• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美味しいティーバッグの入れ方と知識を知って恥をかかない女へ

Date:2013.03.12

手軽で簡単に紅茶が淹れられるティーバッグですが、淹れ方次第でリーフティーにも劣らない、美味しい紅茶を淹れることができます。おいしく淹れるコツをまとめてみました!コツさえ掴めば貴女も紅茶通!

カップをよく温めてからティーバッグをいれましょう

ティーバッグに使用されるのは、CTC製法で作られたものや、リーフティーを細かくした茶葉で、紅茶の味や香り、色が短時間で抽出されるのが魅力です。

ティーバッグの紅茶を美味しく淹れるには、ティーカップ1杯に対して、ティーバッグ1個が原則です。1杯目で香りと味はすべて抽出されますので、毎回新しいティーバッグで淹れる事が、美味しい紅茶をいただくコツなのです!

また、熱湯を注ぐ前に、ティーバッグをカップにいれてしまうと、空気が入ってティーバッグごと浮かび上がり、味や香りが出にくくなりますので注意をしましょう。

蒸らし時間は、CTC製法の茶葉とリーフティーを細かくしたものとでは違いますので、表示をよく見て確認しましょう。蒸らし終わったら速やかにティーバッグを取り出します。スプーンなどでティーバッグを絞るのは、渋みが出てしまうので禁物ですよ!

さっそく実践をしてみましょう!

用意するもの

  • ティーカップ
  • 砂時計
  • ティーカップ
  • やかん
  1. やかんにくみたての水道水を必要分いれて沸騰させます。ティーカップに熱湯を注いで温め、いったん捨てましょう。
  2. 新たに沸騰したての熱湯をティーカップに注ぎましょう。
  3. ティーバッグ1袋をカップの縁から滑らせるようにいれましょう。
  4. ソーサーでティーカップに蓋をして、約1分ほど蒸らしましょう。
  5. ソーサーをはずし、ティーバッグをカップの中で軽く2回ほどふり、静かに取り出しましょう。

いつもより手間隙かかりますが、そのちょっとした手間で美味しい紅茶をいただくことができるのです。

ゆっくりする時間は大人女子にとって大切な時間!美味しい紅茶とおいしいスイーツで極上のリラックス時間を過ごしてみてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事