでしょうか?一緒に考えて行きましょう。


まずは彼の頼りない度数チェック!頼りない彼氏って一体どんな人?

頼りない…と言われてしまう男性にはこのような特徴があります。まずは自分の彼がどんな特徴に当てはまっているかをチェックして、その改善策を練りましょう。

  • 自分のことを自分でなかなかできない
  • 軟弱で力がなく重い物などが持てない
  • 女々しい行動が多い
  • 責任感がない、根拠のない言動をする
  • 突然のアクシデントなどを対処できない
  • ハッキリと断る事やNOが言えない
  • 相手によって態度を変える
  • 自分の意見を言えない
  • 面倒事から目をそらす
  • 浮気や嫉妬など心配性すぎる

まずは大まかな特徴をあげていきましたが、このポイントを見ているだけでも、「あぁ確かによく居るなぁ、これでは頼りないなぁ」と複雑になりますよね。

あなたの恋人や友達・家族の恋人などにこういった点が当てはまっているなら要注意、彼は「頼りない彼」である可能性が高いと言えます。

では、具体的にはどんな男性が一般的に頼りないと思われているのでしょうか?また、どういう対処をすればいいのでしょうか?

頼りがいがない彼氏その1:彼の行動がいちいち女々しく感じる

彼の行動がいちいち女々しく感じる、というのは頼りない彼氏のポイントとしては一番多い意見と言えます。

周囲の目がある時は、そんな素振りを見せていなくても、いざ自分の前となるとヘタれる。そんな経験はありませんか?

確かにそういった点は、自分だけが知っている彼の可愛い点と思えるかもしれませんが、それがあまりに激しいと、情けない…こんなはずじゃなかった…とがっかりしてしまう女性も多いはず。

例えば…

喧嘩した時に泣き出す
口喧嘩をした際、突然泣き出したり、彼女の厳しい一言に思わず涙目になってしまう。なんていう情けない彼も居ます。
優柔不断で自分をリードできない
いざという時に、決断できない事が多く物事を決めるのはいつも女性、何かリードする時は彼女から、なんていう男性も…。
虫が出た時に逃げ出す
女性が苦手とするゴキブリなどの虫を見て、彼女を差し置いて真っ先に逃げ出すヘタレ男子も最近は多いですよね。

最近の女性は気が強く、はっきり自分の意見を持っていて男性にキツイ事を言われても平気で言い返す事ができる、という方も多いです。その逆で、キツイ事を言われてしまうとしょんぼりしてしまって言い訳や泣き出すなんていう男性も多々。

また、女性をリードできなかったり、虫や幽霊騒動などの際に、女性を差し置いて真っ先に逃げ出して対処を女性に任せるような男性も少なくありません。

そんな姿を見せられたら、流石に「可愛い」ではすみませんよね。

<どうしたらいい?>

女性よりも繊細で、怖がり。そんな男性を相手にする時は、あまり感情を表に出さないようにしましょう。

  • 情けないよ。とハッキリ伝える
  • 喧嘩中は優しく諭すように話す
  • 相手の意見を冷静に聞くようにする

また、虫や幽霊などの「怖い」と感じるものに対してのビビリについては、彼が慣れる、克服する以外にどうしようもないので、彼より先に怖がって悲鳴をあげるなど、彼があなたを「守らなきゃ!」と思うように仕向ける事も大切です。

他にも女々しいと感じやすい男性の言動:力がなく頼りにならない

重いものや大きなものを運ぶ際、さっとやってきて何事もなかったかのように持ってくれる男性というのは憧れますよね。

しかし、世の中には女性より貧弱で重たいものが運べなかったり、「重い」と文句を直接言ってくる男性も居ます。そういった男性を見ると、「頼りないなぁ」と女性は感じるもの。

