• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

手肌の色ツヤが違って見える?あなたの手を若く見せるネイルはこれ

Date:2013.11.25

ネイル好きな方で経験ありませんか?色はすごくかわいくて好きなのに、実際に爪に塗ってみると、途端に手の色が黒くくすんだように見えてしまった…という経験は。

ネイルはアクセサリーの一種でもありますが、顔にするメイクで言うならアイメイクのように、素材(すっぴん)を生かしも殺しもします。肌から続く部分だからこそ、肌色とのバランスを考えて色を選ばないと大変なことになりがちです。

まずは、肌色別に似合うカラーを知りましょう。

あなたの肌のベースカラーをチェック

手のひらをぎゅっと握って開いてみましょう。この時、血色はどんな色をしていますか?手のひらが黄色味のあるピンクに見える人は、「イエローベース」、つまり暖色系の肌色です。青味のあるピンクに見える人は「ブルーベース」、寒色系の肌色の持ち主と言えます。

「イエローベース」におすすめしたいカラーは?

一番簡単な色合わせが、「同じ系統の色にする」ということです。イエローベースさんに似合うのは、やはり暖色系の色、ということになります。ネイルのカラーとしてよく使われるピンクなら、同じピンクでもオレンジやゴールド系のパール感があるような色を選ぶとよいでしょう。

・ピンク系オススメカラー

ピンクベージュ、サーモンピンク

青味の強いピンク(ショッキングピンク、蛍光ピンク)、ブルー、ローズ系の赤は、イエローベースの肌をくすませて見せがちです。単品で見ると上品なカラーでも、肌色との相性が悪いと目立ちすぎ、老けた印象の手になります。

「ブルーベース」におすすめしたいカラーは?

やはり寒色系の色がしっくりきます。ピンクで言うなら、ローズ系や、ベビーピンクなどの淡い色も似合うでしょう。

・ピンク系オススメカラー

ローズピンク、チェリーピンク、ベビーピンク

シルバーやブラックなどクールなカラーが似合う肌色です。しかし、濃い色が目立ちやすい肌色でもあるので、上品に見せたい時はマットな質感ではなくパール感のあるものを選ぶなど、使い分けるとよいでしょう。

手肌を色白に見せたいなら?

運転をよくする人なら紫外線で、あるいは加齢によって、手肌はくすんで黒く見えてくるものです。少しでも手を白く若々しく見せたい時にも、肌色別におすすめしたいカラーがあります。

イエローベースでくすみが気になる人は、ゴールドのラメ、パール感のあるものを取り入れてみましょう。いつものピンクに重ねてポイントとして使っても効果的です。ゴールドのキラキラ感が手肌に馴染んで、くすみが気にならなくなります。

ブルーベースでくすみが気になる人は、寒色系の濃い色をマットに仕上げてみましょう。ダークブルーやワインレッドなど、こっくりと濃い色をつけることで、肌と爪の色の対比で肌色を明るく見せてくれます。

重たい印象が嫌な人は、ラメなどをポイントでつけるとライトな印象になります。ぜひ、似合うカラーチョイスで、指先美人を手に入れましょう!

この記事をシェアする

関連記事