• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

キッチンでできる、手作りヘアケアの簡単レシピであなたも潤美髪に!

Date:2014.04.14

潤っていて、かつさらさらな髪はいつの時代も女性のあこがれ。テレビCMに出てくる女優さんの髪を目指してついついいろんなシャンプーを試しては、仕上がりに納得がいかなかったり、自分に合わないシャンプーを買ってしまって持て余したり。

かく言う私もその一人です。しかもヘアケア商品って、いいものを選ぼうとすればするほど、お金もかかるもの!お金か、美か・・・お財布とにらめっこしながら逡巡したことがある方、少なくないのではないでしょうか。

そんなあなた(と私)に必見のビューティー・チップを見つけました!キッチンにある次の5つの食材が美髪の鍵になってくれるかもしれません!

美髪の鍵①マヨネーズ

柔らかでつやつやの髪にしたいなら、マヨネーズパックがおすすめ。髪を軽く覆うくらいの量のマヨネーズを櫛で髪の毛全体にのばします。そのまま30分おき、普通にシャンプーします。

もしもう少ししっかり効果を出したいときは、マヨネーズを塗ったあとにシャンプーキャップをし、少し長めにおきましょう(1晩そのまま寝てもいいかもしれません!)。実はこのマヨネーズ、ガムが髪についてしまった時にも使えるそうですよ。

美髪の鍵②お酢

何世紀も健康食材として使われてきたお酢も、美髪の強力な鍵。お酢に含まれる酢酸が、さえない髪の原因となる頭皮や髪の毛の汚れやヘアケアのかすを取り除いてくれるのです。

使い方は簡単。シャンプー・リンス後、小さじいっぱいのお酢を溶かしたお湯ですすぐだけ。頭皮がかゆい、フケなどのトラブルがある場合は、シャンプー前の頭皮を原液のりんご酢でマッサージしましょう。美髪の他にも、お酢は肌を癒す効果もあるそうです。

美髪の鍵③アボカド

日本でもファンが増えてきた、この緑の女神。潤いのある豊かな髪に導くヘアマスクになってくれますよ!

アボカド1個に卵の黄身1つ分、オリーブオイルを1たらししてよく混ぜ、髪になじませてマッサージ。その後30分おいてシャンプー、リンス、コンディショナーを普通にします。

もしディナーのアボカドサラダが残ってしまっても、ヘアパックにすれば、ムダが出ませんね!

美髪の鍵④卵

万能栄養食材として知られる卵、髪にも良くないはずがないことは、多くの皆さんがご存知でしょう。卵を2、3個ボウルに割り入れ、よく混ぜます。シャンプーの後にこれを髪に伸ばし、マッサージ。その後よく洗い流します。

このトリートメントはあなたの髪と毛穴を修復、強化してシルクのようなコシのある髪の毛を実現してくれます。このレシピの代用として、卵の黄身1つ分とオリーブオイル1たらしをよく混ぜたものもOKです。

美髪の鍵⑤

ビールはスタイリングウォーターとして使われることもありますが、お手軽コンディショナーとしてももちろん使用可能です。

シャンプーとリンスを普通にした後、1缶分のビールを髪の毛に流して髪と頭皮をマッサージ。その後冷たい水でよく流します。よく流せば、ビールの匂いは完璧に消え、艶とコシのある髪が手に入ります。

さて、いかがでしたか?キッチンにある食材で作るこれらの美髪の鍵の数。もしうまくあなたの髪に合えばラッキーですし、もし失敗してもお財布へのダメージは小さくて済みます。

どんな効果が現れるかワクワクしながら自分だけのヘアケアを次の週末、作って試してみませんか?

この記事をシェアする

関連記事