  • 文句を言う彼に「格好いいよ」と褒める
  • 「一緒に運ぼう?」と彼のフォローをする
  • 時には別れをチラつかせしっかりしないとと思わせる

こういった声かけ一つで男性の気持ちは単純に変わるものです。愚痴っぽく、怒り口調で言った所で男性は不満しか感じません。

直して欲しいところは褒めておだてて直させるのが吉。

他にも女々しいと感じやすい男性の言動:相手を見て対応を変える

電話口など相手の顔が見えない時や、相手が優しく穏やかそうな人だと言いたいことをズバズバ言うのに、顔が見える場所や、相手が少しキツそうな顔立ちだと途端に何も言えない…。というのは情けないですよね。

相手を顔を見て対応を変える男性は女性にとって、いざという時に頼りないと感じさせるものです。

実際に怖い目にあった彼女を助けられなかったり、相手に文句を言えなかったりという男性もいますし、そんな彼を見てがっかり…なんて事も。

そんな男性には、

  • 困っていることをちゃんと伝える
  • 人を選ぶなら文句は言わないと教える
  • 紳士的な対応ができる人と仲良くさせる

など、人から覚えさせる、といった教えも時には必要になります。

頼りがいがない彼氏その2:彼の言動が無責任に感じる

無責任と感じるような言動をする男性は、主に「自分が傷つきたくない」という自己防衛本能が強いか、「飽きた、面倒くさい」などの子供のような価値観を持っているかのどちらかが多いです。

甘やかされて育ってきた可能性が高く、周囲には「なんでも許してもらえる」と思っている嫌いがあり、とても「頼れる男性」とは言えません。

例えば…

約束をしていてもいつも遅刻してくる
自分ルールで生きている事が多いため、相手が自分に合わせてくれるものだと思い込んでいるパターンです。
仕事や大切な事も人任せにしたり投げ出す
飽きたり面倒だと感じると自分がやり出したことでも平気で投げ出し、他事をし始めるなんていう男性も。
都合が悪くなると言い訳をする、黙る
自分にとってマイナスだと思うような話題になると途端に無口になり、つまらなそうな態度をとる人も居ます。

こういった言動が多々見られる男性は、そのまま甘やかしていてはいずれ大きな失敗やミス、取り返しのつかない事態に巻き込まれてしまう可能性が高いです。

プライペートだけではなく仕事にも大きく影響するこういった問題行動は彼氏として頼れる頼れない以前に人としての問題。彼と付き合っているあなたの評価まで落としかねません。

<どうしたらいい?>

結婚したらちゃんとするかな?子供ができたらしっかりしてくれるかも、なんていう考えは甘いです。こういった男性はそんな事はお構いなし。後々苦労をして、産んだ数より子供が多い…なんて結果になる女性は多々居ます。

  • 時間に遅れたりドタキャンされたら本気で怒りましょう
  • 日常生活でのルーズな場面を見たらしっかり指摘する

職場が違う場合は、仕事中の彼の言動までは指摘できませんが、日常生活からルーズさを減らしていけばきっと仕事中でもそれが少しずつ改善されていくはずです。

甘やかされ慣れていて、怒られることに免疫のない彼は驚いたり、逆ギレしたり、「なぜ怒られたのか分からない」といったような雰囲気を醸し出すこともあるかもしれませんが、めげずに指摘しましょう。

「あなたがそんなでは、私が恥ずかしい」とときには厳しく注意することも大事です。

他にも無責任と感じやすい男性の言動:根性のない自信や行動

仕事やバイト、趣味や勉強などが長続きしない男性は女性からすると頼りなく、また将来や付き合ったその先が心配になりますよね。

  • 仕事をコロコロとよく変える
  • 意思が弱く考えを貫けない
  • 臆病すぎて諦めが早い

やりかけた事が失敗したり、上手くいかなくなるとすぐに自信をなくし臆病になってしまう人や、最後までやり遂げることができない男性も、たくさんいますよね。

  • とにかく小さなことでも褒めるようにする
  • やれば出来ると自信をつけさせる
  • 最後までやり通す達成感を味合わせる

昔から周囲の人に褒められなかったり、厳しく育てられた事が原因で自分に自信を持てないというパターンが多かったりします。そのため、とにかく些細な事でも彼を褒めてあげるとよい効果が得られる可能性が高いです。

