• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ゴージャスな手作りアクセサリー!スカル付きブローチの作り方2

Date:2015.02.05

3画像25
どうも!先日ブレスレットを解体して作ったスカルのブローチ。
ご覧いただいたかもしれませんが、3つしか使ってないんですよね~3つ?3人?呼び方はわからないですが。なんにしても、残りのスカル氏の数10人!
もうこれは、次から次へと色々製作するしかないですね!?
…というわけで、スカル付きブローチもういっちょ!です。
(1)スカルを使って
(2)宝塚の男役っぽい
(3)ブローチ

それだけの縛りで、前回とはちょっと違った感じを目指して、頑張ってみます!
作り方と材料は参考までに。お好みで、思うがままにどうぞ!
今回もテキトウに、いきあたりばったりで、行きます(宣言)。
所要時間は前回同様1時間程度。
みなさま、どうぞよろしくお付き合いくださいませ~♪

【用意するもの】
・シャワー台付ブローチ金具
・ブローチ台 スカシ菱形 ロジウムカラー
・サテンリボン:3cm×50cm程度
・ストライプグログランリボン:2㎝×40㎝程度
・グログランリボン:1㎝×20㎝程度
・グログランリボン:3㎝×5㎝
・チェーン:2本 
・スカルパーツ
・ビーズ、ラインストーン:お好きなもの
・接着剤
・平ヤットコ
・ライター

【リボンを畳んで土台づくり】
なにごとも、まずは土台ってね、いうしね。
だからまずはサテンリボンを畳んでみる。
何故って?…手持ちのリボンの中で、一番太い幅だったから。

3画像1
30cmにカットしたリボンを、こんなかんじに中心を持ちつつ蛇腹に畳んでみて。
端は内側へ。
3画像2
中心を抑えて横にずらしてみる。
3画像3
既にちょっとブローチ感。さらに、20㎝程度にカットしたストライプリボンも蛇腹に折って(今度は蛇腹の片側を持つ)。
3画像4
同じように端は内側へ折り込んで先ほどのサテンリボンに載せ、縫い留めましょう。
どうせ隠れるから、縫い目はテキトウで大丈夫!
3画像5
【スカルも入れて、飾りづくり】
さて、基本の土台ができたなら、楽しい作業、デコレーション。
ただただ縫い留めていくだけでもいいけれど、前回とちょっと変えたいので…
まずは1㎝幅のグログランリボン。大きく波縫いです。
3画像6
間にビーズを入れてみる。
3画像7
ビーズ専門店パーツクラブさんにて購入のガラスビーズです。
スカルももちろん入れてみる。
3画像8
リボンを波縫いするだけで~間にパーツを挟むだけで~
こんな感じ!
3画像9
目がキラリーン!素敵でしょ。
こんなもんかな~という所でカットして、端をほつれ止め。
3画像10
いつもどおり。火傷には充分ご注意を。ちなみに私はこの時カメラを覗きながらライター点けたらアチッ!っとなりました。キヲツケテ。ケッコウアツイヨ。
【縫いあわせる】
さて、ここまできたら、デコレーションしましょう。
スワロフスキー(スワロフスキー #4527 クリスタル/F 14mm×10mm、貴和製作所さん)
置いてみたら…
3画像11
あれ?なんか寂しくない??
…そんなわけで、20㎝ずつ余っているサテンリボンとストライプのグログランリボン、重ねて蛇腹折りにして…裏側から足してみたよ!
3画像12
どう?この行き当たりばったり感。
でもそんなのも、アリアリ。最後が素敵なら問題なし!でしょ?
さてさて、土台を足したらデコレーションの再スタート。
スワロフスキーに先ほどのスカル氏たち…
3画像13
載せてみて、こんなバランスかな~と決まったなら、後は縫うだけ。
お好みでビーズも足しつつザクザク縫って
3画像14
ほら、どうでしょう。
突然挿し色を入れたくなったから…
3画像15
石座つきのスワロフスキー(#1028 シャム/F SS39、貴和製作所さん)を足してみたり、
間にスワロフスキー(#5328 シャム 3mm、貴和製作所さん)を入れてみたり。
3画像16
ここまできたら、できたも同然!
このままブローチでも充分だけれど、ちょっと思いついちゃったからもう一工夫。
【チェーンで繋がったブローチ】
なんていうんでしょうね?あの、ブローチとブローチがチェーンで繋がってる、アレ。
名称ご存知の方、教えてください…。
ま、名前はともかく、そのチェーンで繋がったブローチに、したくなっちゃったんです。
だから、もう一つブローチが必要なんですよね。
3画像17
さっきあれだけ派手にしてしまったから…もうひとつはシンプルに。
ブローチ台(スカシ菱形 ロジウムカラー)に、スワロフスキー(#4527 クリスタル/F 14mm×10mm、ともに貴和製作所さん)を、接着剤で貼り付けました。
3画像18
その他、チェーン2本、シャワー台付ブローチ金具、丸カン、三角カン。
チェーンはお好みのものをご利用ください。長さはお好みで構いませんが、二本の長さは少々変えておきましょう。
チェーン二本を三角カンで、シャワー台と繋げます。
平ヤットコ登場。
3画像19
チェーン二本の反対端はマルカンで、スカシブローチの下点へ。
3画像20
さて、仕上げの作業に入ります。
ブローチの裏側に、3cm×5㎝のグログランリボンを、接着剤で貼りましょう。
縫い目のアラ隠し。
3画像21
更にその上に接着剤を載せ、シャワー台を接着。
3画像22
よく乾燥させてからシャワー台をブローチ金具に載せ、爪を倒しましょう。
完成!
3画像23
どうでしょう!?
画像だと小さく見えるけれど、実際はなかなかに大きい!存在感、バッチリです。
3画像24
テキトウにザクザク作ったとは、言わなきゃわかんないってもんですよ。
洋服に付けても、ほらこのとおり!
3画像25
けっこうカッコイイブローチになったんじゃないの~?(自画自賛)
スカル氏、いい仕事してます。

ゴージャスなスカルブローチ第二弾!お楽しみ頂けましたでしょうか?
第一弾と併せて、ぜひお試しくださいね!

…さて、スカルの残り、あと8人…ニヤリ。

この記事をシェアする

関連記事