• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

重曹とレモンだけ!鼻の黒ずみをつるつるにする手作りパック

Date:2014.08.05

洗っても、洗ってもとれない鼻の黒ずみ。しっかり洗顔しているのに、鼻にぽつぽつがあるとメイクも恰好がつきませんし、すっぴんの時も恥ずかしいしと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

そんなあなたに朗報です! お家にある、あるものを使って作る簡単パックで鼻の黒ずみを除去し、肌色もワントーン明るくすることができます。さっそく作り方をご紹介しましょう。

レモンと重曹の毛穴パック

材料:
重曹、レモン汁

作り方:
(1) 清潔な容器に重曹をいれます。今回は大さじ4入れました。

(2) そこにレモン果汁を少しずつ加えていきます。しゅわしゅわと泡がたちます。

(3) レモン汁を入れるたびに良くかき混ぜていくと、だんだんペースト状になってきます。

(4) 溶けたアイスのようなテクスチャーになったら、完成。

これを黒ずみやニキビ、ぽつぽつが気になる部分に塗ります。大さじ4だと結構な量ができるので、顔全体と、腕や胸元にも塗れました。

(5) そのまま20分おいて、パックを乾かします。

(6) ぬるま湯で良く洗い流し、冷たいお水で毛穴を引き締めた後、化粧水とクリームで肌を整えましょう。

レモンと重曹の効果

レモン:レモンには穏やかな漂白効果と抗菌、抗炎症効果があります。肌の炎症を起こしている部分を癒し、肌色を明るくするのに役立ってくれます。

重曹:重曹の細かい粒子は、毛穴に入り込んで汚れをかきだしてくれます。また、研磨剤の役割も果たしてくれるので、肌を磨いてつるんとした感触に。ただ、磨きすぎてしまうと肌をいためるので、洗い流す際には注意しましょう。

※二つの材料は肌にぴりぴりとした感触を起こします。これは肌の汚れをかきだしている証拠でもあるのですが、あまりにも痛い場合はすぐに洗い流しましょう。

お肌が弱い方や深刻なトラブルがある人は使用を控えてください。また、パックが乾いてくるとぽろぽろ落ちてきます。汚れてもいい場所と恰好をし、あまりおしゃべりもしないこと。

レモン重曹パックの作り方、いかがでしたか? お家にある2つの材料で簡単にできるパックが鼻の黒ずみに効いたらうれしいですよね。

私の経験からすると、一度で黒ずみはなくなりません。ただ、腕のザラザラ感が軽減され、肌のツヤが増したのは確かです。お風呂などで毛穴を開かせたところにこのパックをすれば、もっと効果が出るかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連記事