他にも無責任と感じやすい男性の言動:「NO」が言えない、断れない

「優しい彼」は優しすぎてついつい人に頼まれたことを断れない…。と一見聞こえは良いように感じますが、その内容が度を超えてくると問題になってきます。

  • 仕事でもプライペートでも頼まれたら断れない
  • 勧誘やセールスなどが断れない
  • 女性からの誘いを断れない

優しい性格のせいで面倒事を引き受けがち、そういった男性や人は確かに世の中には必要かもしれませんが、それが金銭に絡むような事になってきたり、大迷惑を周囲にまで被るような内容であった場合はただごとではすみませんよね。

また優しい性格を見越して女性が声をかけてくるという事も考えられます。

  • 彼の女性関係をしっかりと把握しておく
  • 彼に最近頼まれたことを相談に乗るという形で聞く
  • 彼に断るということを教える

優しいから…という言葉で片付けられない問題も世の中には多々ありますし、それが許されない時もある、ということを彼に知ってもらうことも大切です。

頼りがいがない彼氏その3:突然のアクシデントに対応ができない

日常生活にアクシデントはつきものです。そういった場合に、スムーズにスマートに対応できる彼氏って憧れですよね。女性自身も自分の身を守るために、最近はアクシデントへの対応力が必要になっています。

しかし、女性がしっかりすればしっかりする程、男性のアクシデントへの対応力はどんどん下がっていってしまいがち。

例えば…

お店で間違った商品を交換できない
食事の際に違った物が出てきた際、「頼んでませんよ」と正直にお店の人に言えず頼んでいないものを食べてしまう。
値切れるものも値切らずに買ってしまう
電化製品などでは値切る、という行為が当たり前になっていますがそれが出来ず高いまま買ってしまうことも。
緊急の際の対応ができずグダグダになる
救急車や警察などを呼ばなくてはならないような大きなアクシデントが起きた際にも対応ができず困惑してしまう。

頼りない彼氏は、小さなアクシデントから大きなアクシデントまで対応ができなくなりがちです。小さなアクシデントに対応できない人は大きなアクシデントには絶対対応できないと考えましょう。

食事、買い物などのお店などでのアクシデントでもスムーズに対応できず、「仕方ない」とのんでしまう彼氏では、後々後悔する事は目に見えています。

<どうしたらいい?>

咄嗟のアクシデントが起きると、あれこれと頭の中でどうしたら良いのか、という行動が何パターンも出てきて、どれを先にすれば良いのかが分からなくなってしまう=何も行動できない。となりがちです。

まずはあなたが冷静に彼に、「こうしたら良いんじゃない?」「まずはこうしたら?」とフォローを入れてあげましょう。そして、それをあなたがするのではなく、彼にやってもらうことが大切です。

  • 彼が困っている時は何をすればいいか気付かせてあげましょう
  • 一緒にアクシデントを乗り越える

アクシデントやトラブルはいつどのようにやってくるか分かりません。大きなアクシデントやトラブルが起きた時に、イライラしてしまわないように、小さなアクシデントやトラブルが起きた時から彼の行動をフォローすると良いでしょう。

他にもアクシデントに対応できない男性の行動:面倒なことを避けがち

アクシデントやトラブルに対応できない彼は、普段から面倒なことから逃げがちです。アクシデントやトラブルが起きてから考えるのではなく、普段の彼の言動から、彼がそういった対応が苦手であることを見極めましょう。

自分の好きな事や趣味には没頭し楽しめるのに、興味のない事となると全部後回し…、そんな面倒くさがりな彼は何かあった時、自分の身に降りかかる面倒事を避けて無関心を装う事もあります。

  • 悩み事や相談をしても耳を貸してくれない
  • 旅行や大きな企画の計画・プランニングに参加しない
  • 料理・洗濯・掃除などの家事を行わない

彼がこんな状態では、真剣に将来の事を考えるのは不可能といえますよね。また、そんな彼を見て、それも性格だから、とあなたが受け入れてしまえば、彼の面倒くさがりは一層エスカレート、人にしてもらうのが当たり前に…。

  • 頼られる喜びをしっかりと感じさせる
  • 彼が面倒くさがる事は一緒に行って楽しませる
  • きちんとやった彼を褒める

まずは彼に、思い切り甘えて面倒なことでも頼られると嬉しいという快感を教えることも大切です。そして、彼が苦手としているものに対しては、彼の興味をそそるような工夫を凝らしてみましょう。

そして、やり終えたら、必ず褒めましょう。「あなたがやってくれて助かった。」「お願いして良かった。」「さすがだね。」と一言添えるだけで、彼の今後の行動が変わってきますよ。

頼りない彼氏を頼りがいのある彼氏に変える8つの方法

さて、これまでのことをおさらいしつつ、頼りない彼に彼女ができる方法をもう一度詳しく見ていきましょう。

  • 情けない、と素直に男性に伝えてみる
  • 時には別れをチラつかせしっかりしないとと思わせる
  • 紳士的な対応ができる人と仲良くさせる
  • 日常生活でのルーズな場面を見たらしっかり指摘する
  • とにかく小さなことでも褒めるようにする
  • 彼に最近頼まれたことを相談に乗るという形で聞く
  • 頼られる喜びをしっかりと感じさせる
  • 一緒にアクシデントを乗り越える

それぞれの項目で出てきた対処方法から8つをセレクトしてみました。
そして、更にこの中から、特に大切なものを4つピックアップしてみたので、細かく見てみましょう。

彼を変える対処法その1:情けない、と素直に男性に伝えてみる

「頼りない彼氏」というのは自分も周囲も見ていてイライラしてくるものです。そして、そんな状況が長く続くと次第に、そんな彼と付き合っている自分や、彼に振り回されている周囲が「情けない」と感じるようになります。

そんな時は、素直に彼に「見ていて情けないよ」と伝える事も大事です。一見、酷い言葉に感じるかもしれませんが、男性にとって「頼りない」「情けない」というのは社会に出てから、将来的に見て、マイナスです。

彼のためにも、彼に自分の状態をしっかりと把握、自覚させ奮起させることが重要です。ただここで気を付けたいのは、責めるのではなく、諭すこと。

ただただあなたのイライラを彼にぶつけ、「情けない男!」と罵ってしまえば、彼は一層臆病になったり、自暴自棄になったりします。場合によっては喧嘩に発展し、別れ話にもなりかねません。

きちんと「彼の事を考え、彼と一緒にこの先も居ることを考えているから、このままではだめだよ、と伝えている」と彼に思わせることが重要です。

彼を変える対処法その2:時には別れをチラつかせしっかりしないとと思わせる

彼にどれだけ指摘しても言うことを聞いてくれない、聞く耳を持ってくれない。そんな時は、思い切って「あなたが変わらないなら、もうこのままでは居られない、別れも考える」とハッキリ言ってみましょう。

しっかりして、ちゃんとして!と彼に迫っても、かわされたり、逃げられたり、しまいには逆ギレなんてされていたら、誰だって別れを考えるものです。

なぜ彼がそういった言動を直そうとしないのか、それはもう「何をしても、直さなくてもあなたが一緒に居てくれる」と甘えているからです。

彼に本気で直して欲しいと思うならば、あなたもリスクを背負って、覚悟を見せることが大切。

ここでチラつかせて本当に別れることになったらどうしよう、と思うかもしれませんが、それでじゃあ別れようなんていう男性は、一緒に居てあなたが幸せになれる男性ではないという事です。

あなたの覚悟にも応えず、じゃあ別れようと簡単に言葉にしてしまうような男性ならばあなたからさっさと縁を切りましょう。

一緒に居てイライラするとあなたが損をします。あなたがたくましく自分に自信を持つ事も彼を変えるにあたって重要な事だと言えるでしょう。

彼を変える対処法その3:とにかく小さなことでも褒めるようにする

褒める、という行為は人を変えることに関して、とっても大切です。頼れる男性に変えるだけでなく、何か欠点を直して欲しい時などにも使えますよ。

元々、日本人は人に褒められる育て方をあまりされてきてはいません。会社での良い上司は「褒めてモチベーションを保つ人」と言われているくらい、人を褒める事が上手な人は人から信頼され、その人のために頑張ろうと思わせられます。

叱られる、注意されるとかえって人は嫌な気持ちでいっぱいになり、逃げてしまいがち。なら、少しでも彼の良いところを見つけて褒めてあげるようにしましょう。

いつもは情けない、頼りないけど今日のは格好良かった。そう思えることがあった、小さなことでもたくさん褒めてあげることが大切です。

そうすると、彼はこんな些細な事でも褒めてくれるなら、もっと頑張ればもっと褒めてくれる、もっと自分を好きになってくれると思えます。

あなたのために頑張ろうと思えるわけですね。

大抵の男性は、自分の頼りなさというのを少なからず感じ、自覚もしています。しかし、人にいざ指摘されると、反発したくなってしまうのです。

相手にその気にさせて、頑張ると褒められるというご褒美が待っている、と思わせることで、彼自身も頑張れるし、あなた自身も、褒め上手になることで、心が大きくなったように感じ、イライラを軽減させる効果を得られます。

彼を変える対処法その4:頼られる喜びをしっかりと感じさせる

どんな男性でも大抵は女性に甘えられて頼られると、男としての自尊心や優越感が満たされ、嬉しいと感じるものです。

彼が頼りないなと思う時は、頼りないからこそ思い切り甘えてみてはどうでしょうか。彼が自分に弱い面を見せてくれているのなら、あなたも弱い面を見せてみましょう。

時には涙を見せたり、うまくいかないことにしょんぼりしている姿を見せることも効果的かもしれません。

彼に、あなたには自分がいないとだめなんだ、自分がしっかりしなくては、と思わせる事ができれば、彼も男としての自覚がわいてくるはずです。

時間がかかる方法かもしれませんが、彼に男性としての本能を引っ張り出させるには最適の方法かもしれません。

また、他の項目などの効果を一緒に使う事も良いでしょう。例えば、彼に甘えながら彼を褒めると、もっと効果を得られる可能性が高まります。

改善して欲しい点がある場合、「今日はあなたに凄く甘えちゃって、助けてもらったけど、おかげであなたのことがもっと好きになれた」と、甘えたあとに褒めておだてると、彼ももっとやる気になってくれるかもしれません。

頼りない彼氏を頼れる彼氏に変えるには支えるあなたの力が必要

いかがでしたか?頼りない彼氏、というのは実際、かなりたくさん居ることと思います。寧ろ、最初から頼れるいい男、なんてそうそう居ませんし、いたら既に結婚し誰かのモノになっているはず。

あなたが彼を男にする、というのもなかなかいい経験だとは思いませんか?好きな男性が頼りないなら、頼れる男性にあなたが育てるのです。

男性は女性より子供な生き物です。頼りなくても彼の良いところをたくさん知っていて、彼のことを好きなのであれば、彼のためにあなたが支えになり、時にフォローし、時に指摘し、時に褒め、成長を見守ってみてください。

また、些細なことは気にしない度量も大切です。小さなことで彼を感情的に叱りつけるのもあまり良くないので、寛大な心が持てるようにまずは自分の心のケアをしっかりしてみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事